« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

続異世界綴記-GWS編その345

▽puzzle

ジグソーパズルというのがはやったときがある。
自分の中というより家族でという感じだけど。
puzzleは好きだったので結構楽しんだ。
おかげで今でも、ノイシュヴァンシュタイン城の城壁を思い出す事が出来るし
最も好きな絵画は「バベルの塔」というのもパズルの影響だろう。

あくまで普通の楽しみ方、つまり作って飾るためで
分解してリプレイとかミルクパズルとかではなかった。
でも、私の作り方が少し違っていた。
パーツをひろうと、そのパーツと原画を見比べてこれはどこだと
確定するまでそのピースを離さないことである。

白一色まで行かなくても、難易度上げたものは見分けが付かない
ものがあるが、そういうのはあまり好きではなかった。
ピースの形状は四角でいいと今でも思っている。

おかげで家族とやっていると邪魔扱い。
特に、分類法でやろうとすると真っ向から衝突する。
まだどのピースも繋がっていないところにぽいぽい置いていくし
原画を独り占めするし。

CSIを見ていて、すごい楽しそうだこういう作業と憧れるのは
そういう性癖なんだろうと思う。
正直、結構雑で勘に頼っているとは思うけど。
その辺がプロなのかも。全部収集すればいいわけではなく
組み立てるための必要な証拠をそろえるのが目的だから
偏執的に細かくする必要も無く。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その345"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この程度で弱音はいてみよう。

危うく心やっちまいそうになった。
熊も出たし。

今私に救いがあるとそれにすがってしまう危険性がある。
なるべく普段どおりにリセットするよう心がけるも
どうしても人としての弱さが出てて
我ながら、嫌になる。
嫌になるからこれを書いてる。

最初言うことが言えなかった。
言えなかったよ、と言えたのはずいぶん前に感じる。
で、その後、すごい後押ししてくれる、山が来た。
その山に追い詰められて、結局言ってしまった。
結果としては、ほとんどヤケクソのように、
社会人の取れる切り札を見せる結末。

ほんとは休ませてもらいたい。
でも休みたいじゃない、休みたくない。
休日も出たい。多分。

でも、逆に考えると
飯の量が減ってきたし、朝なぜか目覚ましがいらないし
ある意味健康といえるんじゃないか。
眠れる薬の代わりにゲームあるし。
失うものがないし。衝動もかなり少ない。
大人になったからだな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強続く

TRPGの話続き。

誰と何をどうやるか、のうち
何を、の部分をいろいろと。
一人参加を表明してる知り合いと熱く協議した結果・・・

1.やるなら王道
2.夜ならホラーで
3.戦闘で燃えたい

の三つから考えようということに。
こっから先は正直オタクっぽいので、
この123でシステムが想像つく人以外は読まなくていいということで。

続きを読む "勉強続く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強中

久々にTRPGするための勉強開始。
さてどうやろうかねぇ。
さすがに集まってセッションするのはなし。
不可能じゃないが集まれる知り合いが無さ過ぎるので
オンラインでやることは確定。

それにふさわしいルールやセッティングなど
いろいろと考えつつ。

pure TRPGでなければいろいろとあるんだけど
金掛かるし、続くかどうかも分からないのであれだな。
どうしても拘束時間が長くなってしまうので
その辺も解決したい気もするけれど。
人数も可変に出来るようにしたいなぁ。

あ、あと私がやるとするとルールが英語になりそうだ・・・
和製はさっぱり分からないので。
その辺も苦にならない人で。
DDやADDとかなら日本語だけど、うーん。

週一回4時間ペースで三ヶ月くらい。
前準備から手探りでいろいろやんないといけない。
もう少し固まったら興味ある人募集するかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その344

▽brain washing

 前から買おうかどうしようか迷ってた
 CSI:マイアミのDVD box買ってしまった。
 といってもシーズン1だけだけど。
 このまま買っていくと数万か・・・

 マイアミの何がいいのかといえばホレイショがかっこいい。
 久々にかっこいい男に惚れた。
 ピカード艦長以来かな・・・
 私はこういう感じのリーダーに心酔する気があるようだ。
 逆に豪放磊落とか俺について来い系は完璧に駄目。

 ついでに買ったマイアミの小説も割と面白かった。
 後半がちょっと雑だったのが残念だけど、映像的には
 アクションで盛り上げるマイアミだから仕方ないか。

 そのテーマが洗脳。
 なかなか踏み込んだ話があったりする。
 オウムの事件も言及されたりしてたり。

 マインドコントロールというのも良く使われるが
 洗脳というのはその中でももっとも怖い手法
 という定義でいいのかもしれない。
 まさに、現在の人格を一旦洗って染め上げる。

 人間をコントロールする、というのは言い方は悪いが
 比較的普通にある。コントロールするほうも別に
 悪意があるとは限らないし、されるほうも不利になるとは限らない。
 例えば映画で感動するとかゲームで衝動的になるとか、
 あらかじめ本人が受け入れたのだろうから、
 それをあえてマインドコントロールとはいわない。

 じゃあ洗脳の何が「悪」とされるのか。
 現在の人格を意図的に破壊してしまうことだろう。
 その状態にされたら何だって受け入れてしまうわけだ。

 まあ洗脳の話はいいや。
 その本の中で、そこである青年の家を家宅捜索して
 ホレイショがこいつオタクだな、と決定付けた一冊の本。
 それがAD&Dのハンドブックだった。
 オタク・・・なのか。原文だとnerdかなぁ。
 私自身はあまりオタクじゃないと思っているがどうなのか。

 最近なんかこう、やりたくなるゲームが無くて
 MMOとかに手を出そうかなぁとか思ったりもしてたけど
 それで思い出した。TRPGまたちょっとやりたいなと。
 時間はあんまりないし、昔やってたメンバーも
 連絡取れるかどうか、みたいな関係なわけだけど。
 いつやれるか分かんないけど、またシナリオ書いたり
 ダンジョン組んだりしたくなってきた。
 今年のひとつの目標にしよう。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その344"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »