« 続異世界綴記-daoc編その88 | トップページ | 秋を占なう »

続異世界綴記-daoc編その89

○new classes on Catacomb

 年末予定の次のpatch catacombで、新classが5つ追加されます。
 そのclassの概要がやっと全部発表に。
 
 追加クラスと聞くとSIの二の舞になるのでは・・・という
 話はともかく、公式発表をざっと翻訳。
 ベータ中なのでNDAあったような気がするけど時々情報漏れてくるが
 そのあたりのは非公式なのでなし。
 ちなみに、3realmあるのに5classというのは、
 alb14、hib13、mid12とclass数に差があるのを解消するためらしい。
 これで15:15:14ってまだ一個足りないけど。

 では、公式ページのを翻訳。珍しくちゃんと翻訳してみた。

 [Zealot]:albの triple hybrid class
 albのnew classは、dark priestとか、eveil clericというタイプのZealotである。
 最初はAcolyteとしてChurch of Albionのメンバーではじめるが、lv15で脱退して
 SIで導入された地下世界の王である、Arawnの信奉者になる。
 ZealotはFlexibleWeaponを使うことができるが、small shieldとcloth armorに制限される。
 Evil clericとして、combat styleとdamage spellを持つことで
 fighter/mage/clericのhybrid classになっている。

 [Warlock]:midのNew Caster
 Midgardの地下にある洞窟にのみすむcult集団を起源としているWarlockは、
 呪文を組む技術をマスターした、Helの(clothを纏う)信奉者である。
 彼らは以下の3タイプのspellを持つ:
 Primary spells (Cursing Spec)、Secondary spells (Hexing Spec)、Utility spells (witchcraft)
 WarlockのPrimary spellは、通常のspellより2倍のcast時間が掛かる。しかし、
 warlockはprimary spellを唱えるときはいつでも、secondary spellを追加して
 唱えることで、primaryと同時に掛けることができる。
 これにより、warlockはどんな場合にも合うようなspellの組み合わせができるようになる。

 [Valkyry]:midの女性専用tank
 The Order of the Valkyriesは、幼いころから(死者の国)Valhallaの名誉ある死者の声を
 聞くことができると言われていた、SigrunとBrynhildという名のとても美しい双子の孤児の
 姉妹によってはじめられました。それらの声は幼いころから姉妹に、まもなくMidgardの人々を
 大きな災厄が襲うことを警告し、二人にthe Order of Valkyriesを設立しAlbionとHiberniaに
 対する防衛を指揮することを命令しました。
 Valkyryとなることを選んだNorse、Frostalf、Dwarfの女性は敵にダメージを与える
 武器と魔法をともに使って戦うように訓練されます。彼女らは剣、盾、槍を使うことができ、
 the Order of the Valkyriesにだけ許されたそれぞれの特別なstyleを持ちます。
 彼女らの魔法、Odin's Willは、Valkyrieの前の範囲内の敵すべてに影響を与える、
 Cone Area Effect (CAE)魔法が中心になっています。

 [Vampiir]:hibのstalker系class
 Vampiirは、右手に片手piercing武器を装備する戦士classである。
 戦闘中、左手でVampiir magicをcastすることができる。しかしながら、
 このクラスは通常のpower poolを持っていない。
 いろいろな攻撃、基本的には近接攻撃からパワーを得ることになる。
 このクラスはsafe fall、climb wall、そしてhealth regeneを持つ。
 Vampiiric magicは3つのカテゴリー/spell lineを持つ。
 "Self Enhancement" spellはparry、evade、run speed、magicや
 melee absorptionといったspellを持つ。
 "Offensive Damage" spellは、Lifetap、Flame Strike、
 左手をclawにしてさらなる近接攻撃を行うスキルを持つ
 "Utility"は、mez、lull、debuffといったskillを持つ。

 [Bainshee]:hibの女性専用caster
 Bainsheeは音による魔法を使うcloth classで、女性のみがプレイできる。
 3つのspell likeを持ち、それぞれが3つのarea、PBAoE、AoE、CAoEに
 焦点を合わせている。
 BainsheeはいままでCamelotの世界に見られなかった数多くのユニークな
 魔法をデビューさせる。それらは以下のようなものである。
 Befriend PBAE spellはmonsterを短い時間realm guardに変えて攻撃させる。
 ranged AE wailは持続する限り敵の視界を減らすために使われる。
 Buffering Breath spell(damage absorption buff)は、groupメンバーへの
 一定量のmagic damageを吸収する。
 そして最後に、PBAE shriekは、彼女の息が止まるまで、近くの敵はBainshee
 から逃げ出そうとする効果を引き起こす。

 さて、個人的な感想を。
 Zealotは、専門色の強いalbにhealer/tank/casterのhybridというものを
 もちこんでみたというclass。
 既に器用貧乏と言う方向が確定してそうなこのclass、albからも
 いらないとの声が飛び交う中、ありえる方向性を探ってみると
 guard(BG)しつつassist DD打つcasterお守りタイプ=VWなんかがこれ
 tankとして殴りつつ時々hot/heal=friarがこれかな
 しかしこのどちらのタイプも決して成功しているとは言えない。
 VWがmelee志向だったために、NFでのtank離れが直に影響して
 純tank以上に数が減ってしまうという悲しい状況を見ると
 healer/casterのhybridという方向が強ければかなり生きるが
 tank要素が入れば入るほど駄目になるとの予想。
 ってこれだとNFではtank要素は死に要素って言っているようなものだな・・・
 
 Warlockは、RM、SM、BDに続く4番目のmid caster。
 healer classがhealer/shamanしかいないのでここ増やしてくるかと
 思ったけれどcasterで来たか、とちょっと意外。
 2倍の時間で2つのspell組み合わせた効果、たとえばDD+DEBUFF、
 DD+SNAREなんか普通に思いつくけど、あえて組み合わせる理由もないような。
 たとえばAoEBoltにsingleしかない効果を組み合わせて、遠距離AoEの
 Nearsightとか入るのかな。しかしともかくcast speedが遅いことは
 uninterruptとかでも設定されてない限りマイナス以外の何ものでもない。
 付いてそうだけど。

 Valkyry。明らかに見てくれが重要なclass。強さは二の次。
 女性専用というのも熱いがどうせ9割は男がプレイするだろうが。
 かくいう私もnew classで一番やりたい。っていうか(買うなら)やる。
 もちろん使う武器はspearに決まり。
 rezあるといいな。AoE rezで死者の国から再召喚とか熱い。
 EoYが手に入るようにしてください。お願いします。
 実際RvRでの戦い方はchampっぽいと見ているけれど
 明らかにmez breakerだな・・・

 Vampiirは人気が出そうなclass。既にカッコよさそうな要素満載。
 NFでtankが地に落ちたとはいえ、これはtankではなくstealth系に近い。
 powerがなくて、meleeから吸収して・・・のあたりに危険な感じが
 あるものの、solo classとしてやっていけそうな予感。
 stealthではないっぽいが、予想ではVampiiric magicに透明化とかの
 spellがあるのではないかと思われる。
 生かせば生きるskillは多いが、何もできずあっさり死んでそうだな・・・
 
 Bainsheeはhibの女性専用caster。なんか暗くて地味な気がしますが
 気のせいですか。ほんとにユニークな魔法が満載なんですか。
 例に挙がってるのは既に存在するものばかりですが・・・
 期待できるのはCCかな。前々から思ってたけどどうしてDAOCに
 silence系の魔法がないのか。bainsheeには是非ともsilenceで
 caster黙らせてほしい。chant系debuffでもいいからさ。
 casterが辛すぎる?mezとstunはtank/caster同じくらい効果あるけど
 rootはtankとcasterでぜんぜん違う。この逆があってしかるべき。
 あ、healerも止まるのか・・・殴りに行こう(笑)
 まあ実際には、silence対策のspellとかないし、新たなCCとして
 hibにだけ導入されるはずがないので、insta stunとかかなと。
 Zephyrみたいなのもありかな。個人的に気になるのが金切り声の
 SEがどれくらいで物理的に相手プレイヤーにダメージ与えるか(笑)

 RvRのバランスとか、もう論外ということで、楽しめるclassをプレイするのが
 今のdaoc。dungeonがインスタンスゾーンになり、知らない人が入ってこない
 という隔離された場所になったように、そのうちRvRも決まったメンバー/
 相手同士だけでやるようになりそうだ。
 「ゲームのやめる潮時」=「決まったことしかやらなくなる」

|

« 続異世界綴記-daoc編その88 | トップページ | 秋を占なう »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2020/1566712

この記事へのトラックバック一覧です: 続異世界綴記-daoc編その89:

« 続異世界綴記-daoc編その88 | トップページ | 秋を占なう »