« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

続異世界綴記-GWS編その260

▽spoil

珍しく頭の頭痛が痛くてアスピリンを飲む。

と、昨日はここで今日の話題のための情報収集をしてしまったので
まとめきれず書くのを断念。

すでにnewsでもなくなったが、RMTが儲かるということを一般の人にも知らせたnews

http://www.asahi.com/digital/internet/SEB200611220017.html
一月あまりで600万円というのは個人レベルでリアルだけど、1.5億も個人なのか。
業者仲介の一人程度だろうか。
こんなに儲かるのにグレーにしておくのはもったいない、ということもあり
最近はアイテム課金ってのが一般的になりつつあるんだろう。

アイテム課金のアイテムがゲーム内でも入手可能にすることは危険かどうか
という議論を見たことがある。
危険というのはいろいろな意味で。
fair、というのを軽視している私にとってみれば運営側の法律上の危険性が
気になるところな訳だが、あまりそっち方面に詳しい人が出てこなかった。
それもそのはずで、このあたりが法的に整備されているとも言えず判例も
ないわけだから、被害者が出てきて、裁判になることで決まっていくわけだ。
その前にいろんな団体みたいなのが出来て決めちゃう、という方向もあるけど。
つまりは利権争いが発生するまではどーでも良いこと。

昔々とあるネットで熱く語っていた頃。
格闘ゲームで「負けそうになったら100円入れたら体力全快」
「いや、最初から200円入れればダメージ2倍」
「ついでに見た目も光れば目立つ」
なんていうシステムを提案していた。実際にどこに問題があるのかを。
人気ゲームで並んでいると、試合時間が延びたら待ち時間が延びて迷惑。
というのは、「ダメージ2倍にしよう。これなら逆に速くなる。」
お金がない人に厳しい、というのに対する答えは色々あったが
「そこに早く気が付いてやめれるから健全」というのが一般的なとこか。

私はguildwarsは全部CE版買ってる。
お金でゲーム内の何かを買っているといえるわけだ。
私はRMTしたことがないが、それは欲しいものが売ってなかっただけで
おそらく欲しいものがあれば、別にRMTをしない理由はないだろう。

でも、CE版を買ってるのは、ゲーム内での優越感、というよりは
いいゲームに対して代価を払いたいという衝動のほうが強い。
そう思うとRMTに代価を払いたくなるとしたらどんなものだろう
手に入るものではなく、お金を払いたくなるもの。
「他のbot業者を壊滅させる価格破壊したRMT」かな。
1000ppが10円とか。
それなら寄付してもいいと感じるかも。

それで思いついた善意のRMT、いや悪意のRMT団体。
bot行為に反対の人からゲーム内通貨で募金を募り、
bot業者より「破格の」価格でRMTしたい人に販売する。
ここで問題はそのお金をいかに業者に回らないようにするか。
直接はもちろん、受け取ってRMTに売りつける手合いも多いだろう。
転売防止は公開された売値買値の中間の価格設定で済むか。
身分証明みたいなものを設定して、奨学金みたいにするか。
まあ、リアル偽募金がここまで横行する昨今、そんな怪しい団体に
ゲーム内通貨といっても募金するやつはいないな。

これは私の価値観だから他の人には当てはまらないのを知ってる。
知り合いがRMTしててもそんなに気にならないし、
嫌いなゲーム会社のソフトを買っていても気にしない素振りをする
嫌いなことをあからさまにするのは恥ずかしいことだと知ってから
酷評しなくなった。というか努力している。が、金は出さない。
でもゲームはしたりする。人を憎んでゲーム憎まず。

思い出した、今日がbestyo発売日だ。
よいもの作る人と関係者にはお金出したいが、ただ乗り団体には出したくない。
こういうのが困るんだよね・・・
世の中結局割り切れないから、妥協していく大人になってしまう。
海賊版ダウンロードするのと同じ心の痛みを製品CD買うときに感じるように・・・

なんかよく分からなくなったので落ちに川柳

裏取引 翌日ハックで 泣き寝入り
よく見れば 俺とボットに 違いなし
見栄張って リアルマネーで ネカマ口説く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

xmen official gameのバグについて

うちだけなのかそうでないのか。
プレイしようとすると、最初の名前決定のところで、
プロフィールがゲストだといわれてしまう。
新しく作ればそれでプレイできるのだが。

いろいろ試したら、xbox liveのアカウントだと駄目らしいと判明。
で、更に試すと、つなげていなければいいらしい。
つまりlanぶっこ抜くしかなかった。
・・・liveに繋がってるとプレイできませんっていいのかこれ。

ちなみに中身は割とよかった。その割とというのはまず期待しているものが
どのくらいかによるんだが・・・。
tomb raiderよりは上という評価。

一晩頑張ればノーマルクリアできるくらいのボリューム。
もうちょっと頑張って何とかアイスマン以外はコンプした。
ナイトクローラーはかっこいいのでやる気になったし
ウルヴィーはごり押しで気持ちよくやれたが
ボビーはなぁ。コミックと映画で一番キャラが違うし。

officialと名が付いているのは、ストーリーが映画の2-3のつなぎになってるからだろう。
3が公開する前にプレイできていればよかったんだろうが
非常に微妙なタイミングだ。
どうせならもっと遅らせてDVDと同時とかにした方がよかったのに。

まあ、いかにも洋ゲーキャラゲーな感じがステキなゲーム。

おまけ
カルセプも買ってみた。先生の指導の下頑張った。
が、どうにも苦手だぜ。
一人でやってたら操作間違えまくってプチ切れた。
この手のゲームに必要な冷静な計算力が皆無だからなぁ・・・
私にとってはこういうのがマゾゲー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その259

▽ashamed

先日、IRCにて、朝の支度の話題で
女性にしては速いとか、そういう話題だったとき、
「私はおきて15secで玄関出れるよ」とか言った。
実際に計測するともっと短縮できそうだ。
服を枕元に用意するか、あるいはそのまま寝るか。

起動時間は早いほうなのだが、睡眠は深い。
一時期、睡眠状態からの意識的起動に取り組んだのだが
睡眠自体がおかしくなってしまうために辞めた。
ちなみに、寝起きで困っている人に、私のやってた方法は・・・
あまり薦められない危険な方法なので注意。

呼吸を止める。
すると人間、生きるために各所が必死で活動を開始する。
このとき、自分の意識で呼吸を止めることが重要。
間違って何かに頼ると、例えばうつ伏せになるとか
これをやると生命の危機に陥る可能性があるのでくれぐれも注意。
人間の危険時の反応は基本的には生きるために働くが
緊急事態の反応なので逆効果になるものがありえるので。
ちなみにその後思いっきり深呼吸する。これのほうが重要かも。

その日はそれほど緊急事態ではなく、普通に起きて出かけたのだが
仕事場でなんか首が苦しい。
無意識で緩めようとしても何かうまく緩めない。
見ると、表裏逆に着ていた。
さすがに恥ずかしかった・・・
一応鏡の前を通ったにも関わらず全然気付かなかった。
通勤は幸い上に着ていたので目立たなかったとは思うが・・・

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その259"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その258

▽childish

前日、ようやく異界入りしたmissionを遅くまで進めていたので遅くに起きる。

雪が積もってたらビデオ撮りに出かけるつもりだったけど、
外見たら積もってなかったので延期。
とはいえ、ただ雪が積もっただけで、街中を1人でビデオ撮ってたら、
怪しまれるだろうか。
こういうときに子供でもいればネタになるんだろうが、
逆にその辺歩いてる子供撮ったら警察呼ばれかねないだろうな。
人間の子供なんぞ写す位ならカラス撮ったほうがよっぽどかわいい

しかし風景を動画で撮ると、1人でぶつぶつ歩いて撮影することになる。
私は独り言を言うときが多いのであまり気にならないが、
気にする人は気にするらしい。
私の使う駅が知的障がい者授産施設の最寄の駅で、よく見かけるか
別に目立つことでもないかと思っているんだけれど。

ところで、今はじめてその施設の「授産」という意味を知った。
子供を生むためのところかな、病院も近いし、と思っていた。
近年に言い換えで出来た言葉かな、と思い調べたけれどそうではないらしい。
ちなみに敢えてがいを開いて書いたけれど碍と書くべきかも知れず
表意文字ならではの問題か。常用漢字という問題もある。

ちなみにこれを書いてる今はかなり雪が降っているようなので
今週末には撮りにいけるかもしれない。
目立たないように黒い服来て紙袋に穴を開けて撮ればいいかな。


続きを読む "続異世界綴記-GWS編その258"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その257

▽of the year

そろそろ年末ムードですな。
年末になるとメディア各所がこぞって「今年の10大○○」とかやるわけですが

これは洋の東西を問わないようで。
そんなものにどれだけの意味があるかといえば、
それを見たり読んだりする時間並みに意義があると思われる。

guildwarsのnewsで、ある雑誌(Billboard Magazine)の
Game of the yearにノミネートされたというのがあった。
それがどういった雑誌でどのくらいの人が見て、といったことはわかんない。
イメージ的には○○walkerみたいなのかと思うけど。

この手ので権威があるのといったらGDCかな。あれは年度末だけど。
選び方も雑誌とは異なるので普通のランキングと一緒にしないほうがいいか。
向こうの有力ゲーム雑誌だとComputer Gaming Worldとかかねぇ。
ゲーム情報集めなくなっちゃったのでもうわかんないや。

さて、Billboard Magazinewにノミネートされた他ゲーム、3部門だけコピペ。

[Game Innovation of the Year]
ESPN Integration in NBA LIVE 07 (Electronic Arts)
Microsoft XNA Game Studio Express (Microsoft Corporation)
Zuma (PopCap Games, Inc.)

[Console Game of the Year]
Half Life 2: Episode One (EA Games)
The Elder Scrolls IV (2K Games)
Tom Clancy's Ghost Recon Advance Warfighter (Ubisoft)

[Multiplayer Game of the Year]
Dungeons & Dragons Online: Stormreach (Atari)
Guild Wars Factions (NCSoft)
Second Life (Second Life)

Multiplayer Gameは順当にSecond Life>>>DDO>GWFだろう。
SimsとかSecond Lifeとか向こうの人好きだね。
逆に日本ではなかなか根付かないが・・・最もアバターカジュアル系は
日本だとゲームに入れないことがあるのでホントはどうか不明。

Console GameはElder Scrolls IVだろうが・・・結局やらなかった。
日本語化の問題も少しあるけどやはり大作は敬遠気味だ。

さて今回の突っ込みどころはInnovation。
パクりも開き直ればInnovationということに。
私は当事者ではないのでゲームに面白いもの勝ちの意識が強いけれ
作る人を称える点では盗作メーカーなんぞ買い捨てメーカーの次に劣る。

zumaも結構プレイしたが、その10倍くらいはパズループやってるし
(というかゲーセンで人待ちながら半日やってたことも)
ネットでも調べていたのでいきさつは多少なりともわかっているが
やはり知らなかったら分からないこの手の問題。

「人を憎んでゲームを憎まず」がモットーなので
だからZUMAをプレイしないとか、パズループ以外許さないということもないが
POPCAPは信用してない。
そろそろmicrosoftとか買うんじゃないかねぇ、あそこ。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その257"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10 years ago

 年中置きっぱなしの汚いコタツの上に妙な角度で固定されたゲーム機。
 14インチのテレビを凝視する二人。
 明かるいと見づらいからと昼間でも締め切られたカーテン。
 ここだ、ここ、ここに摑めと指差す方が私で
 コントローラーでその通りに動かしていたのが奴だった。

 あれからもう10年になるのか。

 連絡の取れる数少ない親友の一人が、ヒルズのマンション暮らしから帰ってきた。
 お互い少し太ったが、まあ変わんないな。
 今回は懐古趣味でいってみた。
 10年前と同じ、プレイするのはトゥームレイダー。
 深夜までゲームして、大将で飯を食べる。

 トゥームレイダーは名作、だったのはほぼ初代だけだと思う。
 7作品がこの二人ともう一人、3人によってうちでクリアされてきたが、
 悪くはないにしても絶品ではないだろう。
 というか、どんどん質が悪化して最後はもう半端なゲームに。
 海外との評価の差がここまで大きいゲームも少ないだろうが
 あっちは、まあ、キャラゲーですらあるからしかたなし。
 にしてもまあ、いいゲームではある。

 さてレジェンド。
 落ちていったトゥームレイダーに対して現れたこの手のアクションパズル
 プリンスオブペルシャに対抗しているのがひしひしと。
 さて、ずばり書くと
 「よくここまで持ち直した。今後に期待」か。

 かなり簡単にプレイしてもらう姿勢が感じられた。
 一晩正味12時間でクリア。
 ノーマルだし、goldも半分くらいしかとっていないのであれだが、
 謎解き、トラップもおとなしめで何より即死以外でなかなか死なない。
 愚策トライもあまり多くなく、ゲームとしては標準か。
 映画から入った人でも結構気楽に解けるレベルだろう。

 最近流行の物理を利用するのはいい感じ。
 もっとやってほしかったかなぁ。
 アクションの見た目や演出面はかなり高くて見てると楽しいし、
 戦闘も面白くするようにしてるけど
 ボタン押すだけのアクションシーンは要らないなぁ。

 映画も出るみたいだし、まだまだ続くのかな。
 PoPとともに出たら買うゲームなので期待。

 まあしばらくこっちにいるんなら、ちょくちょくゲームするべし。
 っていうか360買え。
http://www.spike.co.jp/x-men/
 これとともに買え。
 オンラインで二人同時プレイさせてくれればなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その256

▽lullaby

世の中広くとも、PCに向かって子守唄聞きながら仕事する人も
そうそういないに違いない。
というわけで今日は夏川りみのファムレウタ聞きつつ。

英語にすればララバイな訳だが
これだと「さぁ眠りなさい」の印象が強すぎるだろうな。
とはいえ、子守歌というのは絶えてしまった慣習なのだろうが。
それについてはちょうど放送禁止用語について調べるうちに
「竹田の子守歌」に出会ったときに読んだ。
日本が世界に誇るテレビドラマ「おしん」を思い出せばすぐに分か

ることだろうが。
といっても20年以上前なので私は知らない。

このアルバムに入っている島原の子守歌ではなく、
オリジナルの島原の子守歌の歌詞なんか調べると、
国民的童謡の「あかとんぼ」なんか目じゃないかつてのリアルがある。

歌は世につれ世は歌につれというが、CDとJASRACの時代の歌は、
後世に何を残すのだろうかと。
進歩と公平の時代か、軽薄と拝金の時代か・・・
ともにリアルなわけだが。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その256"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その255

▽meanwhile

*続異世界綴記シリーズに入れました。中身一緒です。

 欲しいものがある。
 珍しく、かな。
 ゲームやPCとは全く関係がないもの。

 値段はPS3より安いくらい。
 それより手に入るかどうかが問題、かな。

 一昨日出かけて、店を見てみたところ
 一番高いのだけが二つだけ入荷と飾ってあった。
 さすがに買う気はなかったけれど、
 現物を見ても、その欲しいなぁは変わらなかった。
 見たら、欲しくなくなるかなとも思ったんだけれど。

 こうしてみると"blood will tell"
 うちの親父も、新しく何か始めるたびにまず道具を買ってた。
 そして母親から呆れられてた。

 高い確率で部屋飾りになるんだろうし
 最近ちょっといろいろお金使っちゃったし
 でも、予算キープして封筒にでも入れておこうかな。

 しかし昨日も出掛けて、晩飯なに食べようかと迷って
 仲間たちとうなぎ食べに行ってしまったり。
 しばらくは質素に暮らすかな・・・フランスパンとか。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その255"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その254

▽mail

秋です。
先日おいしいおでん食って以来、コンビニのおでんが見るのも嫌になりました。
半月ほど前に安売りしていたときには食べていたのに、人間怖いものです。

しかしこちらは今年は暖かいです。
今日も雨でした。といっても長崎ではありません。
普段なら雪になるべき時期なのに、という意味で。
まだコスモスが咲いてました。
苦労はしても笑い話に時が変えるということですね。
そんな二十歳の私です。
いやなぜここで強調しなくてはいけないかがわからない人は気にしないでw

DVD第二版作成してます。
今回はチャプターも打ちました。
タイトルのところのBGM、変えようかなとかいろいろと。
といってもうちにあるのはほとんど一青窈なんですが。
「ハナミズキ」という中身にも合った曲が大安定ですが、どうも定番過ぎて。
そんなわけで昔よく聴いた曲を探していたりします。

そういえば、一青窈のベストアルバムが月末発売です。
また買ってしまうんでしょうなぁ。
私の部屋はゲームBOXとDVDBOXがあるのですがそこすら一杯で
一青の音楽CDはすでに山の中やDVDの上などに散乱状態です。
もう、聞きたいと思ったときに探すのは無理なくらい。
こんな私をターゲットにしているんだ、と自分を納得させてます。

guildwarsですか。
新しい拡張を、一日一歩のペースで進めています。
昔はRPGマスター、なんて呼ばれてたりしましたけれど
あれは単にやり始めた時間が早かっただけです。
よーいドンではじめたら、かないっこないですね。
だからもはや潜在的に、そういう"fair"な戦いを回避してます。
予め有利な状況、不利な状況を作ったうえで楽しむと。
そういう意味でもRitualistが好きなんですよね。
あらかじめ精霊を置いておけばかなり有利に。
そんなわけでまたRPGやらずに精霊で遊んでいます。

今回はいつもと違いメールっぽく書いてみたT.2038

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その253

▽afterthought

先週末は3連休だったことを思い出した。反省してみよう。

まず一日目。
昼起き、というか動き出したのは17時だったような気がする。
everio持って秋狩りでも行こうと思ったけど、結局散歩というか買い物。

人の多いところにはなるべくカメラ持っていかないようにするのもなんだか変な世の中だ。
日本語版gwsとレインマンのDVDを買って帰る。
jpでC3プレイするのかどうかははなはだ疑問。
それ以上にレインマンを買ったのが疑問ではあるのだが、おそらく新興宗教の調査をする過程でトムクルーズについて読み、それで思い出して見たくなったんだと
私の中では「新興宗教」と「既存宗教」の壁を無くすという考え方が強くなっており、
・・・まあこれ以上話をすると長くなるからいいや。
とにかく名作なので荒んだときに見ると潤う。

二日目。
今晩までに作らないといけないことがわかり、6GB近かったデータを再編集で4GBまで落とす。
本や雑誌で勉強するほどの年齢でもないが、DVD作成位はやれるようになっておきたい。
しかし待ち時間ばかり長くてその間メインマシンでゲームできないのが腹立たしい。
サブマシンでネット見たり360やったりして時間つぶす。
夜は個人的におでんで店を決める。
これがおいしい店で好評。食い物はかなり良かった。
あのくらいの人数だとベストな選択肢ではなかろうか。予算は飲み控えてギリギリだが。
その後うちになだれこんでDVD見る。
もう何年も会ってない連中をこうしてみると言うのも感慨深いか。
予想より好評だったのでちょっと安心。
ただし、チャプター付けてなかったので、早送り巻き戻しが大変だったというのが反省点。
だらだら見るものでもないし。

三日目。
ようやくまともにguildwarsをプレイする。
RPGをPとDとHeroからなるチームでどたばたと。
4人制限だったり8人制限だったりと入れ替わるのが面倒だった。
レベルで人数制限とかにして欲しいものだ。
臨時同盟会議は2ギルドの同盟加盟の運びに。
なかなかギルドって長続きしないものだなぁとは思う。
というか定常状態は続かないことを前提とするべきだろう。
私は辞めることが悪いことだと思わないし、むしろ辞めるに辞めれないという
廃状態にはならないようにしたいといつも思ってはいるのだが。
人としてはやはり悲しい・・・
出るも入るも敷居を低く、と。

ギルドも同盟も道具なので本人の使い方しだいではあるけれど
みんなが使っていかないと錆付いてしまう道具ではある。
油差したり道具増やしたりは誰かがやらないといけないのかもしれないが、
その辺give&takeでは割の合わないボランティアになるかもしれず。
まあともかく、去るものは追わずだったら去ってばっかりで寂しかったところに
新しく来て頂けたと言う事で歓迎。

同盟はまだ空きがあるので募集中です。ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

続異世界綴記-GWS編その252

▽party

C3は進めるかどうか怪しかったけれど、paragon娘で始めた。
ようやく大陸に渡る。
ちなみにheroはほとんど使っていないのでほぼデフォレベル。
常に誰かに頼って生きるmotivationの高い娘だ。

solo志向が高くなったかなと思ってかなり敬遠気味だったC3だけど
そうでもないかなと思い始めていたり。
だるいだるいといわれるサンスピアポイントは人と一緒にやってもはいるから
ひとりでやるもんじゃないと。

まあ一度soloの道に入るとなかなか戻れないだろうけれど
buildからしてもう他人任せのparagon娘を作ってhero育てないと決めると
それ以外の道がないものだから割り切れる。
あとRtも同じだ

人がいなかったら野良・・・がほとんどないのがなぁ
C3はmission見たいに切がよくないので集まりにくいのが悪いぜ
まあサンスピアならどこでもいいので呼んでくれーと。

ってまあ、私プレイ時間少なすぎだから足引っ張っててごめん。
みんなメインキャラやってて、サブ出来てくれる感じだ。
もう半分くらいの人クリアしたのかな。

とりあえずプレイヤーもキャラもモチベーションだけは高い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その251

▽cult

 都会では自殺する・・・

 んまあゴミの焚き付けはまだまだ火力がありますな。

 むかし、予備校なんていうところに通ってたり。
 そこで学んだ数少ないことに・・・
 ってこの話し最近書いた

 さてもまあ、ニュースで取り上げるときに
 自殺することの影響の大きさだけを取り上げるゴミ。
 謝る教師や泣く友人見ることで自分も同じ救いを求める短絡さ。

 まあそのくらいのガキの時分に自殺する方がよいのかもしれない。
 30-50の自殺なんぞ多すぎてゴミもニュースにしない。
 毎年何万と死んでるんだから、首つったって見向きされやしない。
 若いうちが華って奴だ。

 最近久々にconstantineみた。
 自殺者は天国にゃいけないってのがキリスト教。
 天国が混みあっちまうんだろうな、そんなことすると。
 死なないでこの世界長く生きるやつは大体地獄行きだ。
 まあ天国よりはよっぽどか楽しそうだが。

 しかしなんだってゴミは若い奴に死んで欲しいんだろうか。
 そんな面倒なこと考えてないのか。
 まあいじめたいんだろうと思うわけだ、何かをいじめ続けるのがゴミの宿命。
 今回は学校と教育をそのターゲットに選んだ。

 それより問題は今日の雨だな。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その251"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その250

▽needless

 脱力感というかしばらくなにもする気になれず。
 食欲も減退してきた。
 そういうサイクルになったかな。
 まあ仕方なく生きる。
 死ぬにはいいタイミングなのかもしれないがね。
 死ぬほどの価値があるものでもなく。

 
 

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その250"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »