« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

気にならなくもない

自分は眼鏡をしているわけだが、幼い頃から掛けているので
掛けてない状態がなく、特に気にならないんだけれど。

でも、確か一年・・・か半年ほど前、眼鏡の外に人影を見て
そちらを見たら誰もいなかった。
それが、帰り道、うちの近くの橋の上。

確かにはっきりと見えたのに、でも信号は赤だし
その真ん中にいるわけはないんだけど、と思った。
でも色は思い出せない。

忘れた頃にまた見た。今度は横断歩道の上。
自分が早足で渡っていたのに隣に人?と思ってみたら
いなかった。

次は、眼鏡の外じゃなかった。
帰りに信号待ちであくびをしたら
向こうに人影がいた、はずなのに、あくびのあとにいなくなった。
まあ、あくびの後すぐに見たわけじゃないので
数秒経っていたから人が歩いていったのかもしれない。

つい先週、うちの前に立っているのを見たときは
ちょっとぞっとしなくもなかった。
もちろん眼鏡の外なので全然はっきりしていないんだけど
うちのほうを見ていたような気がする。

で、なぜ今日そんな話をしたかというと
今日は家の中で見た、とかではなくて
後ろから来た車に気づくのが遅れとはっとした、ときに
自分の視界が予想より狭いということに気づいてしまったからである。
もしかすると、左右5%くらい、まともに見えなくなっているかも。

その5%くらいが現世を見れなくなっているとしたら
もしかしたらちょっと世界の見方が変わるかも。

ちなみに私は霊感みたいなものがほとんどなくて
まあ、怖いものは怖いんで怖いもの知らずなわけではないけど
寒気とかそういう感覚がない。
盛り上げるためのネタだろうから存在は信じてるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三昧もおわり

WoW lv80達成。
Ys7 normalクリア。

WoWはどのくらいプレイしただろ。明日みてみよう。
Ys7 40時間。
最後、全員分武器揃えるために素材集めで半日くらいかかったような。
ついでにスキルもレベル上げしてたし。
おかげで体力回復ほとんど使わずに1発クリアだった。
一番辛かったの最初のボスなんじゃないか・・・

YSは満足した。よかった。
途中詰まったか、と思ったのが1回あるけど
明らかに前の起きたこと忘れてたのが原因。
布団に入って寝る寸前までやってたりするとぼんやりしてて駄目だ。

WoWはまだなんかやりたらないので続けるけど
さてどうしようと思いつつ。
野良じゃなくて募集に参加してみたいけど
略称ですらさっぱり分からず、このまま生で英語chatするだけの
自信がなくて今に至る。
さすがにPvPはわかるようになった。というかAVは100戦くらいやったんじゃないか。
経験値がやたらおいしいし、コツを掴むと比較的活躍できてる気がするし。

この、気がする感がWoWのいいところだね。

ああ、装備だけは揃えるのと揃えないのでは気どころか
プラスチックと合わせガラスくらい。
頑張って防弾ガラス目指したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王道

何度か書いたように思うが、私は王道派である。
正統派・・・とはまた違う。
なんというか、在りようの違いか。
目指すのではなくあるべきとする感じ。
御殿手みたいなものか。

そんなわけで今やってるのはWoWなんだけど、
lv77になってきてあと一息が結構長い感じに。
まあそれは続けて精進していくことにして
YS7買って来た。

イースは(私の中では)日本のRPGの王道である。
括弧をつけざるを得なかったのは・・・まあいいか。

展開も王道なら悪役やヒロイン、サブヒロインまで王道。
アクションは毎回目先を変えてきて、今回はアクティブに
キャラを変える仕組みなわけだが、プレイ感覚の変わってなさは驚くべき。
素材集めみたいな仕組みも入れたがあくまで本道はハック&スラッシュ。

こういうゲームがやりたいんだよね、私は。
王道を守り続ける良さがある。
しかも、「誰か」に依存したりしていない。

その他の王道、おじいさんたちに頼りすぎて
そいつらが死んだ後廃れそうなんだがね。
ま、なるようになる、と考えているうちはなんともならないわけだけど。
戦えない若い連中が悪いのか、戦えなくさせたおじいさんが悪いのか
なんてのはどうでもいいこと。
ホントに悪いのは、まあ、目先だけのおっさん達なんだけど。
どっちもどっちだよ、別におっさん達滅んでもかまわんけど。

ま、ともかくイースはいいっすな。
・・・いや、なにもいうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぁええな

これでいいんじゃないかとも思う。
嘘とか飾りとかは、無い人は無いのが自然だろうが
ある人はあるのが自然だし。
私みたいに嘘がつけない人は
何か見てもらいたいという思いがどうしても溢れて来て
ここに書くのはそんな自分の澱み。

別にみんな死んでもかまわないと思う。
そんなに大事な人間なんていない。
でもまぁ、その人は生きてるし、生きようとしているし
そして生かされている。
それだけの価値はあると思うし。

死ぬほどの価値も無いともいえる。
生きてれば生きている分、なんか悪い事もいいこともするけど。

ほぼすべてのつながりをゲームにするという
なんかそんな生き方が完成してきて
もう私死んでもキャラが動きさえすればなぁ。
不老不死をそれで達成できるわけだ。

余人には引き継げないけど
人でなければ何とかなるんじゃないかと楽観的に。
老後の楽しみにしよう。
「ゲームを自分みたいにプレイできるAIをつくること。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いや書きたいこともなくはないけど

書けない事は書かない。これが鉄則。

知り合いがネットに俺が温泉に入ってる写真upした。
見たい人(いるのか?)は6DA氏のところへ。

で、ちょっと休養します。
なんかもうあれなので。あれっていうか席を立つみたいな感じ。

モチベーションはいつも高いので多分また。
ただそれが災いすることも多いんだけど。

WoWはようやく72か73か。
さすがに70台はチョコチョコやってるだけだとあがらねぇぜ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治について語る言葉もないけど

死にたくなってさ、ついまずい方法をとってしまい
気づいたら、甥っ子が、揺さぶって、「にーちゃんWiiしよう。」っていうのさ
でも死んでて動けないんだよ。
で、その後甥っ子がいじめられるんだ、
お前のおじさん人殺しだって。

それ見ててさ、なんか縛られてみてるしか出来なくてさ
血の涙で見えなくなる。

この夢見て、何かな、とずっと考えてたら
あれだ、

チコタンの人の、更にえぐい歌だ。

あれ聞きつつ飲酒運転できたらすごいよね。

不幸は簡単で、必死に耐えていかないといけないけど
だからといって落ちたからといってすべてその人の間違いなのか。
自ら助くる人を助けるなんて必要ない。
地面を這いずるわれわれにしてみれば
助けられなくなった人を助けてほしいと思うんでないかと。
助けを放棄した人ですら。

でも、助けられるのに助けずに助かろうとしたら
それは別の問題かな。

私はキリギリスだから多分生き残れないんだけど
アリな人たちは救ってあけれたほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »