« そう思う | トップページ | 続異世界綴記-daoc編その94 »

血(時間)を捧げるゲーム

 供物を要求するゲームは古今東西数多くあれど
 捧げられたものの総量の多さで言えば
 diablo(1/2)はかなりのものになるに違いない。
 まさに、悪魔に捧げるゲームである。
 
 diablo1は後期に入手し、(比較すれば)ぼちぼちやっていた程度なので
 使い魔から下級デーモンレベルだろうけど
 diablo2は拡張も合わせれば、マイナーだけど名のある悪魔くらいまで
 行ってそう。しかしそれでもその程度。
 悪魔は無限に近い供物を受け入れる。
 その悪魔の本質こそ「確率」である。

 例えば、私が拾った最高のruneはgul。
 これを落とす可能性が最も高い一般的monsterはhellのnamed長老で
 それが0.00019956%。単位が%なのに注意。つまり50万分の1程度
 50万匹はさすがに殺してないけど、メフィrun一日で100killとして
 2万匹くらい殺したかも。

 最も手に入らないruneはzodで、lastbossのbaalが
 0.00000488%の確率で落とすとされている。
 (実際にはさまざまなものが影響するので)
 2000万回hellをクリアすれば手にはいるのか・・・
 一日1000回クリアしても54年。悪魔以外の何者でもない。

 こんなゲームなのでいまだに少しずつやってるわけで。
 やってるのは専らsingleのハードコアをアイテム移動無し。
 ハードコアは一度でも死んだらおしまいという気持ちよい設定。
 最近死んだのを挙げると・・・
 
 WWバーバリアン NormalAct5で爆発君5匹に巻き込まれ即死。
  WWがやっと調子に乗ってきたのに・・・
 Charged Bolt ama NM Act1でFIの爆発で即死。
  Norではあまりに強かったので調子に乗ってNorクリア後すぐ
  NM入りしてしまい、現実の厳しさを思い知らされた。
 Hammer Pal   NM Act2の虫穴ではめられて死亡
  ハンマー最強。ただし開けた場所でのみ・・・
 Lightning Sor  Normal Act2ボス
  Act2ボスがSorの鬼門っぽい。

 とまあHellに行ったのは唯一狼druidだけ。
 これも結局Hell進行するには攻撃力もレジも足らず
 アイテム探しも頓挫して、今はタロンメインのアサシンで
 nor clear目指しているところ。

 まあ、もう一度realmに戻って始める気力はさすがにないし
 一日30分とかで楽しめる程度で十分なんだけれど
 もしこの後継ゲームが出たら・・・
 とはいえdiabloを超えるゲームが出る可能性はほぼ無いので
 私も悪魔に影におびえることなく安心してゲームを買える。

|

« そう思う | トップページ | 続異世界綴記-daoc編その94 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2020/1660227

この記事へのトラックバック一覧です: 血(時間)を捧げるゲーム:

« そう思う | トップページ | 続異世界綴記-daoc編その94 »