« 艦長プレイ | トップページ | 曇り時々ロールシャッハ »

続異世界綴記-GWS編その357

▽copy after

なぞりゲームとは、ゲームがどれだけ予定されたものに近いかを競うもの。
つまり、どれだけうまく、早くなぞれたか。

これが好きな人と嫌いな人は分かれると思う。
別にどっちが上でどっちが下と言う事もなく。
同じゲームですら、なぞる人となぞらない人がいる。

それ、理解してあげていいと思うんだよね。
どっちも面白いということを。
そしてそれらは平行線ではないということを。
お互い馬鹿にしているのは、くだらない。

最近アスペンに復活。
たまにヒスイ。
同盟バトルがあんなのになっちゃったので
farmっぽくないところでアスペンのがましかなと。

カーツでやってたけど飽きてラクソンに。
ラクソンのほうがビルドがムズイ気がする。
何とかしないといけない、が多い。

結構今になってもビルドだけでなくスキルを調べることが多い。
それがいいところだね。
ただ、NPC相手が多すぎてあまりビルドに意識できない。
この辺は、RAのがいいんだろうなぁ。
RAは山の張り方次第・・・になってしまうので
我慢しないといけないからこの気分ではやれないな。

負けモード、っていうかbotやらleaverが増えてきたら
あきらめてvanqすると言う展開に。
4pplのmapでもvanq出来るPビルドを安定させるべく。

ちなみにBGMずっとユアメディスンでノリノリでやってます。
半分壊れてるなぁ。いや、半分だけ。

|

« 艦長プレイ | トップページ | 曇り時々ロールシャッハ »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2020/46471872

この記事へのトラックバック一覧です: 続異世界綴記-GWS編その357:

« 艦長プレイ | トップページ | 曇り時々ロールシャッハ »