« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

続異世界綴記-GWS編その332

▽cactus

 今回は昨日の旅日記。

 温泉ドライヴに乗っけていってもらい、
 サボテンを買い、長いもとベーコンのカレーを食べ
 絶景の露天で日没までゆったりと過ごし
 夜の山道できたきつねとふれあい
 てんぷらおでんに蕎麦といろいろ食べてきた。

 サボテンが今年私の部屋で冬をすごせるかどうかが
 とても気になるところ。

Image024_2
 Trichodiadema densum
 紫星光って書いてあるけど、調べたら
 紫晃星っていうのが正しいみたいで。
 寒さに強いっていうから何とか生き延びるかな・・・
 勿論屋内。我が家で一番暖かいのは多分PCの後ろだけど
 日光が必要かもしれないので窓際に。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その332"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その331

▽off

 ねたもないし先週の旅日記でも。

 書こうと思ったけどリアル話なので辞めとく。
  携帯で取った写真でもあげておこう
Image011Image017

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その331"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その330

▽balloon

 ひねもすのたりのたりとしていたら太った。
 旅に出てもよく食べてたしなぁ。
 運動といえばちょっと沢遊びしたくらいだったか。
 太るべくして太っているので特に問題なし。
 これが食べても居ないのに太ったり、
 食べてばかりなのに痩せたりしたら危ない。

 ものを考えているときは、大抵歩いたりしゃべったりしているんだが
 一線を越えるとほとんど発狂したように見られる。
 発作と呼ばれる。

 あるとき以来その発作を起こさないように自制したおかげで
 唯でさえ大したことのない知性が更にかびてしまった。
 おかげで今も生きている。
 最近時々考えること自体がなくなってしまっていて
 もしかしたら幸せになれるかもしれない。

 ひとつ前のブログを書いていて思い出したのは
 チャーリィ・ゴードンが自分が将来行くであろう
 養護施設を見に行くシーンである。
 私は片目をつむらずにあの辺りを読むことは出来ないだろう。

 読むで思い出した。
 最近読んでいるのは風の又三郎。
 宮沢賢治の代表作は間違いなくこれだろう。
 銀河鉄道は失敗作とはいわないがクスリっぽくていかんね。
 とりあえず私はグスコーブドリが一番だと信じてるが。

 あと、ル・グイン様のヴォイスも読んだ。鼻息聞こえそうな
 この近さ。肩に首乗っけてるような。
 他にこれほど近くてくどくないのはSFであるのかね。
 いやまあくどいかもしれないが。
 映画化しないかねぇこのシリーズ。ここは括弧笑いつけるところか。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その330"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その329

▽pure

 pureはいやらしいとか。
 まあそんなことはどうでもいいや。

 若い奴らと話してて、いやまあ私も若いんだけど、
 一緒に話してて、電車通学はいいなぁとか。
 そいつは電車に乗れば一人はいい女性を見つけて恋ができるとか。
 なんちゅう若さだ、と思いつつ
 女の人を観察してるんだなぁと感心した。

 私も、ある意味観察してるものがある。
 と言おうと思ったけど辞めた。
 pureなんだけど、変態と間違われるから。

 まあここにはちょっと前に書いてたから書くけど
 うちの近くには授産施設があるので、
 チャレンジドな方々をよく見かける。
 そういう人たちが私の気にしている人たち。
 私の中ではその視線は、彼の女性に対する視線に近いかな。
 観察してるって言うほどガン見しちゃいけないんだけど
 意識は常に向いていて、気になる、という。

 そういえばコンビニの女性店員が気になるみたいな話もあったな。
http://t-2038.cocolog-nifty.com/octatetracontadiliahendro/2007/04/gws290_35c3.html
 こんな話を書く私はやはり会話に参加できない。
 最近のその気になる店員は、女性店員と話しながらレジを打ち、
 袋詰めしてから「暖めますか?」と尋ねた。
 その間ずっとガン見して観察して
 もちろん「いえ、いいですよ」と答えて去る私。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その329"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その328

▽sleep

 岩盤浴にいった。
 体重が2kgへった。
 ついでに風邪引いた。
 ずっと寝てた。
 他に書くことあったように思うけどそのくらい。

 やりたいこと、やらないといけないことがあるのに
 ゲームしてしまって何も出来なくなる。
 依存症だからだけど、苦しい。
 寝れなくてゲームしてて耐え切れず吐くとか
 普通なのかおかしいのか。

 とりあえずやりかけのものはみんな消して
 軽くなった。
 少しずつ始めよう。
 他人に優しく自分にももっと優しく。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その328"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その327

パラゴン娘シリーズ
まあこんな感じでちまちま戦っていくしかないかな。
殺せるパラゴンも考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その326

▽wiki

guildwarsをはじめたてのプレイヤーの質問を受けていて
どこかそういう情報の書いてあるところはないかな、と聞かれた。
初心者向けコンテンツというのは、正直探したことは無いので
ちょっと困ったりもする。
MIKANのblogはかなりそういった情報を書いてはあるものの、
探す手段が無い。
blog内検索を書ければ出てくるのだろうが。

古い情報というのは当時正しかったとしても、今では間違いというのも多い。
スキルの読み方(改訂版)も、2年近く前の情報で、今の時点ではあまりに
不足部分が多すぎる。書き直したいがそんな時間があるのか・・・
そういう意味で、blogという形式は、情報のまとめには向いていないが
古い情報はログという形で流れを追っている人には便利だろう。
今の時点でもまとまった情報は、やはりWikiに限る。

guildwarsのwikiといえばguildwiki。すべての情報はここに集まるというほどに
何かを調べる際にはいつもここを頼っていた。
でも、気付く人は気付くが、最近は変わってきた。
公式wikiのGWWが、内容も充実して更新速度も高く、特にGW:ENからは
明らかにGWWの方が質量共に上になった。

そんな中、こんな記事が/.に。(/.Jじゃなくて本家)
http://ask.slashdot.org/askslashdot/07/09/15/0327236.shtml
要は、guildwikiのオリジナルdomain保持者がwikiaにドメインごと売った
という件。別に個人の保有物なら売り買い構わないけれど、
Creative Commonsということで多数のボランティア編集者を集めていたし、
共同設立者といってもいいコアメンバーにもほぼ無断だったとか。
いわゆる内輪もめより一歩引いて、CCのコンテンツをこのように売買することの
問題についてが書かれているよう。

実はarena.netがguildwikiを公式サポートするなんていう話があったけれど
それがぽしゃったのはCCに対応が法的に難しかったからなんてのを見たり。
それでGWWを設立したという流れっぽい。
そのあたりから内輪もめの話があったようですな。

そもそも、もともとpaypalの募金により運営されていたなんてのがあったり
実は自分もわずかばかりですが募金していたりしたんだけど
そのお金の一部が戻ってきたことで気付いたネタ。
ホントに初期は個人レベルの運営だったし、その頃から使っていたので
その程度の募金なら受け取ってもらっていいとは思ったんだけどね。

そういえばGWWも各国語版作るみたいな話があったけどどうなったか。
日本語版はまぁ・・・無理だなと言っちゃうと身も蓋もないけど
需要に労力が見合っていないのはほぼ間違いない。
ちょっとだけでも英語読めればGWWでいいだろうしなぁ。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その326"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はまり

halo3にはまってた。
対戦はほとんどやらずもっぱらcoopで知り合いたちと
voice chatで盛り上がる日々。
この流れのまま360にいいゲームが出続けたら
戻る必要もなくなるかというくらいだけど
残念ながらそうもいかないんだろうなぁ。

おかげでほとんどの作業が滞ってる・・・
書きかけの「今更シリーズ」が三つほど
日記も下書きが4つくらい溜まったまま
DVDも積んでおいてるし
部屋中にXBOXと360のソフトが散乱してるし
洗濯したものがそのまま洗濯槽のまま放置されて
ゴミ置き場がゴミダメというか不法投棄状態になって
あんまり書くとリアルが病んでいることがばれるので辞め。

しかしこの三日間もかなり早送りしたな・・・
三日間で三食。最終日は明らかに弱ってたし。
更にふらふらの状態からバイキングで食べまくったら
一層体がおかしくなる現象も確認した。
血糖値がうまくコントロールできずあれ以上食べたらヤバかった、
ゲームで体壊すようになったらおしまいだな。

何かを書けるとしたら
気分転換にどっかに行きたい
ゲームやらずにすむところへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その325

▽french

 やばい。
 youtubeでfrance five見てたらこんな時間だ。
 思わずはまってしまうそのクオリティ。
http://www.youtube.com/watch?v=dfKdNZCVMXg
 フランス語の勉強にもなるよ。

 

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その325"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その324

▽euphoria

偽装と妄想をあわせ持つのが偽想。
これは幸福に相当する。
対して快楽を表現するのは盲目と妄想を併せ持つ盲想。

つまり幸福は偽りの未来を見る行為。
快楽は未来を見ない行為。

パンドラの箱に残ったもの。
それを希望という人もいるが、
やはり「前兆」というのが正しいのだろう。

未来を知らないこその希望。
偽想と盲想、どちらにするか。
別に両方でもいいけど。

偽想は夢がいいかね。
子供の頃、お金持ちになる夢を見てしばらく
とても気分が良かったのを思い出した。
そのとき大将で肉チャーハンを食べて、帰り道で
噛み切れないビニール片を道に吐き出すのが見えれば
そんな気分も吹っ飛んだだろうが。

盲想はやはりゲームだな。
4人でわいわい言いながら何もかも忘れてゲームする。
やらなきゃいけない仕事を忘れて
しかもそれがやらなくてもいい仕事と分かっていて
自分の首を絞めていく。

ホントに絞まれば夢もゲームも要らない幸せの国。
でも幸せなのは一瞬だろうな。
一瞬と無限の差もない特異点だけど。

明日娘に頭かち割られるのに生きていけるのが人間。
人間はなんてすごいんだろう。
人間礼賛。

前向きに生きたら未来が見えちゃうじゃん。
後ろ向きだから生きられるんだよ。
満員電車も前向いてまともに押し入れば変態だよ。
背中から押していくから力いっぱいいけるんだよ。

ヌルい生き方する自分を許せるやさしさ。
それと偽想と盲想、これさえあれば大丈夫。
という言葉で挨拶に代えさせていただきたいと思います。
ご清聴ありがとうございました。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その324"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »