« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

特殊感染者

帰省しようとするも明らかに体調が悪く、
空港で薬を買い込んで乗ろうとしたら
一番前に座らされたのて意図的なのかどうか。

ともかく帰ったら39度近い熱が出て病院に送られ
危うく有罪宣告になるところだった。
しかし無罪なのでインフルテロリストではない。

もうそろそろ、そばうつ時間なり。
それでは来年皆さんも同じような病気で楽しむ事を期待したりしなかったり。

いやまだ原因不明なんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういやー書いてなかった

毎回書いてるこの話題、書いてなかったや。
一青の新しいシングル。結構前になっちゃうけど。

うんと幸せは、ありが十々の流れ。この前はささやき並木だっけ。
ひさびさかもしれないけど、こっちを正統と言う人も多いよね。
ウラ・ハラはユアメディスン系。
こっちのほうが癖が少ないけどね。
前作がぶっ飛んでたので、こっちのが一般受けするかなーと
思ってたけれど、そもそも一般は聞かないのか。

個人的には進化窈はかなり好き。
今回は「うんと幸せ」にボレロ出てくるしなぁ。
ボレロ好きにはたまらない。昴でもボレロは出てきたしね。

ふと思ったのは、一青窈の歌を聴いているから、
恋をしようと思ったり、両親のことを考えたりしてるんじゃないかなと。
そのくらい影響を受けていると言うか
私の中でかけているそういったピースを埋めてくれるから
聴き続けていられるんだと。

年末、帰ることにする。
正直いろいろ悩んだんだけど、
ただいまと言える場所がある、ということの価値が
なくなったらもう分からないんだし、
あっても分からないんだけど、
正直ただただうざいんだけど

不思議なものだね、人は欠けてるものを自然に求める
しかもそれに気づいていなくて、否定するのに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぽちゃぷりの職業について

ぽちゃぷりは、自分の職業によってやれることが大きく変わります。
まずそれを把握するのが上達への第一歩。

職業は、該当する帽子をかぶることでいつでも変更できます。
初期状態は帽子無しですが、自分の拠点には各職業の
マシンがあり、その職業の帽子を生成しています。
その帽子を○ボタンで拾い、もう一度○ボタンを押せば被って
職業を変更できます。

帽子は、ほかにも死んだ敵や味方の帽子や敵陣の帽子が拾って使えます。
戦士で突撃して木こり殺して塔を奪ったら、相手の木こり帽子で
転職してそこで金属採集、と言うことも可能です。

職業は、デフォルトの村人の他に、木こり、戦士、魔法使い、僧侶
レンジャーの5種類がいます。
更に、それぞれの職業の拠点をパワーアップすると、
職業の武器変更が可能な上位帽子が生成されるようになります。
(パワーアップ前の帽子の人は拾いなおさないと転職できない)
武器変更は常時出来るので、パワーアップするとかなり戦略が広がります。

では各職業の特徴を。
○職業名
ライフ: ライフのハートの数
攻撃:武器(ため攻撃)/上位武器(上位ため攻撃)


続きを読む "ぽちゃぷりの職業について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽちゃぷり、について

○ぽちゃぷりとは

PS3のダウンロードタイトル、ぽっちゃり☆プリンセスのことです。
日本語版はなんか一度発売直前に延期されたけど、
今は無事1500円で好評発売中。
海外では半年ぐらい前に出てる。

○どんなゲーム?

見下ろし型のアクションストラテジーで・・・
面倒だ。まずは動画見るべし。
http://www.jp.playstation.com/scej/title/pocchari/

○何が目的なの?

基本ルールだとCTF。お互いの陣地に敵の姫がいるから、
先に自陣につれてきて一定時間守ったら勝ち。
その時敵の姫も自陣にいること。

他には、途中に取れる拠点の確保数とか、
Kill数で試合が決まるゲームもある。
ルールは一人プレイのストーリーで把握するべし。

○一人プレイもあるの?

一人用のストーリーは、いわゆるチュートリアル。
ほかのキャラは全部AIで動くから、多人数と同じ感覚で
一人で練習できる。
マップも把握しておこう。

○多人数プレイは?

最大16vs16。人間が足りないときはAIがはいる。
自分でルール作るか、選んだルールのゲーム探すか
どれでも良いから入る。
今は人が多いからゲームには困らないはず。

○ぶっちゃけ面白いの?

俺的PS3のkillerタイトル。
見た目のかわいい+グロいのバランス
一人でやれることとやれないことのバランス
職業ごとのキャラクターの能力のバランス
戦略とアクションプレイのバランス
全体的に良い感じ。

ま、PS3をこのために買うって言うひとはあまりいない、か・・・

次回職業別解説の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリアまでたどり着けず・・・

中ボスみたいなのは倒したから、後は進むだけかと思ったけど
ようやく転職後Lv20なので、先が長い感じだ。
でも9Fやってる。攻撃が当たらなくてきついので戻るかな・・・

主な装備こんな感じ
君主1 オーディン剣/イージス盾/コモンドゥス兜/マスタープレートとか
君主2 オーディン剣/ドラゴンカイト/聖者の指輪+1とか
侍   ノーザンライト剣/ドラゴンカイト/黒装束とか
忍者 雷帝の槌/怪盗の鎧/隠密手袋/7つ道具
司祭 癒しの杖/白のローブ/妖精の手袋/破邪のお守り
魔術師 氷の杖+7/ローブ+6/栄光の手

オーディン2本出た。君主二人入れてて良かった。
侍はノーザンライトで何とか戦力というところ。

雷帝の槌は強いんだか弱いんだか。999ダメージでも-20命中だったりで
通常攻撃だと当たる気がしない。
暗殺なら何とか当たるけど、ダメージ1500とかでてもなぁ・・・

この構成なら、魔術師じゃなくて司祭×2でも良いかもしれないと思った。
ブースト入れたNALの破壊力は魅力だけど・・・

このパーティー、ドワーフ男が3人もいて、ついちょっと前までは
魔術師のドワ男がHP一番高かった。
後衛も食らいはじめるこの時期になると心強い。

まあ、ポチャプリの合間に少しずつ進める予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリウッド版、か。

3Dアバター見に行った。

3Dは偏向メガネ方式だった。
もし映画がこの方式で固まると、テレビの3Dの方式とは異なることになるはず。
その辺が来年再来年あたりいろいろと出てきそうな予感。

3Dとしては思ったより安定してる。
30分くらいは3Dだ、すごいな。
(最初のほうはわざと3Dアピールしてるから当然か)
そこから目が疲れて、なんか涙が出てくるな
(内容に感動するってことはないはず)
でもその後はもう慣れてしまって、普通に見れた。

画期的、と言う感じはしない。いうなれば及第点。
300円追加で払う価値はある、っていう程度になってる。
非日常感を出すし、プレミア感もあるので良いとは思うが
やはり理想とは程遠いね。
結局脳がその不自然な情報を補完して頭で組み立ててしまう。

こういう映画だと、こんなものかもしれない。
絵の作りもこんな感じになっちゃうし。
人によっては光量が落ちてしまって暗くて見づらく感じるかも。

思うに、映画では3Dは牽引できないだろう。
スポーツとゲームだな、これは。
静止カメラで立体感を表現できるスポーツと
もしもしデータとして3Dを持っており、自分で見ると言う主体的な動作が
大きく関わるゲームは、3Dとの相性もいいはず。

でも、人間右目左目だけで3D把握してるわけじゃないしなぁ。
やはり裸眼でもいい、ほんとの立体ディスプレイが来てほしい。

あ、内容?
一緒に行ったのがすごい的確だった。
ネタバレするので見る人は読まないように改行



























ハリウッド版もののけ姫。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

転職中

君主限定のかなり強い武器、オーディンソードゲット。
そのため勢いで全員転職する

戦士→君主
侍→君主
僧侶→侍
盗賊→僧侶→忍者
司祭→魔術師
魔術師→司祭

いろいろ間違った気がしなくも無い。
でもダブル君主は予定通りか。
片方ガチガチのヒュージシールド係
片方はオーディーンの殺し役
侍がファイアソードの轟激で混乱させて
忍者は暗殺。
司祭はとにかくウォール係なので、そのままでもよかったけど
魔術師に僧侶系入れたいと思ったので交代。

スキル獲得程度までお布施でレベル上げて試運転中。
レベル差が低いので怖いかと思ったけど
何とか底上げに成功したみたいだ。

ま、切りが無いのでそろそろクリア目指す予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

クエスト無名の神の書終わらせた。
もっとやばいかと思ったけど、結構あっさり終わり。

5-8階あたりにて。
たまに後衛が範囲で死ぬくらいで、たいした事故も無く進む。

リングメイル+6
ドラゴンカイト
ブーメラン
バスタードソード+3
隠密の手袋
呪術の手袋

こんなところかな。ブーメランはいまさら・・・か。
でもそのおかげで一層空気になる侍。ダメージ一桁もざらだ。
刀よこせ・・・

lv20-23になったのでそろそろ転職も視野にいれるつもり。
君主入れたいが悪チームなんだよなぁ。
忍者にするか、と思うも忍者にしたいキャラがない。
盗賊は相変わらずショボステータスだし。
僧侶を忍者にして盗賊を僧侶というのもあり・・・なのか?
まぁ、NAL9発になったら魔術師を司祭にしておくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の収穫

シーイン5Fの銀宝箱から
ぼうし-1 ぼうし-2 ぼうし-5を入手。
この宝箱に石化の罠つけたやつ殺す。

そんなにプレイできなかったが、今日は妙に帽子が多かった。
はねつき帽子+4はかなり良い品だ。まあ、所詮帽子だが。
盗賊の鎧は二つ目。忍者作る気があれば・・・とも思う。
lv20前後まで来たが、盗賊デアデビルのステータスがしょぼすぎて
普通に転職出来る気がしない。
まあ、何か武器が出たときに考えよう。
氷の杖+7。炎の杖もってるんだが、この+7は呪文効果+に影響があるんだろうか。

しかし侍が駄目すぎる。シルサムがチクサム以下だ。
しゃがみ大蹴り雷鳴剣とは言わなくても超手裏剣程度には育ってほしい。
武器か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しくまっとうに時間つぶしゲーム

とりあえずキャラ作成で初日が終わった。
Doomを司祭にしたので、ハルクで戦士にして、
SilverSamuraiで侍・・・だけど文字数が足らずシルサムになり、
僧侶シニスター、盗賊デアデビル、魔法使いスカーレット。
見た目で種族を決めたため、3人がドワーフという熱いパーティー。

これでFFをプレイする、というネタにしようと思ったが
ディランばかりになのでさっぱり分からなくなってしまった。

PS3のWiz。ダウンロード2000円+α。
Wizはホントに久々だなぁ。初代以来だしなぁ。
あの頃は私はWiz派でもUltima派でもなくM&M派だったけど。

難易度はこんな感じだったかなぁ。もう少しカツカツだった気が
するんだけど、死にやすさはメリハリが利いてるな。
楽になったかなと思って下に下りたらあっさりと、という定番。
宝箱なんてあけたくなくなる石。

セーブが普通のセーブなのも、らしくないけど仕方ないのか。
まあ、そこは本人次第か。
今のところセーブで戻したのは一度だけ。間違ってキャラ消したとき。
全滅は二回かな。

やたら司祭のレベルアップが早い気がする。
しかも更に最近覚えたバリアーがまた強くてDr.Doom最強。
シルサムは武器が寒くて前線全体攻撃でチクチクという地味な役回り。
ハルクはドラゴンスレイヤーで命中率は低いが当たればドカンと。
デアデビルのあまりの貧弱さに前線要因になったシニスターが
序盤から粉砕メイス拾ったためにダメージでかいはたまに一撃死出す。
デアデビルは殆ど影に隠れてお金を奪うただの泥棒。
スカーレットはブーストチャージしては防御、たまに大殺戮モード。

ま、こんな感じでチマチマと。

あ、FFいったらファンタスティックフォーというネタね。分からないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幹事が来ないまま時間になり、
忘年会の前で既にそいつの名前を思い出せず
予約名を聞かれて困るくらいな状況だが
無事に飲めて忘れることが出来た。

忘れたいことが多い年もあるし
どうしようもない寂しさはどうしようもないが

それでも生きてここにいられて良かったかもしれないと
そう思えるときもある。

贅沢だね。こういう場があることって。
別に無くても良いんだろうけれど。

私ですらこのくらいのストーリーを持っているわけで
一人の人間が持っているストーリーを考えたら
それを終わらせるということがどのくらい重大なものなのか。
それを背負うということが果たして他人に出来るのか。

自分ですら自分のストーリーを支えられないでいるのに。

ずいぶん寒くなったなぁ。
今日は引きこもるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴訟読んでる

一般には、審判ってよばれてるあれ。
前に読んだときは、翻訳のせいなのか、
カフカらしいけど出来の差が激しくて、発表しないでくれといったのは
そのせいなのかとも感じたんだけれど
今読むと、なんと言うか、
カフカの審判は手塚治虫のブラックジャックみたいなものか
とも思いつつ。
完成していれば随一の名作長編だったろうに・・・

私は変身が好き、かな。一番最初、小学生の頃に読んだからだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご趣味

間違ってもゲームや読書は出せないだろう。
たとえば合コンや見合いなどで、趣味を聞かれたときに。
その場合において趣味は話題のきっかけになることを持っているか
引き出しを問われているわけである。
いわば硬直差14フレームの中距離技のようなものか。

子供の頃で既にそれは趣味とは全く違って
アッパーズとダウナーズとして服用していたし、
今となっては、趣味を聞かれて、
全身に血をめぐらしたり、脳を休息状態にすることです
と答えるようなものであろう。

しかしだからといって
「壁に頭を打ち付けてその数を数えることです」
というのは趣味としてはどうか。
「最近は、22進数で数えたりしてるんですよ」
と畳み掛けてみたり。
「ええっ、それじゃカバラもおやりになるのですか?」
と食いつかれても
「いえそちらの方は苦手でして。あくまで内的召喚のみです」
という感じで話が広がる・・・のだろうか。

そう思うと無趣味すぎる。
強いて言えば・・・チャットか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサクリ2おわり

難しかったのは、バグなのか謎なのかが分からないところ。
詰まったらやり直す、ということにした。
クリアまでに完全にバグはまり回数は5回くらいかな・・・
いや、もっと多いかも。
壊れる瞬間にジャンプとか、滑り落ちる感じで屋根の間にはまるとか、
なんか変なオブジェの上で無限に走ったり。
あとは演出シーンもリアルタイムなので、くるべきNPCがなんか
一般市民にぶつかってこっちに来ないではまったりとか
追っかけてるやつが壁にめり込んでしまったり。
狭いところで傭兵まで連れて戦ったりするとカオスで面白かった。
留めさそうとしたら落っこちそうになって、ぶら下がってたら
ほかのNPCがどんどん押し合いになって落ちてくる。

ま、笑えたり面白いところが十分あってよかった。難易度は低めかなぁ。
ストーリーはとにかく殺しまくる感じで、雰囲気を味わいつつ殺戮ゲーだけど。
多対一になっても凌げてしまうので、もう少し不利にしても良かったんじゃないかなぁ。

羽のコンプリートまでチマチマやるのは大変だけど、次のゲームどうしようかな。
最近出たCoDはたぶんやらないんで・・・
Fallout3にしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ともあれ

糾える縄のごとし。

紀伊国屋にポイントカードが出来た。
年間のゲームソフト代金を遥かに超える書籍費を考えると
これはうれしい。
だかといって一万円も使うこともなかった気がしてきた。

ラウィーニアは久々のル=グウィンもの。
でもないか・・・パワーシリーズ全部買ってたな。

アルサラス2巻。こっち先に読もう。猫はずるいな。

ついでにアサクリ2。なぜかPS3版で購入。
ストーリー性の高いものやるのが久々なのでなんとなく嬉しい。
PoPっぽいうねうね感とか雰囲気がよいなぁ。
しばらくぽつぽつ進めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせる

幸せなんだと思うとなんだか諦めた気持ちになる。
逆が正しいのだけれど因果律が逆になる。
ただそれが可能なことなのか分からない。
とりあえず眠くならないのが。

でもどうやって自分を見たら良いのか悩む。
死んだあとの顔を見てみたいんだけど。
そのときちゃんと笑っているかどうか。

鏡を持つべきかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A+B+C=A*B*C

または縛られし一年との決別。

このblogも新たなる年を迎える。
次となる年は趣味に走るのか、それとも誘惑に惑わされるか。
正逆いずれに転ぶもまたゲーム、と、

"was ihn nicht umbringt, macht ihn stärker"(Nietzsche)
最近つぶやく言葉、結構原文は知られてないね。
知ったのは「昴」から。
いや、目を閉じるんじゃなくてマンガのほう。
先日、思わず全部揃えてしまった挙句一晩で読んでしまった。Moonまで。

「お前を殺してしまわないものはすべてお前を強くしてくれる」
こんなシンプルで且つ強い言葉を出すに至るには
どこまでの平野に至らねばならないかと思うとむしろこの言葉は
殺されもしないものに惑わされ自ら弱くなる浅さを思い知り
むやみに奮い立たせるためにしか使えない、のだけど。

叩きのめされて寝込むのは仕方ないが、
立ち上がったときは強くなったと思う。ちょっとだけ、だけど。
またいつか寝込むほど叩きのめされるのだろうけど
それまでは生きてみせる。

あと一度は、耐えられるよ、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »