« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

続異世界綴記-daoc編その173

○its my fault...

・プレイ時間の80%がRvRになってきた。結局daocはRvRなんだろうか。
いや行きたくないわけでもないし一人でもNFいるんだけど。

・昨日は思いっきり2回もミスった・・・2度とも致命傷。

・一回目、keepのbackcharge。全部upで準備万端。
chargeと同時にmovie録画ボタン押す・・・

・つもりがsuspendボタン。即座にwindows shutdown。
・・・
wakeしたときには全滅してた。

・私も大人になったもので、昔の私ならこのキーボードは
即座に二つ折りにしてゴミ箱に行っていたな・・・

・それにしてもこんなボタンをここまで押しやすい場所におくacpiに乾杯。
彼らの核の発射ボタンは肘掛け辺りに付いていることだろう。

・昔某メーカーのPC電源スイッチがが筐体の上、しかもほとんど突起なく
目立たない上にサイズが大きいものだったのを思い出した。
PCの上に物は置けないどころか、CDいれようと指を掛けて切れたり
他の人が手を置いてしまったりという惨事を起こした。

・というわけで早速buttonをenableにする。biosの変更かなと
いろいろ調べたけど、結局xpならコンパネ-電源オプション-詳細設定で
一発で変更できた。少しは見直した。

・で、ミス2回目。roam時にswamp走っていて、「inc」で逆に走った。
気づいた時はもう範囲外。走っても間に合わず終了。

・判断ミスだったのは間違いない。でもこれには理由がある。
言い訳じみてるし分かっていたので敢えて言わなかったけれど
なぜそうなったかの解説をここに。

・albで、特にguildでやって一番違和感があったのがinc call。
理解したから慣れようとしてるんだけれどどうしてもまだ体が反応する。

・hibでやっていたとき、特に後期には単純なincを使う事はそれほどなかった。
短い"inc"はほぼ最上級危険信号のred alarmなので、即座に動く癖が出てしまう・・・

・こっちでincはほとんど敵影発見の初期警戒信号に使っている。
始めはホント心臓に悪かった・・・

・かわりに何を使ってたかと言えば、基本的には方向+数。incはそれすらタイプ
出来ないとき/味方がそれどこか分かるとき(scouting)に。

・具体的に私がroam中でincだけ言われたときにしてた事は
視界に敵がいない時点でbackとられてる事確定なので、
全力で位置取り-group healcastしつつMA faceか自力ターン

・だからaf切っちゃうのは悪い癖。統制取れたチームでやってなかったから。
incなどでも勝手にaf切らずleaderの命令待つのが正しい。
hibでもそういうチームは行った時は緊張してやってた・・・
OF後期からはそういうチーム総てTS使ってchat打ったりはしなかったけど。

・そう思うと、私勝手に動くことが多くて(afしてない事が多くて)
roam向きじゃなかったなぁと思うこと多し。
その点だけはalbに慣れても変わらないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その172

○enjoy duo

・AM3:00からのML4に参加してGreatness獲得。これでgreatなcharaになった。
 うそ。これ通過スキル。

・最近真剣にperfectorとBMを迷いつつある。


1.Purging Wave:group cure disease
roam/tower問わずvs midに必須もgroup二人は微妙。poison含めcure役決める。
2.Purify Vision:cure nearsight
roamでは全く不要。tower戦ではあるとかなり良い。
3.Sphere of Rejuvenation:heal font
roamには使いづらいが、tower戦含めfg以外が関わるシチュエーションで。
PvEでも、特にsoloでかなり有効。
4.Greatness:conc:Increases concentration pool
base buff使っている限りmax 20制限で引っかかる
5.Font of Power:mana font
perfector最強のskill。定地戦では絶大な影響力を見せる。
castを限りなく速くする事でroamにも生かしたくなるほど。
pveでも必須に近いskill
6.Determination Ward:reduces the effect of crowd control
例えSoR/FoPとtimerが被っていなくても、効果が疑問視されるfont。
7.Leaping Health:aoe heal buff
次のtarget healがaoeになるbuff。範囲が予想以上に狭い
8.Restore the Soul:cure rez sick
cast遅くmana食い過ぎのため戦闘どころか戦闘後のmedにも
使うのをためらう。まずはmove優先。
9.Dissonating Ward;power drain font
逆FoP。FoPらとtimer被っているのもあり、使い方は微妙。
が、これの使い方の上手い人はいた。FoPの置き位置は割と
決まっているのでlos無視でそれを殺せるのは面白い。
10.Rampant Healing:pbaoe heal
EoYからのコンボでよく見かける。


1.Sapping Strike:pbaoe end drain proc style
soloだとありなのかな。あまり知らない。
2.Faultfinder:vs siege proc style
siege戦専用だけどかなり重宝する
3.Power Leak:pbaoe power drain proc style
mana減らすstyle。結構使えるらしい
4.Grapple:root(+cant melee) enemy but stun myself.
自分stun12secで相手root10sec。ただし相手にはmelee無効に。
roamでは使える人が使うとかなり有効。
5.Essence Flames:essence dmg buff proc style
anytime CS。ダメージには期待できないらしい
6.Throw Weapon:use melee weapon in range
10sec使えないのが気になるが、各種状況で使うシチュエーションはある
7.Essence Sear:essence debuff proc style
Essence Flamesからのchain。これもいまいちとか。
8.Bodyguard:guard against all melee
総てのmeleeを無効化するguard。NFでrangedが主力になったとはいえ
これの存在は影の薄くなったtankへの止めともなるskill。
#背景として、ToA前後はtankのassist trainの全盛時で、
#high detとendの無限供給により総てを刈り取り防ぐ術がほぼなかった。
#おそらくそれの対抗手段としてのskillである。次々nerfされたとはいえ
#ToAは主にcaster傾向で、skillの飛び交う華やかな戦いを目指したものであろう。
#確かにあの頃の戦いは地味で、backの取りあい、mezによる先制から
#MAtrainかassist debuf DD、stuck pb chargeなどに持ち込むチーム戦は
#極まるとほとんど変化の余地のないものになりつつあった。
#mythicは定期的にそれらをぶち壊してひっくり返す変更により
#ゲームの延命させる危険な掛けをしてきた、挑戦的な会社である。
9.Essence Dampen:pbaoe dex/quick debuff proc style
sideからのdebuff style。強いらしい。
10.Essence Shatter:random buff shaer proc style
Essence Dampenからのchain。どんなbuffでも飛ばすらしい。

perfectorは1-3と4がおいしい。groupの一人は必須だろう。
対してBMはmain tankには向かないutility的なskillが多く
friarには使いやすい。特にgrappleとBGはroamのkey skill。
RvRそんなにやるつもりなかったし、MLも高い所まで
取れるとは思っていなかったのでperfectorにしたけど
ML8とれるのなら迷うなぁ・・・

・Zさんとduoをすることが多い最近のRvR。team MIKANらしい。
何も言わずに息が合うシンクロ率が妙に高い。というかアイデアがいつも被る。

・昨日はFGでは無理と諦めたred towerを終わったあと「さ、いこうか」で
二人で取りに行く。無謀上等。失うものは何も無し。

・guard clearしてramとbalista設置。ガンガンやっていくと3hib incで死亡。

・迷わずもう一度。途中でmid二人に背後からやられ死亡。RvRで相手valk始めてみた。
buff shear食らっても怖くない、もとよりspec buffない二人。

・そいつらrevengeしようと思うも会えず、もう一度keep。guard repopしてて
またのんびりkill。ram開始。bainshee+druid bot inc。

・af botとccのないbainsheeに危うく負けそうになるも何とか倒す。
guardに殺されそうになって一時退却。

・再び行くとoilまでupして中に2、3人。無理を承知でramを続ける。
奇跡的に1killするもさすがに無理(笑)

・暫く休憩の後また行く。懲りないと言うよりほかに面白い事がない。
またhibに入られてもう駄目かと言うときにguild group inc。

・数人alb incしてtower取り返す。さぁCK取るぞと準備開始。

・fgh inc。high RRっぽい。rushで刈り取り手馴れた動きretake開始。
こちらcharge仕掛けるも相手かなり堅くて結局押し切れずdoor down。

・roofに篭るもnon caster。fop healerにfree healされてるtankを殺せず
しのぎあいでは向こうに利あり。

・まぁ、何事も勉強。まだまだalbについて知らないことが多いから
違和感は否めず。RAとかもうちょっと調べないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その171

○ok I should forget about my staff for melee

・RvRいろいろしながらmovie取ってみた。最初は野良。

・面白い体験をした。groupメンバーを塔の上からhealして、
ちょうどそこにいたguildの人もhealして、さらにSoR出したら、
group chatとguild chatで同時にnice healingって言われ、
SoRの横にいたsolo scoutからもお礼言われた。

・でも、肝心の戦いは、assistミスってmez壊してしまった・・・

・guild groupはleaderを持ち回りでやってみようと言うことになっている。
それで自分のやりたいRvRがみんなに分かるし、なかなか面白い。
今日はDさんのlead。

・割と敵も多くていい遭遇戦が出来た。small groupからfgまで。

・しかしよく死ぬ。特にmeleeに行くとやばすぎる。

・最後、mezってるwarlockに背後から一人で殴ったら
そいつ私無視してsorc殺した後、spread pbaoeで私も殺した。

・というわけで結論。もうmeleeはやらない。
そう思えばMLをBMにするのもありかなと思う最近。

・melee諦めて、HPとpowを増やす方向でSCをやり直そう・・・。
あとenergy resistも低すぎるので修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その170

○cool, too bad it is too late

・1.75B発表。結構色々修正する大型パッチの予感。来月中ごろかな・・・

・tower razingつまりタワー破壊の仕組みが導入。これ、NF導入時に
言われてたアイデアなんだけどね・・・まあ、内容は以下の通り。

towerはHP25%で本当に壊れる。los制限もなくなりhookpointも使えない
towerがHP0になると完全に壊れる。移動制限もなくただ瓦礫の中にlordがいる状態に。
壊れるとtowerはrank1になる。でもguardはpopする。
壊れると修復は自動修復しか出来ない

つまり、towerは壊れてしまえばもう篭れないというわけ。
今までとはうって変わって壊す意味が出てくる。tank向きの修正だろう。特にalb。
逆にpb、banshee、animistで篭るのが主力のhibには稼ぎ頭がなくなるという事に。

久々にこれは面白くなりそうな予感。gj

・ML変更。全step終了しなくてもMLのstep10のcreditがもらえるように。
つまりgroup stepやsolo stepを後回しに出来るし、途中のstep bug起こしても
後でそのstepやるだけでML完成に。

・RunSpeedの変更。RvRを除き、in combatではないと走りが早くなる。
caster speedはそれに対し差が出るように少し早くする。
NF以外ということかな。

・細かいclass修正。sorc/mentのspecにgroup crackとかwizのdebuffDDをちょい強化とか。

・valkのbuffshaerは、もともと300secと60secでrecast timerが別だったので、2種類の
shaerを300sec/60secで分けることで2つ使えるようにするbugが有名。
今回これが修正されて全部recast timeが同じになった。まぁvalk強すぎるから。

・昨日はなんかrenでsiege遊び。hibに取られたkeep取り返そうと
chargeするたびにpbとahmist、bainsheeにカモられる。かもられつづける。

・何が問題か。animistが強いのか。相手が上手いのか。汚いのか。
こっちが下手なのか。ミスしたのか。leaderが駄目なのか。
多分何も問題じゃない、と思う。

・自分のやりたい事が見えてない事だけが問題。それ自体が楽しいと思うことを。

・Zさんがpalで来てたので、block入れてもらって最前線でSoRとbalista設置
これでひたすら攻め続ける。ranger撃ってきては諦めての繰り返し。
ただの嫌がらせ以外の何ものでもなくて楽しい。

・時々stunDD打ちこまれて死亡。lagがなければST入れ返せて
逆に蜂の巣にさせてやれるけど。意識的にlag起こしてるかもしれないけど
多分無意識で利用してる。むしろcasterのテクニックなのかも。

・最後は相手が疲れた辺りで取り返した。NFのsiege戦は昔に比べて
盛り上がらないような気がする。折角ムービー40gb取ったけど総て削除。

・duelちょっとやってみたけどどうにも勝てないようだ。
2Hにも関わらずこの程度のダメージなのはspecの問題とも思えず。

・ま、soloは諦めるとしても、動画はもっと研究しないと。
encodeはwmvでいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その169

○next target

・昨日書いた次の目標っていうのはムービー撮影。

・もう2年前だっけRvRのムービー流行り出したの。全然興味なくて
今に至るまで自分が出てる奴一回見ただけ。

・見る方は興味ないけど取るのは面白そうなので、ちょっと調べてみる。

・キャプチャーボードは何度か買おうと思っていたけど、別にTVも見ないし
最近じゃPS2とか録画したくなることもないし・・・

・と調べていると、よさそうなのが。frapsっていうツール。
無料のデモが30sec取れると言う事で早速実験。

・設定して撮ってみる。軽い。ほとんどフレーム落ちない。
出来たファイル馬鹿でかいけど圧縮掛ければ使えそう。
これなら30$払っても良さそうだ。

・実験ということでemainに出掛ける。soloで面白い戦い撮ってみようと。

・vs champ。dueler仕様のchampマジで痛い。ダメージが3倍以上ある。
2回やったけど全く勝ち目ないと悟る。

・vs BD。端から勝てるとは思ってない。近づくまでに6発打たれて死亡したり

・ムービー撮るどころじゃなく、solo出来てない有様。
specは確かにsolo向きじゃないしartもsupportモードじゃ結局無理か。
倒せたのはNS一人っきり。

・rangerに撃たれたのでSTおいて猛ダッシュしたら、たどり着く前に
soloのsorcが来て殺してくださった。っていうかsoloいっぱいいる。

・仕方なくartのleveling。しかし妙にcamper多くて殺されまくる。
返り打ちに仕様と言う意気込みむなしくskaldに負け。

・group仕様じゃやっぱりsoloきついから、LFGしたほうがいいと感じる今日この頃。
人多い時間に変えようかな。

・なんてこと考えて結局ムービー実験中途半端なままに。
daocは別にどうでもよくて、GWSで撮りたいというのが内心。
daoc大体catacomb無いから画面しょぼいままだし。

・とりあえずfrapsは買って見ようかと思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その168

○ML3 with submachine

・出先でもゲーム出来るように買ったInspiron8200。
SI時代はまだdaoc動いたけどToA動かず、一時期NFやってたけど
もう駄目かなと思ってchat専用マシンにしてた。

・しかし最近videocard問題でよく落ちる。画面フリーズになっちゃうので
返事来ないなーと思ったら止まっていたなんて言う事が頻発。

・やんごとなき理由で出掛ける事になったので、ついでにこいつをチューンすることに。

・といってもただdriverいれただけだけど。ただ、ATIからdownloadしたdriverは
モバイルに入れられないのでDH Mod tool使ってみた。
これで駄目ならΩかなと思い実験。

・と思ったら大量のpatch download。放置して寝る。

・翌日ちょっと時間あるうちに再度実験。loginは出来た(警告無し)
設定を超performance設定に変えてさぁ本番・・・NF入れてなかった・・・
NFダウンロード。そしてpatch当てして放置。

・ここまでしてゲームプレイするのもだるい気分になったけど、折角なので
夜に再度実験。NF無事動く。ToAも問題なく。

・ML3は朝6時開始。12時に終了。早ければ2時間程度で終わるらしいけど。
失敗してもいいやと思って参加したのでまあラッキー。
暇な時はチャットしてればいいし。leaderは大変そう。

・SoRがあるとPoCもsolo出来るようになり、ずいぶんartのlevelingが
楽になる。しかし楽になってもやる気は減退の一途。

・RvRもSoRあるとずいぶん役に立ってる気分がする。とりあえずやれる事は増えるし。
まあそれに応じてやりたい事が減っていくわけだけどそれは仕方なし。

・というわけで、そんな自分のやる気を復活させる企画をおもいついたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その167

○new series

・mythicというのは、
mata yokeinamono tsukutte hitowo iratsukaseru corpration
の略語です

・というわけでpatch1.75シリーズ開始。タイトルは"RvR mission"

・詳細は読んでもらうとしてどんなのあるかと言えば

-personal mission:solo用。NPCから貰う。例として
敵国偵察(って具体的になんだ?敵のtowerのcon調べか?)、
敵realmのassasinを見つけて殺す(専用のNPC追加されるらしい)、
敵のguardを一定数殺す(辺鄙なtowerでguard pullしてついでにsolo inc待ちのstealth solo増えるか)
敵一定数殺す(っていうかべつにこれなくていい)

-group missoin:group用。GLがNPCから貰う
tower取る、keep取る、guard殺す、敵のCaravans(追加NPC群)殺す、敵殺す

-Realm mission:realm用。勝手に入る
敵keep+tower確保、DF開ける、relicgate開ける

これでexp、gold、rpを獲得。

・どうしてもRvRをPvEみたいにしたいと思ってるみたいで。まあどうせ批判のstuck pbaoe食らって
今のtower retake bonusみたいにすずめの涙ほどのrpになるね。(デカイ事もあるけど)
OFにあったfrontierのescourt questとか一体どのくらいの人がやったのか。

・NFは面白そうなんだけど、何していいかわから無い言う人のための導入として
なんとか人々にNFに出てきてもらえるように水を掛けてるのかな。
ならRRで制限でもつけとけ。

・目の前にquestとかMLとか、決められた特定の目的がぶら下がってないと
プレイできないのはカジュアルゲーマーじゃない。むしろゲーマーの方が
そういう思考をしている。カジュアルゲーマーはもっと楽しんでるよ、自分なりに。

・pve好きでやってる人たちをNFに連れてくる方法は無い。
むしろBKのgateも開けて敵realm乱入okにした方がよっぽどかいいね。

・まあいいや、次。tooltips改善、キャラのステータスwindowを改善。
いままでが前々世代の遺物みたいだったから直せる部分変えていかないと。

・quickbarを増加。いままでの3倍の300になり、一画面も30まで見えるように。
2列目は+alt、3列目は+ctlで使う。
2列表示できないかな・・・3列はちょっと多すぎる

・monster population in the Frontier zones has been slightly reduced.
aggroいなくていいよ。

・class別修正いろいろと
chantが時々「飛ぶ」現象を修正
minstとmentのcharmが2重にresistチェックされて掛かりにくいのも修正
speedwarpの持続時間を60sec-30secへ。結局nerfこれだけになったのか。
warlockサービス期間終了に付きhexspellのダメージ25%~30%off。

・The puppies summoned by the Whistle have been given new models.
かわいかったらquestやろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その166

○ML2 done

・ML2.9と2.10をguild FGで挑戦。既に一回成功しているとの事で安心して参加。
ちなみにpot8つくらいもって行く。

・2.9はDI3とinstaで問題なし。

・2.10。かつてはやたら大変だったstep。何が大変だったかって・・・なんだっけ。
まぁかなりの人を激怒させてmythicのplayerへのfaction下げに貢献したということは
よく知られている。

・ML2だけは何故か私は何度も参加している。しかも総てhelpではなく、
helpしてもらう側で。つまり私参加してて何度か失敗してる。

・ひとしきりharpyの遊覧飛行を楽しんだ後、開始。

・最初はpal tankでblock二人がそばに立ち、fopなしで端からhealという方法で。
DI3あっという間に飛び、heal交代してやるも次第にmana不足。
しかも敵全然減らず・・・終了。

・2nd try。arms tankで残りblock。cle2とfriarでheal。
DI2/3とIPでmana回復時間を作る。snakeも外から。

・80%辺りでmelee全開。epic mob相手にtankでこれだけの減りと堅さを見せるのは
albならではだなぁと。やっぱりalbはtankなのか。

続きを読む "続異世界綴記-daoc編その166"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その165

○moved

・いつもお世話になっているCさんが三階建てに引越しすると言う事で
ちょっとお手伝い(荷物持ち)
っていってもlot移動しないから改築のが正しいけど。

・個人でもつにはほぼ限界の3Fだけに、一通りなんでもおけるらしい。
最近のPvEでいつも一杯になってたboxも一つ増えて、消耗品用boxに。

・1Fの様子。緑系で統一するみたいです。階段が狭いので注意。
sshot036

・2Fはバーをイメージ。potionここで作れます。
sshot035

・居候の私のベッドも配置してもらいました。
寝返り打つだけで3Fから一気に1Fに行けます。
sshot041

・家だけでも多大な出費で維持費もかなり掛かるので
ますます稼がないと駄目らしいとのこと。

・庭などはまた後で考えるということで、かるくRvR。
guildの5人でしたけど久々driveしてみたり。

・drive自体はまぁいいんだけど、いまいち自分の動きが
はっきりせず、STミスしたりしてで経験不足を露呈。

・RvRどこまでやるか自分でもはっきりしないので
動きが半端な気がする。やはり対人やるからには高いモチベーションと
自分に対する極度のプレッシャー掛けないと。あとプライド。

・逆にもうそう言うRvRはしなくてのんびりやりたい事しにきたので
houseでchatしながら遊んだりが一番楽しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その164

○growing up after lv50

・daocは、level maxまで行くのはそれほど大変じゃ無いけれど
そこからもまだまだキャラ育つのが特殊。というかlv50が入り口みたいな面がある。

・明確にあるのは、RealmRank(とRA)、MasterLevel(とMLA)、Artifact(の獲得と育成)
と言うわけで今後はこの三本を目指すことに。

・RealmRankはRvRするしかない。だからまぁ楽と言えば楽だけど一番成長は遅い。
daocの最終段階はRvRなので、ぼちぼちやっていこうと。

・特にする事が無かったのでRvR行ってみる。soloで何しようかなとみてると
3fgぐらいでhib攻めしてるみたい。BG入って/bg groupsで適当なgroup見つけて
GLに直接売り込み。割とgroupには困らないのかなfriarは。

・zergはちゃんとしたリーダーが居て比較的統率取れて動いてて、思ったより
スムーズ。別鯖の人たちなんだけどよく見ればその鯖の人達が多く居た。

・subleaderも居てfollowerも居るから、昔のBBB zergなんか思い出す。
あっちはguild eventみたいなものなのでそれに比べるとばらついてるけど。

・新兵にとってはzergほど勉強できる場所も無い。まずはそこで基礎から。
特にclass別の知識は敵としては分かっていてもいざ味方になると全然違う。

・偶然だけどその入ったグループはまあまあいいところだったらしい。
休憩して戻ってきたら、まだやってて、しかもguildyまでいた。

・おかげでrank3に。内訳はsere1 WH2 ST1 Purge1 MLC1。purge要るのかどうか
微妙だったりする。PvEやDoT対策かな。unmanaってpurgableだっけ・・・

・MLはguildでML2やってくれることに。1-8までさっくり終わらせる。
FoPはsub healer的に結構欲しいからML頑張ってみようかな。

・Artifactは結局、Cere Bracer、Nailah、Healer cloak、EoYに。
Kalareはlv10になったけどsub。Harpyは今の所育てずに。

・結構殴られ役になるので装備が痛む。
PoCとRvR以外でのsub装備もちょっと選びつつ。
KalareとZahur CloakなんかがPvE向けでいい感じ。LW作ってもらおうかなぁ。

・1Hとshield、すっかり忘れてた。shield friarの予定だったのが・・・

・関係無いけど上戸彩ファンの知り合いの誘いであずみ2見に行く。
前作DVD持っているがそれは気の迷い。特撮+ドラマって言うところかな。
原作の雰囲気は特殊すぎてどうにもならないだろうとは思っているのでいいけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その163

○lucky or unlukcy

・templateのアイテム全部そろいました・・・thx a lot。

・arbiterの2、私が一日狩しててみつからず、helpに来たZさんinviteして一発目でdropだったんだけど・・・

・arbiterの3、三日くらい、総計10時間くらいやっても落とさず、装備見せに来たZさんが途中でkillした
 mobで出た・・・そのまま後ろに倒れて気絶しそうになった。

・というわけでそれをせしめてcere bracer入手。ついでにこのZさんの運なら、とhealer cloakへ。
 別鯖探してついに発見。helpに来てもらって無事完了!

・あとはart育てとMLと。まだまだpve楽しめますね。ってまだ一月だっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その162

○template....

・Dooomやってたころは気にもしなかった装備のtemplate。
無い知恵絞って考えて見た。

・原則:現実路線で。無いものは近々入手可能なもので。

・目標:まず25%healingありき。そして出来る限りdex。ついでhits。

・artifact:EoY、nailahが既に確定。
healer embraceとceremonial bracerなんとか入手予定で。
kalare neckをoptionとして使用(主にpveかな)

・resist:bodyとheatだけは何とか。matterは捨てない。

・other bonus:cast speedとpower bonusはなんとか少し確保。お金溜まれば・・・
Spell Duration Bonusは割と重要。RvRのrebuffはなんにしても怖い
buff bonusもそこそこkeepしたい。

・SC:arm、helm、handの3つだけ。初めてSCを決めてお願いするのであってるかどうか・・・

・というわけでphocのtemplate公開。でも間違ってると恥ずかしいからステータス関連だけ。

Config Report
Stats

Str: 0 Int: 0 Hits: 272
Con: 12 Pie: 66 Power: 0
Dex: 98 Cha: 0
Qui: 28 Emp: 0

Resists
Body: 26 Energy: 17 Crush: 29 (2)
Cold: 18 Matter: 17 Thrust: 20
Heat: 23 Spirit: 24 (5) Slash: 34 (3)

Skills
11 Staff

Focus
Cap Increases
23 Dex
80 Hits
8 AF

Other Bonuses
20 Spell Duration Bonus
14 Buff Bonus
25 Healing Bonus
2 Casting Speed Bonus
5 Melee Damage Bonus
7 Power Percentage Bonus


| | コメント (2) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その161

○finaly my 2nd lv50! thx for all of KAZE!

・なんか週末以来もうすぐっていうところで止まっていたけど
PoCにて最後のding。total playが6days。

・始めたのは2/15くらいだから3weekで20→50か。PLありだと現在の
daocはこのくらいが標準かと。

・specはR34S29E48P6でポイント使いきり。多分このspec使う人は稀。
なぜならR33S29E49P3というこちらも使いきりでいいspecがあるので。

・matter resistの重要性の増したCatacomb以降24% matter resistの意味は小さくない。
それに対してcast遅くmana食うGHoTの回復量は・・・

・でも私のGHoTこだわりは結構強い。一番は、chainhealから
GHoTして殴り切り替えというのがやってみたいから。

・しかしPvEでもそれほど上手くない。healはともかくmeleeが手につかず。
そもそもPvE下手くそなんだよなぁ。

・私の中ではfriarをdruidと並べて考えていたりする。
healは格段に違うけれど、その他の動きとして
rootの代わりにST、petの代わりがinstapullとmelee。

・理想的には、inc→ST配置+位置取り→healモード→free caster発見→GHoTしつつinstaでinterrupt→
casterにon→caster逃げるなら「とりあえず」chase。深追いせず常時heal準備

・悩んでるのはtankにonされた時は足止めて殴り合いしていいのかどうか。
hibならhealercoverのcaster(主にchanter)付けて、pbなりstunなりするわけだけど。
AT食らったら即逃げは確定だけど、それ以外は殴り合いしたいかな。

・healも出来ればcleより回復したい。目標はWH4。

・まあここまではあくまで机上の空論。とにかくまずは実戦経験と言う事でRvR出撃。

・そこそこ動きあるのでguild group組む。pal inf arms minst reaver sorc cle friという
class被らないmelee group。これは他のrealmには真似できなくてカッコいい。

・が・・・問題はcleがbotなこと。DI3とは言えやはりhealがfriだけでは全くキツイ。
ここをcoverすれば中堅どころまで行けそうなんだけどなぁ。

・hurb3巡ってのhibとtotal 2fg+同士のせめぎ合い。hibはhigh RRのfgがroamで残りtower。
albはまともにtowerにぶつかり惨敗したあとで2fgで動く。

・最初、hib fgのsideを取ってmez入る。そのまま余裕押し殺しかと思ったけど
あっさり返されtwfとpbで死人出す。以降STなど使えるものはまず全て使うことにする。

・その後は基本的に2fgで動いてhibを倒す。途中からleadがguildのIさんになって
スムーズにtowerのretake、取り返されたあと相手出てくるところを叩き、
towerで待って他のtowerに手を出すところを叩くと上手く立ち回る。

・その辺で満足して今日は終了。反省点もいろいろあるけれどひとまず
purge1を入手してRvRモードになって行こうかと。
感覚をつかむまでにはまだ暫く掛かりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その160

○art run extra

・mau factionのgetとnail robeのpop偵察にsetian fortへ。
setianのmelee連中ならojいける。しかしranged多い・・・

・すけすけstealthでbow撃っても解けず、しかも追うと逃げて
helpまで呼ぶ鬱陶しさはscout classらしくていい。

・まあそれはともかく発見する前に死ぬ。

・CさんたちがEirene's Hauberkやっているので行ってみる
popせず失敗みたい。

・またまたnail robeのチェックをしてもらう。やっぱり居ない。

・MadTale3探しでmaccho殺しに行く。個人的にはmacchoは好きだがscroll huntは嫌い。

・激しくmacho狩り。そして2時間もしないうちにMT3drop。
Dさんの運の良さか・・・

・運の悪さではrandom1000=4のphoc。しかしみんなで再びnail checkしてくれるとの事。
server変えて砂漠へ。

・時間が合ったので街を一つ殺して見ようとkill開始。

・最初の雑魚pullすると、一気に2fgの応援inc。
持ちこたえてるもincはほとんど途切れない気持ち良い激しい戦い。

・そんなことしてたらいきなりSebakpop。なんてbad timing。
とりあえずTさんが追っかけて残りで何とか持ちこたえる。

・しかしcall helpとかしまくりで、一息ついてもinc途切れず。
結局全員releaseに・・・

・でもpopしてるならチャンスあり。というわけで再度チャレンジ。
なんとかまだ近場うろうろしてるのを発見。

・guard達をmezしてboss kill。起きたらsosでkite。
LDして一瞬焦ったけどなんとか力ずくで勝利。

・というわけでRobe get。これでそろそろtemplateが決まるかな。
cloakをどうするかが問題だけど・・・

・関係ないけど最近遅くまでゲームし続けて朝が厳しい。
なんかsunny-side up食べる生活に憧れてるのかそういう夢を見た。
現実は起きたら「ヤベ、こんな時間」と走って家を出るわけだけど。

・sunny side upといえば一青。
「珈琲時光」DVDは3/29、 6th maxi singleは4/20です。
ってただの備忘録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その159

○still going well

・lv49にもなるとexpの入りも悪いのでsoloしてるとだれる。
専ら狩り場をToAのscrollにして、そっちでモチベーションを維持。

・次の狙いのscrollはceremonial bracer。mesoのmelosで水中何時間。
ojとかkill出来るけどたまに負けて寂しくなる。そのまま水中に暫く漂う。

・しかし何時間狩っても出なかったのが、Zさん来て最初のpullで出てショック。
ついでに

・Zさんのcleがlv50直前なので、組んでSI draco狩り。
二人ともkalareのレベリングも込みで。

・二人ともそこそこ堅いし、oj-red程度ならkill speedもそれほど悪くない。
2incも安定。3incはかなり楽しかった。

・soloで2incやってみたら勝てた。お、もしかして強いかもと思って
もう一度やったら全く勝てそうに無かった。
結論。evadeがどれだけ出るか次第の運任せ。

・evadeはdex+quiか。dexは上げてるけどquiはあまり高くないので
足してからcap計算されてればいいんだけど・・・

・正直lv50になったら一気にモチベーションが下がってしまう予感。
PvE楽しいしいろいろ知らないことも多いし。

・guild art runに参加。casterはbot thurgeのbtだけというfg。
meleeの力技でこういうのやっちゃうのが凄いね。

scorpion tail ring:余裕でkill
Healer's Embrace Cloak:発見できず
Nailah's Robes:これも駄目
Egg of Youth:問題なくget。
Maddening Scalars:popしてれば問題なし
Shades of Mist:popしてなかったので鯖換えて。DI3とfopによる力技。
Guard of Valor:最終的にはgetできたんだけど、非常に苦労した。

1st try-雑魚kill中に居なくなる
2nd try-named healerのheal止められずどうにもならず敗退
3rd try-引っ張り込んで引き離すも、やっぱり殺しきれずMT死亡。
そのまま私がtownまでpullして、一匹をtownで殺す。
戻るところを追っかけると戦闘してたところで残りがうろうろ。
4th try-というわけでそのままアタック。本体が暴れ回るので
それをpullしていくと、なぜか特定のzoneで停止。
それをお見合いでそこに止めたまま、healerを一人で離して止めて
caster、本体と順に殺す。まぁほとんどexploit。

・cast speed上げたいなと思って調べてこんなものが。
Sekhmet's Blessing Crown: 100% quality, 100AF
+4 parry
Bonus to stat enhancement spell effectiveness: 4%
Bonus to healing effectiveness: 4%
Bonus to casting speed: 4%
Bonuse to melee damage: 6% vs. elementals

Sekhmet's MessengerっていうToA questより。早速要チェック。
しかしこれmausekhmentのfactionいるとの事。何で変わるんだこのfaction。

・ToA questといえばこれもある
Lava Etched Belt: Level 50 Item, 100% Quality
Heat: 6%
Body: 6%
Hits: 44pts
Acuity: 15pts
Dexterity: 15pts

Telgar's Redemption。これ行けるかな。

・SC調べて見た・・・なんだこの34healing bonusって。9もoverかよ。
cloakをharpyにしたりneckを変えたり・・・まぁいいや、揃ってから考えよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その158

○1st RR on albs

・mythixさまが私の健康を慮り昨日serverを落されたので
1日1レベル計画は完全に破綻する。

・しかしmythicさまはそこも考えてfreelevelをあと一日に設定して下さったので
lv47.8くらいで止めてfreelevelをgetした。

・Zさんから昔もらった秘蔵の(私もすっかり忘れていた)sshot021staffをついに実戦投入。



Usable By:
- Friar

Magical Bonuses:
- Dexterity: 12 pts
- Cold: 5%

Level Requirement
- 50 Level

Bonus to stat enhancement spell effectiveness: 7%
Bonus to healing effectiveness: 7%
Bonus to Dexterity attribute bonus cap: 7
Bonus to armor factor (AF): 8

Magical Ability:
Function: lifedrain

Damages the target. A portion of damage is used to heal the caster.

Damage: 65
Health returned: 100% of damage dealt
Target: Targetted
Range: 300
Casting time: instant
Damage: Body

- Spell has a chance of casting when this weapon strikes an enemy.


Damage Modifiers:
- 16.5 Base DPS
- 15.3 Clamped DPS
- 4.0 Weapon Speed
- 100% Quality
- 100% Condition
- Damage Type: Crush

Effective Damage:
- 15.3 DPS


・昨晩はC氏にtoaのEbon Hide Bracer questやってもらったりした後
 albがmidにport作ったのでTさんと3人で行って見る。

・人少ないながらもbled全部奪ったので、三人でtower奪い取るぜと
 hib-midがやり合ってるarvに行ってみる。

・arvうろうろしてると、albがglennを攻め始める。
 行こうって言うことになり、chargeしてmid殺してrelease。

・glennは激しい攻防戦。そこでやたら緑なtrollを発見。
 みんなであいつ激写しようという話に(笑)

・しかしそんな余裕もなく、tower落とされるもroof campから一気に押し返して
 mid撃破。そして一気にglenn本体も落す。

・そのころarvはhibが奪い取り、なんとrelic gateが開いてしまう。

・munekyun盗賊団としては、relic以上においしい宝はないということで
 relic攻撃へ(with 50+albs)

・gateのmidやincするhibを蹴散らしtempleへ進軍するも
 さすがに守りは堅く一進一退。最終的には押し返されて負け。

・でも、思っていた以上にalbの動きはよかった。いい戦争だった。
 もう少しうまく押し切ることが出来れば・・・惜しかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-daoc編その157

○go go bands of munekyun

・munekyun盗賊団(C氏命名)はセレブを目指して狩りまくるチーム

・inf C:本人は次元役希望・・・もルパン役で確定。
・arms D:銭形希望・・・って敵じゃん。
・minst T:希望聞いてなかったけど・・・不二子で(笑)
・friar P:実はこの仕込み杖抜くと斬鉄剣。勿体ないから抜かない。

・今日はMa'atis。BKさんも参加。
BKさんついに49でカウントダウン状態。追いつかなかったなぁ。

・こっちは今日で47.5。ついに一日1レベルの法則破れる。

・ここで厄介なのはなんと言ってもcaster。というかsorcでmezしてくる。
healer tauntとるとmezするのでピンチになる事数回。

・でもかなり慣れてきたし、tank mainの堅さが生きて今日も無事故
さそり部屋さえ行かなければ大丈夫かな

・このレベルまで行くとtaunt styleだとほんとにtauntしてしまう問題。
ということでsideCSをsideじゃなさそうなときでも使う。

・でもheal tauntしちゃうのでやっぱりdetauntは手放せない

・とまあ頑張った結果、結構お金も溜まる。

・lv47ともなればartは大抵okだから、ちゃんと調べないと。

・Ceremonial Bracer(DEX)も追加しておこう。
Dex 18/Hits 40/Dex cap 5/Hits cap 40/Slash 6
use1:mez feedback
use2:stun feedback

・数字はscroll。△はbookあり。○はもう取った
Nailah's Robes 2
Kalare neckless ○
Egg of Youth △
Ceremonial Bracer 0
Tartaros Gift 1
Healer's Embrace Cloak △

・scroll値段チェックしとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »