« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ここ二週間で

2回、ぶつけても居ないのに青あざができた。
おそらく妖怪の仕業だと思うのだが。
もしかすると呪詛の類かもしれない。
朝1時間ほど右肩があがらない現象と関係があるのか無いのか。
まいったのう。体が先に落ちるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここしばらくゲームの話題がない

ま。げーむどうでもいいわ。なくなってしまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして

昨日のエントリーを書いて、メールを一日待ってみたところ、
一通しかきませんでした。

celesさん愛してるよ。
いや、嘘です。

ま、つまり俺には携帯なんかいらなかったということかな。

明日警察に出頭します。違った、届け出をしにいきます。
警察なんて行くのははじめてです。
やっぱりやめようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捜索願

私の携帯が消息を絶って丸一日が経過。
最後に見かけたときには所持電力がそれほどなかったので
今頃どこかで路頭に迷って泣いているか
悪い人に捕まってあんなこととかこんなことに。

捜索は明日で打ち切り、死亡届を出す予定です。

そんな私の携帯に励ましのメールを!
あ、いや、いりません。

それより、しばらくipadでやっていきますので
こんな私ともまだメールやり取りしようという方は
octatetracontadiliahendro@gmail.com
こちらにメールしやがってください。

抽選で3名様に聞きたくもない私の秘密をプレゼントします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

気味

思うに、反射的な動作というのはかなりはっきりとした理由がある。
特に、その行為がなんらプラスにもマイナスにもならないとしたら
より一層その部分が鮮明に出るだろう。
お腹がそれほどすいていないときに、何かをおごってもらうとき
何を食べるか、というのが、それ以外のときに比べ
かなりその人の好みを示す、というように。

仲間達と写っている写真を、その仲間の一人の彼女が見て、
わけもなく私を見てこの人キモイ、といったとする。
別に誰がどうと聞いたわけでもなく、
はたまた仲間からすればみんな一様にキモイわけだが。

おそらくだ、その一様にキモイ中にも何か違う因子がある。

最近気づいたのは○コラ(一応伏せとく)の解説に
生理的にキモイと感じるのとそれが病気などの危険要素を感じさせるから
とあったことである。
なんとなく最近それをふと思い起こした。

死とか病気を連想させるものはやはりキモイのである。
それは回避すべき「キモサ」であり、
生きている限りいかんともしがたいものである。

生きている人体における防御機構は計り知れない戦いの末に
編み出されたものである。ゆえに機能が停止したときの崩壊は
おそるべきものである。しかも組成が近いだけに
腐敗した豚肉と腐敗した人肉では桁違いに後者のが人間にとって危険であろう。

それはともかく、私に対してその手のキモサを感じるとしたら
私には何かその因子が感じられるということである。
通常、人にとって危険なものが。

もちろんそれ自体が人の反応にとって逆のこともある。
熱くもない棒を熱いと感じて反射的に手を離してしまい事故になるなど
人の直感はそれ自体は反応であり、事実ではないため、
信じるとしたらそのことを深く肝に銘じるべきであろう。

で、そんなにキモイのかなぁ。ふーむ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思えば遠くへ来た

そして長くいる。
誰が予想したことだろうか。
誰も期待していない。
灯台守がごとく。
居ることだけは価値がある
他はわからない。

あれだけ世話をしたとて
灯台守は灯台ありき。
そしてひっそり変わる。

ねる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それはなんなのか

報いか報われたのか。

最近は宮沢賢治を読んでいる。
って書いたような気がする。

フランドン農学校の豚はけだし名作というべきであろう。
が、晩年の作品だからか宇宙がなくて土のよきにおいがする。
虔十公園林を読んで涙が出てきた。
涙もろくなったというよりは、なんだろう。

私は何か残すことを許されているのだろうか。
そしてそれに足る何かを作れるのだろうか。

許されてないという諦めは簡単だが
それこそまさに許されない理由となる。

しかし許されても居ないのに残されるものは数多くある。
それは許されないより更に悲しいこと。

残されるものに選ばれた何か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日何を大事にしたのかということ

何を大事にしたのか分からないと。
分からなくても生きてはいける。

ほんとうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初に思うこと

悪いニュースへの耐性はかなり付いていると思っていたけれど
今日ばっかりはふつうに吹き出しそうになった。

最初に思ったことが
「本当だったらブログのタイトルを変えよう・・・」
だったのは何でだろう。
狼狽して他の事を考えられなくなったからかな。

次が
「なんかドラマが足りないな」
こういうものって、あれ、もっとドラマツルギーの影響下にあるかと
思ったけど。
ふーん、リアルはこんな感じなのか。
軽いとか重いではない、なんというか、把握の手探り感。

何言ってるかごく一部の人以外分からないと思うけど
一ヶ月後ぐらいに結果が出るから、そのときまで乞うご期待。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

えさについて

昼は毎日同じ餌を食べている。

食べ物を餌と呼ぶ。

それは作っている人に失礼なのか。
では餌は失礼なのか。
餌を作っている飼料屋に失礼ではないのか。

というのは間違った方向への誘導。

昼ごはんと言えばいいのにわざと餌と呼ぶところに込められた蔑視。
ここに問題がある。
コンビニに食料を卸している人も
作っている人からそれを運んでいる人まで
私に食べてもらいたくてやっているわけではない。
食いたくなければ食うなと。

そうだ、だから餌なのである。
そのどうでもいい同士が餌として成立するわけだ。
なければ食わないし、それでも困らない。

そしてブクブクと太る。

最近、ユニクロで夏用のノータックパンツを買うときに
スリムって書いてあるのを間違って買った
サイズさえでかければいいだろうと思ったが駄目だった。
後で気づいたんだけど、はいてるとスリムに見える
というんじゃなくて、スリムな人向けであると。
なんとなくスリムへの願望が残っているらしい。

くだらん。スリムな変質者なんぞ何もいいことはない。

最近、3日に一回くらい階段で激しく躓く。
靴が悪くなりそうだ。
またはいつか転げ落ちるだろう。

血だらけになると掃除は大変そうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タナボタだよ今日。

タナボタの日は、なんか、年に一回彼氏と会える人が気分良くなって
思いがけず願いをかなえてしまう日らしい。

おう、あと数分しかないじゃないか。
何を願うか・・・すべての願いが決してかなえられないように。とか。
いやこんなのじゃ駄目だ。他人の幸せを祈ろう。
彦星に別の彼女が出来て幸せになりますように。

悪意しか感じられない気もするな。

私の願いが決してかなわないように。

やはりこれだろう。基本だね。

つかれた。人生に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が面白いと思っているものを

なぜ他人が面白いと思わないのかということを
なんか毎週そんなネタで話しているような気がする
どうでもいいことなんだけれど
むしろ面白いと思っている自分達がおかしいとか
実は面白くないとか
面白いかどうかではなくお金が動くかどうかとか

まあいいや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »