« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

続異世界綴記-GWS編その145

▽ages harm

 メインキャラの/ageが1200時間近かった。
 9ヶ月で1200時間だから、一日4時間。
 そう思うとかなりやってるな・・・
 GHに放置してる時間が結構あったにしても。
 これだけプレイしてしまうと老害が出ているのかもしれず。

 崩壊前のゲームの雰囲気は、guildwarsの中でも特殊だと思う。
 見た目と言う点でもそうだけれど
 なだらかな丘陵地、襲って来ない敵、広くて自由度の高いマップ、
 各地に点在する町とNPC。
 これは割と一般的なMMOの雰囲気に近いと思う。
 私がguildwarsを最初にプレイしたのはここじゃなかったので
 最初に崩壊前をプレイして、少し違和感を感じた。
 なんか普通だなーと。でもこういうのも良いよなと。
 崩壊後はちょっとせわしないよね。

 さて、正直書けば、私は自分に自信がない。
 日本語版で始めてプレイする人達と一緒に楽しんでいけるのか。
 そんな発言とかをIRCでしてたりする。
 日本語版やってる人を差別するというよりは、
 むしろ自分が老害にならないかが心配という。

 必要ない、といわれるのも寂しいし、かといって全部leadしてしまうと
 ほんとに良いんだろうかと。
 とまあ悩みつつプレイしていて、結局ずっとinter Dでやってたりした。
 崩壊後すぐmissionやらずにyak行こうとして死にまくって終了
 なんか疲れた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その144

▽Japanese style

 予定通り日本語版を購入。6100円だったかな。
 ベータは日本語訳を見るためだけにアカウント取っただけだった。
 よって全く最初からプレイする。崩壊前は3ヶ月ぶりかな。
 日本語の人達の名前が面白くて良いね。ギルド名とかも良いセンス。
 でも、個人的には日本語も2単語以上に分けるシステムにして欲しかった。
 フルネームで呼ぶのが大変だろうなぁとおもう人も。

 一回予約キャンセルしても買った理由は、英語アカウントで日本語チャットが
 「漢字が欠けまくって読めない」と言うのが一つ。
 この現象、私以外のところでは起きていないようなんだけれど。
 (みんな気にしていないのかな・・・)

 もし、うちのメンバーで漢字も文字が欠ける方がいるのであれば、
 guildchatなどで漢字を使う方に遠慮してもらうようにお願いしないと
 いけないかな、と思ってる。
 とりあえず私だけだったから、いいや、買っちゃえ、で買った。
 日本語でしゃべった方が良い場合(guildのinviteなど)もあるし
 日本語版での質問もある程度対応したいとは思っていたし。

 というわけで、漢字が欠ける人がいましたら教えてください。
 ちなみに自分で2accにして、読めない漢字リストとか作れますが
 なんとなくハード依存な気が。
 こういうのはレポート送るべきだとは思いつつも
 英語版は日本語選択不可にしたというのはこの辺り解決できないからかもと
 思いつつ様子を見ています。

 英語版での日本語問題についてはIRCでもリアルでも話すことも。
 個人的には技術的問題(中国語との絡み)なのかもなぁと好意的に思ってるんですが
 相当不評であると言う事は確か。
 内情とかしらないのに書くのは躊躇われるわけだけど・・・
 わたしに出来る事はプレイヤーとして出来る事なので、
 racotieさんの作られたskill listに、日本語版のスキル名を追加する作業をちまちまと。
 CSVにして置けば良いかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その143

▽buzz phrase

 nieceさんのblogが10万ヒットの大人気だそうだ。
 まさか無更新日記がこんなことになるとは恐るべし。
 それに対してこのblog、Guildwars関係の話を「書くと」人が来ない。

 聞いて見ると、私のguildwarsのblogは
 「読みづらい」「意味分からん」「略語多すぎ」「長い」
 「こっちが頭悪くなったかのように思わせる」と非常に不評。
 日記なんだから読者の事考えない文書かせてくれと思ったが
 読み返すとなんか改行がぐちゃぐちゃになってさえ読みづらい。
 最低でもそのあたりは修正しようとは思う。
 分かんない略語は読み流して貰えば良いかと。
 気になる方はIRCで質問して(笑)

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その143"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その142

▽eight faces and six arms

 日本語ベータ終了ということで、日本語版の方には開始前に少し我慢


 時期になってしまいました。
 日本語版からのプレイヤーの方も来ていただき、サービス開始したら
 いろいろ楽しめればいいなと。
 まぁ、慌ててたところで逃げはしないですから、自分のペースで、と。

 うちのguild、最近はゲーム内が静かでIRCが賑やかな事が多いです。
 一旦ゲーム始めてしまえばguildchat見ている余裕もそうはないですし、
 実質chatはIRCで、募集とか呼びかけをgameないでやる形で、
 あとは個々のゲームでパーティーチャットを使っているのでしょう。
 半分くらいの人が、GWSをwindowモードで、IRCなどをみながら
 プレイしてるんじゃないかなと。
 この方が自然かなと最近思っています。


続きを読む "続異世界綴記-GWS編その142"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から晩までの日記

 昨晩GWFのblog3つも書いたので、さすがに眠くて風呂入ってそのまま倒れる。
 明け方全裸で毛布一枚なのに気づく。寒くはないが体から冷たい。
 外だったら冷凍マグロだった。
 窓に立ち外を見れば、ガラスが曇る。
 こんなに冷たくなっても生きているものだなと思う。
 むしろ割と健康に良いのかもしれない。

 病室の従兄弟の姿を思い出す。
 あいつの手は今の俺より冷たかったんだろうか。
 真っ白な病室から見える公園で、
 あのときの僕は必死に凧をあげようと走った。
 風のない、雪もない、穏やかな冬の日。
 3mも上がらず、息だけが上がった私の携帯電話に、
 上がったの見えたよとメールが届いていた。

 雪の帰り道、交差点。鳴り響くサイレン。
 救急車が赤信号を進もうとうなり立てる。
 でも、進めない。
 携帯片手に青信号を走り抜ける車を目でずっと追ってしまった私
 多分あの車は、救急車に乗ったことも無ければ、
 病院へ急ぐ友人の手を握り締め続けたこともないし、
 交通事故で救急車がくるその余りに遅さに怒ったこともないのだろう。
 幸せ、なんだろうなと。

 不幸にして不幸を知らないこと。
 幸せはそういうものなんだろうかと。
 忘れたいことを忘れられさえすれば
 幸せになれるのかもしれない。
 代われたら、と思って流した涙の無駄なこと。

 湯船に浸かって思う。
 出会わなければ幸せだったんだろうか。
 生れ落ちなければ幸せだったんだろうか。
 このまま湯に入っていれば幸せなんだろうか。
 あなたに会えた、その不幸に。

 でも今日は全裸で寝るの辞めようと思った。
 一日中腹が下ってたからこんなこと考えてたんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その141

▽fever heat vol.3

・tomb

 qooさんと、faction稼ぐには何がいいかなぁという話をして
 tomb言ってみることに。正確には、HAというべきか。

 ちなみに私、去年の7月くらいからfame5くらいしか増えてない
 rank2です。もはやrank3ですらほとんど入れないtombだったけど
 人が増えたいまなら入れるかな・・・
 ・・・
 ・・・やっと入れた。なになに?EoE build?

 これがうわさの自殺ビルドか、なるほど。

 要領を得ないメンバーに苦戦しつつ、私はTSで英語の聞き取りに
 苦労しつつ(通じないのでしゃべるのは途中で諦めた・・・)
 スピードの速さだけが取り柄で何度か勝ってHoHいっちゃったり
 したければまあRank20に勝てるはずもなく。
 結局時間対効果ではいまいちだなと。

 GvGで勝ってる人たちや、tombで勝てるチームとかであれば
 かなりの速さで稼いでいそうだけど、やはり下っ端は
 マメにRAするしかないかな。TA揃わない時は。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その141"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その140

▽fever heat vol.2

・壷ネクロ

 ちょっとずつたまったfactionでskillそろえる。
 ほとんど使っている人がなかったashes系のskillが面白そうで
 N/Rtを作成してみたらなかなか面白い。というか可愛くて萌える。

 buildはこんな感じだったかな
 curse necroとrestoration rtの組み合わせ。

Blind Was Mingson
Soothing Memories
Weapon of Warding
Insidious Parasite
Parasitic Bond
Spiteful Spirit
Well of Blood
Resurrection Signet

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その140"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その139

▽fever heat

 ここ数日GWFのベータに掛かりきりだった。
 ここまで掛かりきりになるのも久しぶりだった。
 なんか暫く低迷していたのを一気に取り返すがごとく。
 一日8時間とかプレイしていた。
 って8時間程度じゃ大した事ないなと今書いて思った。
 昔はそのくらい長いraidとか普通にあった訳だし。
 この辺で限界になってしまう時点で普通人になった事を喜ぶべきか。

 あんまり色々やったので何かいていいのかわからないから適当に。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その139"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その138

▽direction

 日本語版ベータを精力的にプレイされてるnieceさんに伺い、
 基本的に、日本語版と英語版が同じguildにいても問題はなさそうとのこと。
 一番問題になるのはguild chatでの日本語。
 英語版は現状読みのみ可能ということで、英語版だとローマ字になる。
 skillなどの単語の違いもかなりあるようだ。
 英語が元になっている略語も日本語版では通じないので、
 説明をするときに困る部分もあるかもしれない。

 しかし一般的なプレイでは問題がないということで
 日本語版のユーザーへのギルドメンバー募集をしていくことを再確認。
 ただし、あらかじめ英語版からのguildで英語版ユーザーと
 一緒にやっていくということは了承してもらうことになるだろう。

 最新の募集はこちら
 近々現状にあわせ、書き直す予定。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その138"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その137

▽copyleft

 このblogにかいてある事は当然のように引用や転載など全く自由にして構いません。
 それだけの価値のある事が書いてあるとは思えないけれど、一応。

 GWFについていろいろ調べて見たけれど、書く事が出来ないでいる。
 というのも「転載して良いのか」「出所は確定しているのか」という問題を
 抱える情報がほとんどだからである。
 情報元が限られていることを考えるとやむを得まい。

 結構勝手に翻訳しているネタとかがあるが、ほとんどは参考と言う形で
 情報を使わせてもらっているつもりである。
 まぁこの辺は良心と言うより癖みたいなもので、
 別にそんな細かい事気にしないでも良いと思っているんだけれど。
 その辺り潔癖症というより、ただ頑固なだけだ。

 実はまぁ、そのためにskill list quest list見たいな情報を
 殆ど書けなくなっているわけだけど。
 まあそれは他探せばどこにでもあったから要らないといえば要らないか。
 ちょっと違うけれど、似たような物でいえば
 gwfreakがクリーンである事は知っているが絶対使わないし薦めもしない。
 止めもしないし代わりになるものも作らないけれど。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その137"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その136

▽team work

 最近はなるべく毎日何かの募集をするように。
 といっても、farmingとか興味ある人少ないだろうから
 必然的にTAとかになるわけだけど。

 その一つがpilikaさんの4コマのになっててびっくり。
 笑ったし、うまいな、と思ったけど、びっくり。

 というのも、問題の四コマ目が若かった頃のリアル自分に似てる。
 若い頃泳ぎまくってたし(water poloやってた)
 言葉遣いもなんかそう言う事いいそうなキャラだった。

 割とゲームしてるとき、キャラを作るほうだと思っていたけれど
 結局素の自分が出てるというか、そのまんまなのかも知れないと
 一瞬思ってしまった。ほんの一瞬だけど。

 リアルの私は真面目でネタとか何もない平凡な人間であることを
 誤解を避けるためにここに書いておきます。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その136"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その135

▽headache

 二日酔いか高血圧か栄養失調か、ともかく頭が痛い。
 薬飲むより手っ取り早く脳内麻薬で対処しようとゲームする。
 これじゃ廃人だ。
 頭痛→ゲームする→夜更かししてディスプレイ見っぱなし→頭痛の無限連鎖。
 というわけでゲームせずに本棚整理しつつ本を読む。

 小説買うと本棚が溢れるので、引越しのあと小説は出来る限り買わないと決めて以来、
 あまり本が増えていないのが幸いして、割と片付いている。
 しかしその後、ゲーム(というかTRPG)のルールブックや資料が増えて
 これがまた英語や翻訳物で「態度がでかい」
 (サイズがでかくて変形の為本棚に並ばない。っていうか高い。しかも入手困難)
 これもある日、もはやセッションしたりコンベンションに出る事もほぼないと決め
 すべて紐で縛って床に積んだのだが、ときおり引っ張り出して読んだりしたために
 気づくと酷い有様に。
 しかもその辺りにはPCのパーツが散乱して、謎の袋には大会賞品やらキャッチャーの
 獲得物やらもはや評価出来ないものが多数。
 私以外誰も触れる事が出来ないこの混沌のゾーンの整理に取り掛かる。

 

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その135"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その134

▽true neutral

 帰ってきて照明つけるとPRIDEがやってた。
 PRYDEだったかもしれない。過去の試合だけどいい試合が続き思わず注目。
 それに大和魂の火を付けられてskullcrackerをやり込む。

 マイブームのこのskill、決して人気のあるskillではない。
 casterにとって最悪のconditionであるdazeを生み出す二つしかないskillにもかかわらず
 elite、高adr、そして何より発動条件がspell cast中と言う厳しい条件。
 attributeによる強化が無く素のダメージしか当たらないのも寂しさを醸し出す。
 正直、「オレに触ると火傷するぜ」なeliteである。

 ちなみにもう一つdazeskill、RangerのConcussionは割と見る。
 ene消費が激しいので連発は出来ないが、狙って止めるinterrupterが
 差別化のために持っていたりするskill。速射出来れば結構狙えるらしい。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その134"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その133

▽festa

 日本語ベータのおかげでちょっと人が増えたみたい。
 折角なので、前から書いていたちょっとした知識集をupしてみた。
 そんなものいらない、かもしれないけれど。
 online manualとか未完成で放置したけどどうも完成しそうにないな。
 そういえば、昨年夏にfayeさんと計画していたhex早見表がまだ完成してなくて
 怒られた。ゴメン。今年の夏までに完成させるよ(笑)

 このmissionの攻略とかcollecterはどこに、とか、その手の直接情報は
 guildwiki見ればいいや、と思ってたけれど、
 あそこ頻繁に落ちるのでこれ以上重くするのも・・・と思って
 linkだけの記事をupするのを辞め。

 さて祭りと言えばむしろGWWCのplayoff。
 下手の横好きとはいってもトップクラスの戦いは見たくなる。
 ベータの人は運が良いよ。今を逃したら見れないこれが見れるんだから。
 ゲームはあとでも出来るけど、これはなかなか見れないしね。
 そんなわけでFayeさんたちとplayoffみながらchatするのが結構楽しい。

 とまぁ口では言えるけどやっぱり新しいゲームは自分でプレイしなきゃ
 何も分からないだろうとは思う。盛り上がれば何よりだろうし。
 うちのguildの人も結構ベータしているような気がする。
 わたしはまあ、別にしたい事も無いのでパスしてるけど
 日本語版買っておくとは思う。2acc目がunlock半端でpvpにも使えない上
 アイテムで一杯のmule状態になったので、3acc目はまじめに進める・・・
 といって一週間も持たないんだろうが。

 みんなベータの方やっているので、gameの方が静かな気もする。
 募集いろいろしてるけどどうなんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

rivers of tears

 アルジャーノンに花束を。
 そう言う気分、でなければ読んではいけない、禁書の一つ。
 年に一度あるかないか、のそう言う気分になった昨日、封印を解く。
 正確には、本棚の奥から掘り起こす。

 読み切る前からこらえ切れなくて、
 「酒と泪と男と女」の男ほどに片意地張ってない私は、
 女のごとく泣き疲れて寝てしまい、気がついたら夜だった。
 起きると、二日酔い並みに頭が激しく唸る。
 涙も酒も同じようなもの、と言うことか。
 それなら男も女も似たようなものなんだろうな、と。

 モノを書く基本として、現代日本の教育では「起承転結」というのが唱えられている。 教師というのはえてして無能なのだが、ことに国語に於いては
 見るも無残な有様である。
 これについては深く追求はしないが、書くことを教えるなら
 「序破急」を唱えさせたほうが良いであろう。
 少なくとも無能ではなく能が分かるようになる。

 この奇跡の小説の「急」、ここで落とされない人がいるのだろうか。
 一晩たった今もその余波で不覚にも目が潤んでしまう。
 ここに書くことで、他に人にもこれを感染させれば
 自分の気が晴れるのではないかと思い。

 再び本棚に封印するとともに、これが無駄泣きでなく
 一歩でも何かに繋がらないかとふと邪念を抱く。
 世の常に習い成長腐敗そして右に傾く時にありて
 何を自分の意志の恃みとするべきか。

 ともかく本当に素晴らしい作品(と日本語訳)をありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その132

▽Im a king of hill

 王道ビルドにしか興味がない私。
 先週土曜のGvGでは、mesでLight of dwayna持ってrezmesするつもりが急遽necroに。
 necのbuildにはOoBとかBlood Ritualといったネタskillが入っていたので
 あっさりとWell of Bloodに変えて怒られる。
 しかもそのためにcast fast入れてfocusのタイミングがずれていたのは秘密だ。
 Shadow Strikeは0.5secfocusより先に入れると言われても
 安定しそうになかった。
 最終的に私がcallerになるまでどうも不安定だったことをここに告白。

 

ここで勝手にネタが振られていた。
 desp+balancedは王道ということで試してみる。
 相手の視線が冷たい。
 いろいろ試して見る。
 次第に味方の視線も冷たい気がしてくる。
 今日はひとまずこの辺にしておこう。
 参考までに海老虎を一度やる。
 参考にもならず。やらないほうが良かった。

 

ここで謹製脳天砕きbuildと並列で書かれているが論外だ。
 あのskullcrack buildは王道。
 ただプレイヤーの運と多少の技術が必要だが
 王の道を歩くのならそのくらいのものは持ち合わせているだろう。
 これがどういう意味なのかはプレイしてみないと分からないと思うけれど
 ちょっと私のIRCの発言より
>23:17 (dooom) 寒さが身にしみる
>23:17 (dooom) 五試合で一度だけの楽しみのために
>23:17 (dooom) たまったらすぐ使うかな・・・
>23:21 (dooom) 勝ち負けとか関係ないなこいつ
>23:22 (g_sela) 我が道を行くか
>23:22 (g_sela) その点ではDesperationと同Lvなんだがw

 自慢じゃないがHHにskullcrack入れたこともある。
 残念ながらwarだったのでほとんど無意味だったが・・・

 ともかく王道が一番だといっていたら、
 「Dooom王国のキングでしょ」と呼ばれ
 かなり正しいと思った。
 残念ながら国民がいない王国だが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あさ

 今日は成人式。これでやっと酒やタバコやPCPやヒロポンを大手を振って
 摂取可能になる。と言う訳でいつものように早く起きて出掛ける。
 晴れ着着るのも馬鹿らしい大雪の日だ。
 俺の二十歳にはこの白さがふさわしいのか。

 もうこのネタ飽きられてるからもう辞め。

 っていうか誰が1/10を成人の日にしたんだshit
 普通に起きて仕事場行っちまったじゃないかdamn it
 どうりで今日は人が少ないと思ったぜmoron
 成人式なんて超ローカルなイベントだったんじゃねぇかasshole

 だいたいよ、お前のかあちゃんのあそこから出てきたときには
 天使みたいだったお前がよ、
 次第にこの人間界で腐れ堕ちて、十分醗酵したことを示すのが
 この「人に成る」ってことだ。
 こんなものにいそいそ出かけて能無し振りを見せ付けなくても
 もう十分爛れた臭いだしてるから気にするな。

 f*cking 成人の日

 もういいや、布団に入って本読も。
 今日はダニエルキースでいくかな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その131

▽as meek as a kitten

 実はguestのシステムが出来て以来初めて他のguildに入れてもらったり。

 先週の金曜に、うちのIRCに傭兵を募集しに来てくださった方がいて
 ちょうど人が少なかったこともあり、一度やってみようと挑戦。
 これまたキャラが違うことをやってると言われそうだけど
 私だって他のギルドの雰囲気が気になることもあるんだよ、と。

 正直緊張しつつ恐る恐る入って言ったのですが
 和気藹々とやってらっしゃって気楽にプレイさせていただきました。
 うちよりも発言者が偏っていないくて、みんながしゃべってらっしゃるのが
 いいなぁと思ったり。

 うちの場合、TSでしゃべれる人が少ないのもあるし、感想戦も
 一部の人がものすごいペースでしゃべることもあって
 (いや正直半分は自分のことだったりしますが)
 いいのかなとおもうこともあったりしてたわけで。
 まあ、毎回初対面だったりほとんど一緒にプレイしたことのない方が
 集まるといううちの特性上はある意味仕方ないとは思いますが。

 アットホームな雰囲気を味合わせていただきました。
 試合内容のほうはどうも足引っ張ってたようで。
 雪合戦なら自信があったのですが(笑)

 これでguildの人にも、「傭兵は行くと良いよ」みたいな
 知ったような口がたたけるというものです。どうもでした。
 MIKANのchannel#MIKAN-GWSはopenですのでお気軽にきてくだされば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャラ違い

あるテレビドラマ見てなきそうになったという話を書こうと思ったけど
キャラが違うんじゃないかといわれそうで辞め。
でも今年はドラマ見て泣く新しい路線で押して行く手もあるな・・・
そういえば、チャングムの誓いの最後のほうをチラッと見た。っていうか見るハメになった。
展開が速くて総集編かと思って聞くとそうではないらしい。
時代の流れか。

GWSしてないので普通の日記でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-GWS編その130

▽radio

 放射性同位体が貨幣だとしたらというのを書こうとしたことがある。
 半減期をどのくらいに設定したらとか、大量保有は危険なのかどうかとか
 そういうことをいろいろ考えてプロット立てていたけどまだまとまらず
 今に至る。
 これはお金が腐る世界を考えてたときの思いつきで、つまりきっかけはエンデ。
 だからもうどこかにありそうだなと。
 経済学は全然かじったことがないんで、勉強しておけばよかったと
 思いつつ今勉強してないことを棚にあげている自分。
 まあ、気になる方はエンデの遺言を参照、と。

 さてゲーム世界の経済を考えると、現実世界以上の富の不平等があったり
 「神」の手が大きく作用していたり。まあ現実世界でも神の手はかなり
 作用しているわけですが・・・とまああまり強固なものではないわけで。
 そんな中でもgwsは新しいゲームということで面白い取り組みをしてますが
 patchで急激な価格変動なんてざら。

続きを読む "続異世界綴記-GWS編その130"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽くご挨拶を

 今年の初夢は妹の年賀状の誤字を発見して直すという
 なんとも夢のない夢でしたT.2038です。
 blog開設して3回目の新年ですが、まあ取り立てて
 何か書くこともなく。

 ってすでに昨日あけましての挨拶だけは書いているようで。
 何書いてるのか分からないですがとにかく今年のテーマは
 いろいろ考えるうちに「色」となりました。

 昨年は少し偏ってしまい、本来の2038面体の趣旨からすると
 面白くないblogになっていたように思います。
 今年はもう少し色気を出して、幅広く書こうかと思っています。

 年の区切りなんてものは結局気分なわけで、
 何を思ったところでやるかやらぬか結果次第。
 去年は「野良猫」でやってたつもりでしたがどうだったのかと。

 ともあれ、今年も。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嘘、鈴、振、裏、柔
耳、見、吐、速、摘
刃、羽、定、書、半
険、傾、静、段、色

あけましておめでとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »