« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

360片付けるか・・・

Two World 2を発売日の19時に買いに行って
駅前全滅だった時点で、そう思った。

もちろん予約してないのが「悪い」し、
売れもしないものを入荷しろという気はさらさらないが。
どうせ物理的に並べておくだけのゲームショップなんて
近い将来「懐かしい光景」になるだろうし。

360のがボイスチャット楽だしいろいろいいんだけど
家の初代360ではHDMIつながらないため
「字が読めない」ゲーム増えてきたし
「インストールできない」ゲームも増えてきた。
そこまでして守るものもないかな。
360専用タイトルがまだなくはないけど。

たまにはコンシューマーの話だけど。

日本の360ユーザーはそこまで偏ってるとは思えないんだけど
偏って売れるゲームが偏るから、売り場としても
パブリッシャーとしても難しい判断にはあるだろうしなぁ。
10000人の何パーセントが買ってくれるか、みたいな闘いしてそうだし。
私が店側でもそう思う。

ま、そんなわけで久々据え置きでマルチプレイゲーム。
アサクリと同じく、シングルそこそこ。マルチはなかなか。
アサクリの反省を生かし
「人がいるうちにマルチして減ってきたらシングル」
という流れにするため今はマルチのみ

ようやく村も買えたしなかなか楽しくなってきた。
最初槍使ってたけどヒーラー出来る魔法使いに転向。
やっぱりサポートクラスが私には合ってるわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近twitter多め

facebookでリアルネームアカウントを作ろうか迷いつつ。
ネット上の他人には知られたくないことが一つだけあるんだよな。
これさえなければあまり躊躇うこともないんだけど。
もともと本名のオマケでハンドルネームがあるし。

今日twitterで歌った歌

始まりの朝はゴミを出す
鬱になるからだ満たされぬ日々
ポストの中はもう探さない
中のものはいつもゴミ
私の中身もゴミと同じ

月曜日の歌なのに火曜日に歌ったのは、
うちは火曜がゴミの日だから。
その辺が創作入ってるね。

twitterだけでなくここに書いた理由は気に入っているとかじゃなくて
後で調べるときに楽だから。

twitterもblogも見てる人は大差ない・・・かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味のコマコン

といってもcommand & conquerでなく。
チートツールの方。

まあチートというのは「使い方」に当たる言葉なんだけど、
コマコンについては、特にコンシューマーは
遊びに対して受身であることをよしとする風習が色濃いので
チートツールといったほうが分かりやすかろう。

特に現代では、ネット経由で遊ばれることも多く
それゆえにチートツールは出来るだけ排除したい思惑が絡んでくる。
チート対策のためにゲーム性が損なわれてしまう場合もあるわけで。

逆に言えば、結局その程度で損なわれてしまう部分を楽しんでいるピュアなところが
人間らしいところだろう。
悪い意味ではないよ。
現代では車に乗れば誰だってオリンピック選手より早くマラソンコースを踏破できるが、
マラソン選手に対しての敬意はそれほど損なわれていない。

人間は「ずる」をする生物であることを自覚しているんだ。
「ずる」によって生態系のトップに君臨していると。
それゆえに「ずる」ではない行為に対しては人一倍、いや生物一気に掛けている。
そもそも何が「ずる」なのか、も含め、それこそ必死に。

また脱線してきた。

PS3ではコマコン手に入らないので仕方なくPS2で行ってる。
フレームを調べてテストするこの心地よさ。
一度やりだすとはまってしまうんだよね。
「ずる」の快楽、背徳の快楽は他には変えられない。
これが進むと改造とかそっちのほうに進むんだろうけれど
私の場合、2時間くらいがピークですぐ飽きる。

結局手で出来なければ意味ないな、と。

そんなわけでピュアなハートを持ってゲームしてるわけです。
改造はいいや。あれはガキのころに済ませた。
そのときの周りの反応が今の私が改造に対してnegativeな理由だろう。

そうじゃなかったら"ハッカー"目指してたかもしんない。
ならなくてよかったと思うけど。私、反社会的な人間性があるので
誰も道を示してくれなかったら間違いなくダークサイド送りだった。

Yodaなんてほとんど居ない日本では、力は求めないことによって
自らを守るしかないんだろうなぁ。

なんかだんだんわけが分からなくなったけど、
ともかくコマコンは使えるようになると楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆとりがどこから始まったか

ゲームの話。

ゆとりがどこから始まったかは論を待たないが、ここで確認するべく
まとめておく。

学ばなくなったところから始まった。

学ぶと真似るが同語源であることはよく知られているが、
その分化の過程についてここで書かなくても、
学ぶという行為は、まずそこに何か「学ぶべき対象」がある。
真似られる対象なくして学ぶことは出来ない。

学ぶこと、あえて言えば真似ることへの蔑視

われわれ自身が親のコピーであることを否定する
まるで思春期のガキのような、浅はかな時代。
「個性」とか「オリジナル」を尊重ではなく崇拝し始めた。
崇拝される側が勘違いするまではまだよかった。

一人では高みに行き着けないという諦念

全く学ばないでも生み出すことは可能だろう。
無生物の動きに美を感じるものもいるだろうし、
何をして生み出したといえるのか、は観測者に依存するだろう。
しかし、学ばずに行き着ける高みなど高が知れている。

「真似でしかない」より「真似ですらない」は上なのか。

守りに入った「オリジナリティー」がまだ真似る価値があるうちに
学ばねばならない。
クソみたいにたくさんのコピーを生み続ける人間が
生き延びられるとしたら、学ぶことしかない。
学ぶ機会を奪おうとする「死人」と戦う力は、
並大抵ではないのだけれど。

守られて当然なのは未来であり、その糧としての過去である。

俺たちは死ぬ。そんなに先のことじゃない。100%間違いなく死んで
そしてほとんどが失われる。肉体だろうがなんだろうが。
キリストだろうが孔子だろうが、死後今に至るまでどれだけ「残って」いるのか。
果てしなく改変され、勝手に付け加えられ、適当に作り変えられた。
そして奴らは我々の糧になっている。今でも。
奴らがそんなふうになりたかったかも分からんが。

つまりゆとりとは「思而不學則殆」である。

完全ではないコピーの変化はほとんど劣化に過ぎないが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画があれなので小説はどうかと

ASSUALT GIRLSの小説買って読んでみた。
ちなみに映画も見たんだ。
って話昔書いたかな・・・思い出せなくて調べた。

昔の自分のblog、何言ってるかわかんねぇよ。
ここまで意味不明だと逆に面白い。

って読み耽ってしまい3時過ぎた。
ま、あれだ、私のblogの方がよっぽどか面白いんじゃないかと思う
そんな映画だった。
おねーちゃん方はかわいいけど。

で、小説のほうは、と・・・
隠喩でも暗喩でもないあの間延びした感じがバッサリなくて、
改善されたわけだけど、それがなかったとしても内容が薄いなぁ。
しっかり書かれた同人と思えば納得・・・いや誰得だな・・・

モンハンリプレイ小説とかと間違われてて笑おうと思ったけど
もしかしてホントにそうなのかな。
私の中で、未だに「モンハンプレイ層」がわかんないんだけど

ねよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームした

ゲーム以外何もしなかった、が正しいか。
何でこんなにゲームしているんだろう。
プレイされていないゲームからプレイされたゲームへ状態が変わることは
プレイした人にどのような変化をもたらすのか。
マックスウェルの悪魔のように、ゲームのことを忘れるまで
エントロピーが増大しているのだろうか。

何かを覚えることに比べ忘れることのなんと難しいことか。
忘れたいひと、もの、こと・・・
私は不死に耐えられそうもない。
長寿であるということはこの技術に長けているに違いない。
その意味で痴呆は正しい進化である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

案の定

ヨーイドンになったら、ぼーっとして動けなかった。
うわ、駄目だこいつ、と思った。我ながら。
足腰弱っていないのに本番になると何も出来ないのか。
心が弱いのは頭が弱いより恥ずかしいよね。

結局だよ、他人を頼ろうという浅はかな考えですら、
頼れる他人が居ないということに気づくんだ。
そもそも私の人生、誰かに相談したことあったっけ。
そして他人の相談にまともに乗ったことあったっけ、ということだね。
私は他人からすると頼ってはいけない人間、なのか。

頼っているのに相談してなかったことに気づく。
例えば大学卒業するときとか。元気にしてるかなぁ。

連絡手段を一切経つ行為を定期的にしているんで
過去がなくなっている。
足が付かないようにしているわけじゃないんだけど
例えばクラス会とか同窓会とか一度も呼ばれたことがない・・・
ま、呼ばれても詐欺か宗教の勧誘と同じように断るんだけど。

そんなわけで酒でも飲んで忘れるか、と思う目の前に
医者から再検査の手紙が放置されている。開けてないけど。

人を呪わば穴二つ。でも一つでいい気がしてきた。
呪う相手が自分なら。

あ、なんかそう思うと気が楽になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マゾイのか・・・

素で書くと。

ドラゴンエイジのハードが面白くて仕方がない。
ホント辛かったけど、ようやく光明が・・・
見えたとたんにソロクエに入った。

ちなみにドワーフ王族スタート。ストーリーがさっそくいいよこれって感じで
普通に小説にしても立つよ、この流れ。

戦闘が本当にいい感じで、ほとんどの戦闘が生死をかけた必死さがあった。
もう、無傷で行くためには扉開けるごとに配置して、
それでAoEスタンからフォーカスで一人殺してあとは根性とか。
奇襲即全滅だったしなぁ。

回復を買ったり作れるようになってようやく全滅が減ったけど
今度はボス級がもうえぐくて、はめないとやってられない。
pullの大事さを痛感した。ああこんな感じだったわ、昔のMMOは。

なんかそういうのってもう古いんだろうな。
今は・・・なんだろう。前に書いたけどWikiゲーからゆとりゲーへ。
ハメないとやってられない、の、ハメ攻略がWikiにあるから、
Wikiみればそれで終わり。むしろ簡単。
それならいっそWikiすら要らないゆとりゲー、か。

自分、が、やっていること、の、意味。

俺のゲームを見てくれってのは、人一倍あるので
そろそろとあるゲームの録画をしようと検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »