« 続異世界綴記-daoc編その93 | トップページ | そう思う »

腹切り一回2万5千円

でも技化け社長に焼肉奢ってもらった。
そんな日。

年が数えられなくなったのに気づく。
昔のことが何年前か分からなくなる。
記憶が消えていくのではなく
砂時計のように、ただ流れ積もる
掻き分け見つけたところで
一握りの砂
両手を広げ滑り落ちてゆく
消えない。ただ積もっていく。
僕はその砂にとって何なのか。

|

« 続異世界綴記-daoc編その93 | トップページ | そう思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2020/1639251

この記事へのトラックバック一覧です: 腹切り一回2万5千円:

« 続異世界綴記-daoc編その93 | トップページ | そう思う »