« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

これやこの

なんかlv10あがるたびにblog書いてるな。そんなわけで60。
空も飛べるはずな状態に。
隠したダガーは装備せず槍使い。

SVは面白いのかもしれないが、どうにも数が合わん。
仕方なく後ろに回ってgangする楽しみ。
PvP的にはmangle命な猫ビルド。おかげでwarlockにも勝てるような気がする。
DKきついけど。いや、やれる人は辛いか、どれも。

healerスペックは結局いまだ試してない。
そろそろ試そうかなーと思いつつも面倒になってきた。
これ、直タゲhealerが一番良いのか?ってそんなわけないよな。
addonがあるといいとかいってたな・・・そういや。

あたらしい拡張の話も出ててみたら、あらあら。
なんかGW2とかぶってんじゃないのという古龍の復活ネタ。
ま、いつ出るか次第で、優先度は下・・・かな。

今のところの俺的優先順位を書くと
D3≧GW2>WoW:C

悩んだ末にイコールをいれてしまうくらいな感じ。

俺の持ちキャラは?といわれたときの優先順位に近いな・・・
M≧P>その他(Bとかか?)

これはもう、仕方ないんだ、という感じ。

GW2のネタ集めはこそこそやってるけど、
どういう形式で書こうかなぁと迷っててぜんぜん進まず。

ちなみに、GWねたは/aionで盛り上がってます。
最初に出すのは誰か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AHと経済

久々に街に出かけて、本屋にいたら数千円かかった。
その後うなぎ食べたので万札がなくなった。
土曜日は一日500円くらいの生活だったのに。

そんなわけで読んでるのは「ゲームの理論と経済行動」
文庫で平積みされていたけど、そんなに買う人がいるとは思えないが・・・
私の記憶が確かならば私が○学生の頃にすでに古典というか
まあそんな扱いだったような。

今読むと前書きから面白くて気持ちが良い。
最後まで読めるかな、という不安はあるものの。

さて何でそんな本を読むかといえば
やはり儲けたいからである。WOWで。
原始的な経済システムしか持たないゲームではあるけど
そこに人間がかかわることでゲームになる。

mageweaveで100gp近く儲けたが、
つい調子に乗って高値をつけてしまい大量返品に。
それでもめげずに、週末の連続ミニレイドで発掘された
アイテムを頑張って売る。
目玉はsunkenの紫斧。
ちょっと気合入れた値段にしてみたが・・・やっぱだめかな。

ちなみにlv50達成。さくさくあがるなぁ。
2時間1レベルくらいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬるい搾取の畑

これが自然になるんだと。

ただの畑を見る。
ここでなんだろう自分は。
野菜じゃない。雑草か、いや違う。
農家でもないしトラクターでもない。

あ、土か。
兵馬俑みたいなのが浮かぶ。

つまり僕らはここに並んで埋められていて
その頭の上に野菜が生えてくる。
それが収穫される。

なんとなく農家に搾取されているような気になる。
なんだろうこの感覚は。
でも別にぬるい。
肥やしもいれて貰ってるし、
何よりも、もし何も手入れされないとただの雑草荒地。

それでも良いかというとそれは怖いという。
別に埋まってるだけだし、だって土だし、
動けないし、動いてもどうもないし。

なすがままとあるがままの違いは微妙か。

こんなのが自然なんだよ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留学

留学と聞くとどうしても、「駅前留年」を思い出す。
いや、留学じゃない、留年。
学生時代からの友人の、名言の一つだろう。
あの当時通った仲間達は次々とこの罠にかかった。
当時、単位なんぞ学校に行かなくてもテストだけでと嘯いていた私も
(ただ仏と卒業コーディネーターに頼っていただけだが)
やんごとなき理由によりその道を歩んだくらい。

その際
「あの宣伝でもやってる、駅前留年っていうのに通ってて・・・」
と言い訳したかどうかについてはここでは語らない。

閑話休題。
かつてDAOCでhiberniaに留学して英語、いやhibernia語をマスターして
実生活でもovertime work inc!とか活用・・・することもなく過ごしていたが
数年ぶりにまた留学することになった。
今回はwow。

正直daocはスパルタ訓練だったので、本当に0からはじめ、
英語が出来ないと全く進むことも出来ない環境だったのに対し
今回は最初から知り合いもいて、そもそもゲームも基本soloで
野良もそれほど辛くないということもあり、
まあ、気楽に留学を炎上・・・じゃなくてエンジョイしている次第。

難をいうと、メンバーが少ないこと、かな。
wowはさすがに古いだけに円熟しているというか
何でも出来ちゃう人と、素人の二つに分かれてる感じで
guildもない人はホント野良で組んでも、大丈夫?見たいなところがあるし
そうでない人は無駄を廃してバリバリやるし
battleground以外はそういう強制マッチングする集まりがないので
一人か、ギルドかという選択。
ギルドも三人だからなぁ。

そんなわけでwow留学、したい人がいたら
まずは無料体験コースから。
ちなみに無料体験コースはtrialなので10日間、lv20まで、アイテムの受け渡し無し
チャットもかなりの制限となっております。
yes noob lfg suck gay 以外の言葉も覚えたいというあなた、
円熟の名作MMOをまったり楽しみつつ学んでみませんか。

っていうかhunterむかつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wow-その3

明日って言いつつ書いてなかった。

29になった。
BGはそこそこ楽しんでるけど別に止める理由もないので30にあげてしまうつもり。
ああ、patch入ったのでBGだけでレベルが上がるかもね。

変身が楽しいので主にそれでやってる。
RPG soloは猫。便利すぎる。
移動速度も速いし困ったらdashで振り切れるし、なによりstealthで無駄な戦闘も回避。
しかもdpsが高いのでkillも全く困らない。安定度抜群。

RPGの半分はcrystalのMageとの二人なので、tankモードの熊。
高いpull能力とsmall groupなら十分な硬さを備え、きっちりtaunt keepも可能。
しかも自分でbuffするし戦闘後に解除してheaすれば連戦も余裕。
ダメージも低くないので、soloでも2incしたら即座に熊モードで問題なし。
それでも駄目なら人間になってshadowmeldで緊急回避と
なんかホントにツールはいろいろそろってるなぁという感じ

ただもちろん弱点も多い。
一番はhealerとして。healer talentとっていないというのもあるけどhealerは厳しい。
早いinsta regeneと遅いdirect heal、更にその中間のheal+regene
これではPvPどころかRPGでも危なっかしい。
しかもmanaはあっという間に底をつく。buff撒くだけでも結構減るし・・・
その上taunt管理も出来ない。
野良partyでhealerやれといわれたときはかなりきつかった。
一番楽だったのは、heal healでtauntとって自分熊になってtank化して凌ぐ。
でもこれだとmanacost高すぎて効率悪すぎ。

tankとしても微妙感はぬぐえない。talent振り込んで硬くしたつもりだけど
palを見てしまうと真似事というか、偽tankというレベル。
幸いtauntが良いのと、mageのccが強いのでこなせるが、
2incでも結構怪しいし、ガリガリ削られること前提なので
そういう場面ではあっさり落ちる。

猫として、というかstealthとしてはDPSがまーーったく届かない。
BGなんかでstealthでいろいろやってるけど、soloで殺せるのは
低レベルのみ。しかも見破られることが多くてdeath数でtop突っ走ることも。
それでも移動速度の高さゆえにflagするWGでは「まれに」に大活躍。
3flag一人で立て続けにとってironman達成してたり。
ほんと、flag要員でしかないという感じに。

まあflagcapとしては、何よりスピードがはやく、かつ進入時にstealthも持ち、
帰ってきたら持ち持ちになっていても熊になって結構硬くなり、
healもおまけにあるよ、という便利屋感が楽しい。
でも死ぬ。とにかく死ぬ。

死んで覚える獣道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わるもの変わらないもの

知り合いから突然一通のメールが来た。
もうかれこれ4年は会ってないだろか。
政治好きで知られる男だった。
私に政治の楽しさを教えようとしてくれた男、である。

今の政治を取り巻く環境は厳しいといわざるを得ない。
揺れ戻しの時期ではないかとも思える。
ただここで安易に振り子を振っただけでは先に進めないことは自明。
悪意とも思える古い直感に惑わされるのは避けたい。

ただ、私は未だに政治には晩生である。
その楽しさが理解できずにいる。
確かに細かいところでは納得がいくものの
積極的にそれを楽しむ気にはなれずにいる。

ゆえに政治が出来る人はある種の尊敬を持っている。
私にはない何かの勇気というか、筋があると。
だから彼に与するかといわれると、それはまだ分からないところもある。

ふと、短いメールにそんなことを思った。

ちなみに政治はわれわれの間でpoliticsを意味しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »