« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

続異世界綴記-GWS編その179

▽exposed

勿論今でもかなり高い評価はしているし、他のゲームの体たらくとは
比べ物にならないんだけれども、それでも。

arena.netの、今年、特にGWWC以降GWFまでの動きは
私の目で見る限り褒められたものではない
やる予定とか言った事が規模を縮小したり、
直前まで状況が分からなかったり、
playoffの日程なども、前回は偶然上手く言ったのか、と
思わせるほどの運営で、正直残念だった。

言い訳は出来るのは分かった上で苦言を呈すれば
二兎を追えば必ず無理が生じるし、無理をすれば必ずひずむ。
もっと自信を持って、無理なことにはNoを出すべきだろう。
行ってしまえば金出してるところがそろそろ回収するべく
プレシャーをかけてくる頃だろうから、それを如何に凌ぐか。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その179"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その178

▽alliance

 ネット上での公式な司会は久々と思う。
 nifty以来かもしれない。
 今回は特に、面識ない方も来てくださったし、
 傍聴してる方も多かったので緊張気味。
 もう少し前準備して置けばよかったと言う反省。
 話をしてるといろいろ出てくるし。

 やってるといつも時間が早く過ぎるなと思う。
 1時間、最悪でも2時間と思ってたけれど
 2時間一杯一杯掛かった。
 議題が多すぎたかな、とも思うけれど。

 さて持ち帰った問題が二つ。一つは早々に決めないと。
 もう一つの方も難しい問題だな。
 ゆっくり解決の道を探るというよりは、拙速は遅効に勝ると
 すべきところかもしれない。

 いまこの変換が「節足ハチ公」で、思わず忠犬ならぬ
 忠ムカデを想像してしまった。
 節足動物が毎日お出迎え。一匹なら割とかわいいかな。

 ガキの頃に山の中で腐った板ひっくり返したら
 彼らのハーレムを全壊してしまい、酒池肉林(昆虫視点)の
 ありさまを見ているので、数いると怖い。

 ともかくfactionの情報集めしないとな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その177

▽rush

lagもどうやら落ち着いた模様。真相は不明だけれど
描画周りではないらしいのでとりあえずはokかと。
mikanのblogの方に書いた強制dx8オプションは、
もし戻しても問題がないのであれば戻すことをお勧めしたい・・・
けどやっぱり駄目みたいな人もいる様子で。

現状のビデオボード界はどう考えても異常な状況で、
ゲームのためにしか使わない高性能ボードがどんどん出る。
そしてそれを使うために出るOSとかも予定されてたりで
つまり、まあ、ゲーマーはカモ。
ネギ背負ってる人はビデオボード以外も食いつきますが。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その177"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その176

▽unplayable

lagひどいらしいですね、最近。
私はplayoffのために、特にアジアの帯域を別枠で確保する特例を
引いたのじゃないかと思ってました、決勝韓国でしたし。
でも、聞いて見るとYBBが特にひどくて、後はまた重くなったかな、程度だそうで
経路の可能性が高いです。
もう一つは、収大牙が多すぎるからという話も(分かんない人は流して)
人口的に見れば日本からアクセスが0でも大差無いくらいに、
JPの夜の時間帯も全体のプレイ数が増えたのではないかと思います。

つまり、今までが軽すぎた、と。
DF runなんか半分目をつむったって出来ると言う時代から
iron mineですら一人で走ると巻き戻りハメくらう時代に。
重いときはrunの仕方も変えないとまずいな。普通じゃ死なないtrollがうざい。

まあ、私の場合はそれ以上にプレイできる時間の確保が問題だが。

faction前にmissionクリアしちゃおうシリーズ、ついに火山入り。
募集したらmoがいない。
そろそろ出すかな裏技、というわけで2accプレイしようとしたらみんなから止められる。

確かにGWSは妙に2accプレイが大変。bond張ってちょっとずつ動かしながら、とかするなら
普通にsoloしたほうがいいような。私の場合は、moをmainにして
rで自分の周りにtrap張ってspirit置くと言うスタイルでmissionのhelpするけど。

まあ今回は人も多いし、mo出来てくれる人も居たので無事終了。
つい先ほどラストもクリア。最後は勢いで。
今日はmoでやったので今週2週目やる予定。人が来れば、だけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その175

▽vigil

 なんかいろいろやったような。
 GvGはBiPとなに組み合わせようか考え中。
 missionはTHK終了して、cpature runしたので
 そのまま火山へ。

 なんか徹夜でゲームのチャットをしてた。 久々ゲームの話で。
 20年以上前のゲームの話もしたけれど
 それはすべて復刻版でプレイしたり、おじさんがプレイしてた話なのでよろしく。

 ま、なんかそんなところ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その174

▽sword

今日は雨。久々に洞爺湖丸を携えて出かける。
昔の戦友の形見である。正確には、洞爺湖丸・陰。

かつて共に剣の腕を磨き合った、というか私が一方的に
あの手この手を開発し、それを奴に打ち破ってもらうのを楽しんで

いたと言うべきか。
奴の腕は上がりこそすれ、こちらは決して上手くならなかったのだから、
私が奴を鍛えたと言ってもいい。
その奴が盟友であった私の弟子と分かち合ったのが、この洞爺湖丸・陽と陰。
巡り巡って今私の家にある。

滅多に私が人を褒める事はないのだけれど、
奴の剣には色気があった。艶というべきか。
今もどこかの田舎で剣を振るっていることだろう、と。
肉を切らず心を斬るという心意気はいまでも残っていることだろう

勿論この洞爺湖丸も切る事は出来ない。突く事は出来るが危険なの
普通にさして歩くのに使うのだが。さすといっても脇差しではなく
傘だから広げて差す。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その174"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その173

▽long for

GWFが楽しみになってきた。
ベータでやった限りちょうど良いくらいのマゾ度なRPG。
といってもあれはskillが腐れているからと言う話もあるか。
今じゃRPGでは鬼のように強いbuildがいくつも開発されてるから
あっという間に蹂躙されるかもしれない。

私は決してマゾプレイヤーではないのでほんとにきついのは勘弁。
今日歯医者で歯石取りと称して拷問を受けてきたが、かなり涙目。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その173"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その172

▽addiction

この一つ前のエントリは美化した書き方だけれど、
もう二度と来ないあの時、というのは、ダークサイドも存在した。
guildwarsを始めるに当たり、その過ちは二度と犯さないように
心がけている。むしろ、そうはならないゲームを選んだ、と言うべきか。
ゲーム依存症という表現は私は正確ではないと思う。
少なくとも私のそれはそうではなかった。

大きく分ければ二つある。
一つは、ゲームが自分に依存していると言う錯覚。
もう一つが、あるかもしれない事を見逃すことの恐怖。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その172"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルバム

ゲームマシン一台ついに放棄することを決心する。
正確にはwindowsやめてlinuxにする予定だけど。
かつてDAOCやってたころのメインマシンなだけに掃除するといろいろでてくる。
二回はHDDぶっ飛ばしてるので本当に古い記録は電子の海に帰っているけど
懐かしいものがいろいろと出てきて
♪古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱい
の曲が流れてきて少し熱くなる。

今でもある頃の知り合いと少しは付き合いがあるし、(そういえばnieceさんもだけど)
まだプレイしようと思えばプレイできる・・・かな、expireしてるかな。
でもほとんどの友人とはもうコンタクトできなくなってしまった。

♪時は無限のつながりで終わりを思いもしないね
あの頃はずっと俺たちここに居ると思ってた。
そんな私も卒業してもう一年余りか。
先日珍しく戻ってこないかと誘われたけど、もうさすがに何も残ってない。

♪少女だったといつの日か思う時がくるのさ
それは無いな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その171

▽11pm

 大体帰ってきて、飯を食べるとこの時間。
 それが普通なので慣れてしまっていたが確かに遅いといえば遅いか。
 おかげで普通の時間のゲームには参加できないし、
 私の募集が夜遅すぎると不評。

 というわけで、昨日のglintツアーに8人揃ったのでびっくり。
 正確にはもっと居たので一緒に行けず残念。
 faction battle12人プレイも可能だねこれなら。
 結果を言ってしまえばmissionは楽勝だったものの痛恨の失敗・・・
 はじめに死にすぎてしまいいきなりmo無しrezなし4人。
 それでも3割までは減らしたんだけど・・・

 そのまま腹いせにGvG行こうと話が出たけど時間も無いということで解散。
 やはり遅い時間なのがきついか・・・
 日本人と時間が合わないのかな。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その171"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その170

▽instant death

暇な時はRAでwar即死の練習。といってもwarで即死ではなくwar殺し。

inepが142、clumが97なので239ダメージ。
frenzy入っていても478ダメージでさすがに死なない。
ここにもう一押し。

出会い頭にphantom painを入れて見る。
10sec -3degeneなのでトータル60dmg。
そして切れたらDW。560healthからでもこれで十分死亡。

確実に決めるにはDWにしてから発動だが、まあ通常攻撃でも殺せるだろう。

とはいえ普通RAだとfrenzy使わない。
これだと300程度のダメージでDWでもhealth100以上残してしまう。
conjure入れてギリギリ死ぬか死なないか。
endure painな相手ならそのまま放置して行けば死ぬが
厄介なのがhealing signet。

さすがに脳筋でもある程度は防御仕込んでくるのが最近のRA。
というわけでhealing signet対処を。
最初はIgnoranceにして見たがこれがまた重い。
Leech Signetにしてみる。
spellじゃないのでeneが来ないしrecharge長いがそれでも一発目は止まる。
trollも潰せるのでRanger即死も狙える。
勿論普通にrodgortとか潰してeneも稼げる。
healing signetのrecharge4secを

裏Rにしてdist shotとかもわりとアリかと思ったが
trollはstance入れて使う人が多いのでleechの方が上か。
こうなるとhumility入れてMantra of Inscriptions装備もありか。
さすがにslot足りないのでちょっと厳しい。

GvGだったらPrimal Echoeっていう手もありかと。
ene足りないと使え無いからvisageとの相性が良い。
とまあ考えてるけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺道

いささか唐突ではあるが、真にまずいラーメンとは心技体が揃って無ければならないと思う。

心とは作り側の心。
やっつけ仕事という程度ではまだ心が足りていない。
やる気がない、というあたりで合格にしたいところだが
上を目指すのなら「心から客に不快感を与えようとする」レベルが欲しい。

例えば、注文を取る際に、「聞きに来ない」では駄目で
そそくさと現れて何も言わず脇に立ち、「注文言って良いのか」と戸惑わせた上で
「これを一つ」と指をさしてもこちらを向いておらず聞き流され
「すいません、この塩チャーシュー麺を」といったら
何も言わずにメモを取り去って行く。
勿論来るのはミソチャーシュー。

注文と言うのは芝居で言えば「序」の部分で、
これから来るドラマを予期させる物でなければ行けない。
ここで丁寧な受け答えをして客に安心を与えて落すタイプの店もあるが
まずさにはスパイスは入らない。直球勝負こそ王道。

技に関してはことさら挙げるまでも無く。
まずさを求めるあまり作っている過程まで覗き見ようとするのは、個人的には
マナーに犯していると思うので、ここではラーメンが卓に届けられるその瞬間
または、口に運んでしまったその瞬間を「破」としたい。
「仕舞った」「ヤバイ」「来たよこれ」など色々な顔が出るものだけれど
やはり上を目指すのなら「時が止まる」レベルに期待したい。
卓におかれたその様、口に入れて広がる違和感、その瞬間に
回りの時が止まり、静寂の中ラーメンと一対一になる。

体は体面と考えている。つまりは全体の見た目。
真にまずいラーメン屋ならまちがいなく店の風体もそれにふさわしい。
窓がない、薄暗い、ガラスにガムテープ、ゴミが放置といったものも重要だが
やはりここは一つ看板と張り紙に注目したい。
看板は顔。通ならこれだけでまずさレベルが判断できると言うが
私ままだそこにいたらないので、「張り紙」に注目している。
大体の危険な店にはこの「張り紙」がある。
店によっては張り紙ではないが、ともかく店がわからのダイレクトのメッセージが
そこに記されている。
これ無しでは、パッケージ裏のあおり文句のないクソゲーのように
ただの駄目ラーメンになってしまうと。

私の住んでいるところはこうした店に事欠かない、通にはたまらない土地だが
そのなかでも特に私が目をかけている店がある。
ここ数年詣でしていないのでそろそろいきたいのだが、
命に関わるので万が一の事を考えると連れが欲しい。
しかしそう思うと食べたくなってきてしまう禁断症状。
まあその前に潰れている心配をした方が良いな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その169

▽Ineptitude

 風邪の次は虫歯。こういうものは続くものだ、と。
 まあそれほど忙しくないときに全部終わらせとくのがいいか。

 gwsはillu mesがマイブーム。
 単にfrenzy使うwarをinep+clumで即死させるのが楽しい。
 buildをもう一ひねりしてGvG向きに変えたいところ。
 visageしてritualいれてディフェンシブに。
 んー、本体のene足りない。

 mo/meにとってみるとinspi hexは結構いいene回復。
 hex使うならこれの割に合うようにしたいところ。
 illuだからといってconjureやppにこだわることも無いか・・・

 枯渇以外ならmeやりたいと思うこのごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »