« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

wow-その2

ただ、CD keyだけだとplayできないということに気づく。
CDは後から届く予定だが、download出来るらしいので早速挑戦。

こりゃだめだ。一日軽くかかるわ。

ということでつけっぱなしで朝まで。
そこからパッチの嵐。時々クリックが必要なので面倒だな・・・
まあ出勤までそんなpatch当てゲームを楽しむ。

さて、帰ってきたら早速ログインだー。
あれ、trialでいたキャラがいない・・・んー
と思ったら拡張版のデータがないのでだめらしいというメッセージ。

そしてまたパッチ当てゲーム。
寝るか。

続く。

と思ったけど割と早く終わった。
早速ログイン。
crystalもaliezeもいて、ログインしたら早速いろいろくれた。
何よりうれしかったのはbag。
いままで6slotの最低のバッグ(それでも私のお金では一つ買うのがやっとで
後はドロップで偶然出た)だったのが
いきなり16slotになった。
なんか世界が変わった。

ちなみにtrial版はtrade一切出来ないので
自前で何とかやりくりするしかなかった。
まあnewbieはその位しておいたほうが後々のためでもあろう。

そのあと時間も遅かったけど、bgのqueue入れながらcrystalとquest。
(といっても強力heal support付きの半PL)
実はBG行くのは初めてで、ちょっとどきどきしつつ。

で。。。まあ続きは明日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなわけでまさかの

wow日記。

先週末にtrialはじめて、lv20になっちゃうので。
で、何書こうかな。

druidはじめました。
やっぱりdruidだね。
でもelfだそうです。
まあ、wowのelfは結構独特ですが。
へんにtolkien elfの影響が無いのがまた良い感じで。

英語で話してると、なんかゲームしてるっていう感じがしてくるのは
気のせいだろうか。
私にとっての英語はほぼ「ゲーム世界の共通語」となり
その世界の雰囲気を出す重要な取っ掛かりになっているのかも

まあどんな感じになるか。
リアルが重いので軽くやろう。
と、思う。

あ、そうそう。
忘れないように。
プレイできるのはcrystal氏のおかげです。
わずか数十分で届きました・・・おそるべし。

でも今日はプレイできないか。

おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

noobの楽しさ

いやまさか今更playすることになろうとは思わなかった
という有名ゲームをプレイしていたりする。
分かっていたけど出来が良すぎる。
別に何がどうすごいっていうわけじゃないんだけど
押しと引きだけでなく、絶妙な感覚が。
こればっかりは時間と金かけないと出来ないわ、といいたくなるけど
それがあったとして果たしてこのレベルに達する作品になるのだろうか、と。
TRPGの良いシナリオをさせてもらっているような感覚かな。

マスターなんて関係ないとプレイヤーに感じさせられる、
でもその実態は全部マスターの手のひらの上なんだ、と分かっていつつも
いやその上でかつプレイヤーが立つ、と。

ま、いいや。

そういえば先週末は金曜から土曜の例のチャレンジは
20時間ほどで腰が痛くなって断念したなり。
ずっと座ってたからかもしれないが、やはり冷えると良くないわな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔からのちょっとした憧れ

住所不定有職

でも、現在糊口を凌いでいるこの仕事も、住所なくなると首になるかなぁ。
私財全部持ち歩けるようにするとかしないと駄目か。
車生活とかしている人いるけど、やっぱ辛いものがあると。

衣食住からのがれるのは難しいか。

とりあえず今は風呂でてからずっと全裸だけど
このまま一日暮らせといわれてもなかなか難しい。
家に食べ物がない以上、全裸でコンビニとか行くわけには行くまい。
警察署も近いしなぁ。

でも、それなら食がなくなれば衣もいらないか。
明日は休みだしやってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腐り

もしかしたらこれが死後の地獄かもと思うと死にたくないと思う。さびた鎖鍵を若い自分が外している。あまり器用ではないが次第にうまくなったと先生から褒められる。そして私のアキレス腱を縛る。本当ならあの時は隣の自転車に掛けていた。これだけでなく人生で行った愚行を第三者として見るだけでなくこのように体感する。なんと恐ろしいことだろうか。一度だから耐えられるこの人生を。死にたくない。目が覚める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのことこそが

ゲームが宗教ともなりえるわけだ、と思う。
スポーツは宗教にはなりえない。猥雑さが足りないし、選民しすぎる。
ゲームは市井のガキンチョがねっころがってやってもゲームだし
でかいスクリーンの前で大勢の観客の声援を受けるのもまたゲーム。
それに上も下もなく。

願わくばゲームの坊主になりたいと。
ゆえに普段より三つのゲームを並列させ・・・
といっても、ノートで露天だし、メインでヒスイ待ちをしつつ
360で格ゲーする程度なわけだが・・・
さりとても人の身を越えることあたわず。

教義はここに書くには卑猥すぎるので終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違和感

そもそもゲームしているのは劣っているということを示す恥ずべきことであるという。
ゆえにわざわざ自分以外の人がゲームしているのを見ると、
ゲームなんてするのという驚きか
ゲームなんてしなくてもという寂しさか
そりゃゲームしかないわなという同情か
ゲームなかったらどうにもならないかという哀れみか
それぞれの人間のグレードに対して判定が下される。

最下層が、同類がまたいる、というライバル心。

恥ずかしくないゲームをする気にならない。
でも私がもしドラクエやってたら恥ずかしいかもしれない
国民的ゲームを貶める理由も無いのでやらないけど、
といっても、私がプレイするだけで商品価値は下がることもないか。

ゲームするのが辛い。ほんとに刺される気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部屋の掃除で鏡をきれいにしたので
ついでにあれを試してみた
鏡に向かって「お前は誰だ」を言い続けることでゲシュタルト崩壊起こすというやつ。

15分くらい頑張ったけど変化が見られなかったので飽きた
ただ多少頭が痛くなってきたのは確か。
で、思い出した。

中学生の頃、別の暗示を鏡使って数週間掛けてたわ。
あれのおかげで壊れないのかもしれない
いいことばかりではないかもしれないが。

その頃筮竹の勉強したりホロスコープ書いたりしてたような気がする。
本気なら危ないやつだろうけどゲームのネタにするためにやってた。
タロットとかもあるけど、占いに使うことはほぼなかった。
私は人の心を読むのがとても苦手だったし、おそらく今でもそうだから。

多分、目が悪いのと乱視のおかげで相手をまともに見られないために
そういう癖がついてしまったんだろう、と思う。

鏡見て思ったんだけど、目に力がないんだよね。
純朴さとその奥の狂気が見えるくらいで。
誰だ、って言われても、別に誰でもいい、くらいの。

I am who I am

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やられそうだったので

帰りの電車でずっと九字を小声で唱えていたら隣に誰も座ってこなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまよんでるもの

COJICOJIかわいい。
メタっぽいけど何とか成立してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCとしての意識

このPCはParsonal Computerではなくプログラムカウンタのこと。

時計を見てて思った。
時間軸にどうして逆らえないのか。
つまり空間の軸に対して時間の軸はどうして自由に進めないのか。
という問いに対して
実は自由に動けているのだけれど
ただそれを把握できないとしたら?

時間軸も移動可能。
ただ移動するとその時間軸の「状態」になってしまう。
逆に言えば時間にはそれらの状態が積まれていて
そこに入るとその「状態」になってしまう。
そして意識はその状態でしか見れないために
まるで時間軸には動けないように、見える。

コンピュータの素養があれば、
「超」意識がプログラムカウンタで、
意識の状態がレジスタに積まれて
並列に処理されるようなものを想像すればいい。

時間実に沿って処理する必要はない並列化可能な処理では
PC自体はあっちこっちにいって処理できるんだけど
PCの「中」からすると、その瞬間にはその処理する直前の瞬間しかつながりがない。

つまり私の意識は、この瞬間にはこの瞬間を意識として処理しているが
その次にはどこかにいっているのかもしれない
でも結局そのどこかに言っている間は処理されないので
戻ってきたとき私にしてみると連続して次の処理に進んでる。

だから?
これをうまく変えれば空間と時間を逆にして、時間が自由で
空間に積むように状態もありうるんだな、と。
もしかするとそれ自体そう考えれば時間から出られるのかもしれない

とにかく今この時間から出たい。
出られる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生という名のマゾゲー

マゾゲーについての研究をしていたが
ふとタイトルのような言葉に思い当たり
終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと期待

FFシリーズの一作目がDSで出るらしい。
しかも原作コンビも参加。
ただ日本で発売するのかなぁ・・・

そういえば社会思想社、もうないんだね。

ウォーロックはあのでかさが邪魔で捨てちゃったな。
そもそもT&TもHT&Tもやる人いなかったし・・・
warhammerもだっけか。

しかし、まだあの頃の原作が生きているとは。
TSRはないけどflying buffaloはあるんだよなぁ。
禍福は糾える縄の如しという感じか。

まあなんにしてもいまさらゲームブックはやれないことがグレイルクエストでわかったので

DSにきたいしよう。

タイタン、探せば出てくるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

наказание

一生分の運動は若いうちに終わらせたと思う。
が、こんなに長く生きるとは思っていなかったので
(若いうちは見積もりが甘いのは仕方ない)
またいつか運動をしたくなる日が来るかもしれない。
ゆえにむやみに劣化させる気もないが
鍛える気もさらさらなく今に至る。

しかるゆえに高々6000程度の肺活量とか握力で
おだてられるとむしろ何なんだと。
まあおだてられて気分が悪くなることもないから
おそらく待合室で本を読んでいて中断されられたために
むすっとしていたからリラックスさせるつもりだったんだろうと。

ま、読んでいた本が悪いな。
私は悪人が嫌いでないんだが、いかにもな必要悪、つまり小説で
理由があって悪にしておくことでそれに対する行為を正当化するという
いかにもな感じが鼻につくとだめだ。
私には合わなかったか。

昔は生きていることが罰でゲームと本は許された息抜きと思っていたが
今ではゲームと本こそが罰ではないかと思いつつある。

ま、辛いことは仕事して忘れよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒歴史

読む本がなくなってきたので適当に数学の本を読んだりする。
全く理解できなくて悲しくなるけれど
なんとなく面白さが伝わってくる。

で見ていたらやばいものを見つけてしまった
現存しているとは思わなかった・・・
直ちに廃棄しようとしてするも、ちらっと見ると
いやもう黒歴史過ぎる

読むからに駄目そうな人の日記。
そして案の定失敗してそれでも変わらない。
他人事のように辛くなる

でも

ぼんくら
ぼうふら
ふらふら
くらくら

っていう詩はわりとかわいい、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーマーも政治くらい分かってないとなぁ

定額給付金の届けが来た。
珍しくうちのインターホンが鳴ったときに読書もゲームもしてなかったので
出てみたら書留で届いた。

昨年は、まさか本気でもあるまい、と思ったけれど
いざこうして手元に来ると、あのニュースの世界はこの自分の世界に
直接介入できるほど近いんだということが分かる。
お金を渡すことすら出来るんだから、奪うなんてたやすいことか。

昨今の政治は良く分からん。みんな頑張りすぎて駄目なことになってるようだ。
私にしてみれば鼓腹撃壌こそが理想なんだがねぇ。

さて、今日は「RMTは売るやつ放置で買うやつ摘発が良い」という
話を書こうと思ってたんだけど根拠がなんだったか忘れたのでやめ。

まえに、mikanも「出会い系サイト規制法」で届出を書かないとなぁ
という冗談のような話を書いていたけど
どうも割りと冗談じゃないようだ。

今度暇なときに・・・といっていたら機を逸してしまったので、次に会ったときに
実際届出を出すに当たっての手順を聞いておこうと思う。

これで名実ともに大人限定ギルドだな。しかし暑いな今日は・・・

続きを読む "ゲーマーも政治くらい分かってないとなぁ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局

iPhoneじゃなくて時計にした。
先日見たときに良かったのが頭に残ってて
三日たっても、いいと思ったから、買いだよね。

明日から毎朝巻かないと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »