« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

頭痛

妙に頭が痛い一日だったな。
コジコジ見すぎかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネジ

コジコジDVDBOX入手。
早速鑑賞会開催。

あ、ちがったっけ。
まぁいいや。
みんながゲームに疲れた後に勝手に再生。

オープニングのコジコジ銀座見た時点で
昔見た記憶がよみがえる。
もう7年も前なのか。
ふと深夜にテレビをつけていたらやっていた第一話。

一話見た時点でみんな呆然と。
頭のネジが緩んでいく感じというのはこんなものなのか。
二話続けてみたところで解散。

ちなみに全17巻100話。
やっと一回を見終わったところ。
何と言うか、毒気を抜かれるではなく
薬効のある温泉のように何か得体の知れないものに使って
毒みたいなのが体に少しずつしみていく感じがいい。
6話立て続けに見ただけでかなりネジが緩んだ。

ネジ緩みたい人はご連絡ください。
いつでも鑑賞会開きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

crack


まぁ、まずはこれを読みたまえ。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040527203.html

あなたがここに書いてあることが全く理解できないとしたら、
それはあなたが健全であるということを示している。
さあマシンの電源を落とし、いつもの生活に戻ろう。

もし、自分はゲーマーであり、うわさに聞くMMORPGに
興味があるとしたら、この記事は警戒心を起こすのに
十分なものだ。さぁ、あなたはそれでもチャレンジするのか。

既にMMORPGプレイヤーである場合・・・この記事は
数通りの読まれ方をするだろう。
単に流行のゲームに対するバッシングの一つと切り捨てるもの。
ごく一部の特殊な人たちの事を指すのだろうと第三者的に見るもの。
自らのプレイを振り返って、やはり少しはまりすぎかと反省するもの。

リアルでの薬物はとてもリスキーであることは多くの人がわかっている
と思う。ここではそれについては触れないが。
さてゲームではどうだろうか。

ゲームにおける薬物の(あるいはその他いかなる行為でも)代償は
リアルに比べれば圧倒的に少ない、と言い切れるのか。
ゲームのもたらす快楽がリアルを上回る人たちにとって
ゲームの中での薬物が引き起こすものはどのくらいなのか。
快楽それ自体が薬物であるというところからしても
これが意味するところに恐怖を禁じえない。

buffなしではやっていけなくなったstealthはたくさん見た
私は、リアルで薬物で服役した経験のあるstealth playerの知り合いが
buffbot使わなかったのも、なんかそういう「感じ」があったからに違いない。

薬物中毒すら内包するゲームの懐の深さ、というものよりむしろ
ゲームだって所詮はリアルの一部という悲しさのほうが
強く感じられたニュースだった。

hotwiredはMMOの側面あたりのhotな話題をよくニュースにしてくれるので
こういうのが好きな人は要チェック。って私だけか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三連発

今日もコジコジの話。

DVD買いに行くことを決めて駅前へ。
ちなみに価格は前回の3冊衝動買いの十倍ほど。
しかし現在のコジコジポイントはそれをはるかに上回るパワー。
迷わず現金購入予定。

しかし店を数件回るも売っていない。
コジコジポイント消費。
しかしそれでもまだまだ。
という事で注文。

久々に注文なんてことをしてみた。
もともと、自分の欲しいものを置いていないような店に
注文なぞ出したくも無いのだけれど
仕方が無い・・・

注文に際し、名前はともかく、電話番号を聞かれる。
何に使うのかいぶかしみつつも書く。
そして最後に、「品物届き次第連絡しますので。」
現在、うちの電話線には電話機は接続されていないのだが・・・
どのように連絡するつもりなんだろうか。

そんなことなら携帯電話の番号を教えておけばよいかと
思ったけれど、携帯も持ち歩きもしなければ出もしない事を
考えればたいした違いは無いか。
メールアドレスが一番確実なんだがなぁ。
連絡取る方法を教えてくださいといってもらえれば。
今度から、電話番号聞かれたら「ありません」と嘘でもつくかな。

簡単に連絡が取れてしまうような人間は
軽い人間だと思っているのは、私だけですか。
そうですか。

しかしそれでもまだ余りあるコジコジポイント。
店に直接三日おきくらいで通ってみるかな。
あ、ついでに電話機も取り付けるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知る人ぞ知る

私はかわいい物好き。
cojicojiカワイイなぁとぼっーっと見てる。

私のかわいいものは人と少しずれているかもしれないが
コジコジホントにかわいいから。知らない人は是非見るべし。
http://www.nippon-animation.co.jp/na/cojicoji/

あー、DVDほしくなってきた。凄く欲しくなってきた。
週末探しに行くこと確定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買い

ドライヴの帰りに寄ったデパートで立ち読みしてて
ふと目に止まったあるハードカバーのマンガ。
2秒ほど迷って購入しました。
それはあの名作「コジコジ」
ほんといいから。お勧め。
既に二回も読み返してしまった。

好きなキャラはなんと言ってもコジコジ。
好きな作品は「手紙を書こう」かな。

しかし1-3巻までしかなかったのがいかにも残念。
探しに行くかな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

満喫

車買って10日目の友人を誘い出して三人でドライヴ。
一日で今まで走った距離よりも長い距離に。
雨も通り過ぎた、少し肌寒い春を満喫。
選択肢がいいほうに行く流れのよさもあり、
しゃべりたいだけしゃべって、おいしいもの食べて、
予想外に運動してみたり、また感動に触れたり。
文句なしの大成功ってことで。
また、次回の企画も立てなきゃね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こういうの好きかな

確率を説明するときにはいつも困る。
人間の思考は確率を処理するのに向いてないに違いない。
なぜなら確率には人間の直感に反するものが本当に多いから。
私はこれは人間の欠陥のひとつだと思っているけれど
あるいは確率という学問自体の問題かもしれない。
ちなみに、私は統計は大っ嫌いだけれど確率は好き。
これは生来の天邪鬼的な志向からだろうと。

というわけで、こんな問題。

ばらばらの大きさの正方形の板がいっぱいほしい。
大きさとしては、一辺20cmから40cm。
これを100個買ってみた。
ちなみに、板は1cm2で1円。

20~40cmなので平均すれば一辺30cm。
つまり900cm2=900円
これが100個なので9万円。
ということで、店に9万円出したら
「1万円足りませんよ。」

その理由を聞いてみると
「一番小さいのが一辺20cm、つまり400cm2=400円。
 一番大きいのが一辺40cm、つまり1600cm2=1600円。
 400円と1600円で平均すれば1000円。
 これが100個。だから10万円です。」

さて、この1万円の差はどこからでてきたのか。
本当はどちらが正しいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈折光一枚追加

まぁ、みてやってください。
一応ギルドのGMは私がやってます。
ちなみに、GM rank nameは、seijin。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

remind

学生だった頃、一度だけあるゲームの攻略ページを作った。
プレイした総時間で言えば他にもそれ以上にやったゲームもあるけれど
攻略なんてものを書いたのはそれただ一度。
正確には攻略というか情報なんだけれど。

それ以来やらなかったのは、やる価値のあるゲームがなかったから。
こういうと語弊があるけれど、つまり
自分の手で攻略を書くほどのゲームが無かったという意味で。
実際本当に大変な作業だった。

当時、うちにブラウザーが無かった。msdosだったし。
ネットワークはつながっていたけどhtmlを見れる環境じゃなかった。
よってテキストエディタでタグを打ってフロッピーに入れて
学校のunixで確認するという手順。今考えても良くやったな。
もちろん情報内容もすべて自分の手作業による研究結果。
実験の方法論も何も無いところから作ったので、あれきちんと
論文にすれば卒論よりよっぽどすごいものになったと自負してる。

それはともかく、そのときに、ゲームの情報をwebで公開することについて
開発の人にメールで尋ねたことがある。
もちろんキャプチャーなんてことも出来なかったので
公式ページからちょっとだけアイコンとかの絵を使ったくらいだけど。
回答は、本来なら無断でやれば法律に触れるだろうけれど、
個人では許可を取るのも大変。だからファンが個人的にやる範囲内なら
うちだけではなくどこも黙認するだろうという感じだったと記憶している。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040518/accs.htm
このニュースを見てそんなことを思い出した。
特にこのニュースに何か思い入れがあるわけではないけど
被疑者の人はほんとにゲーム好きだったのかな。
ゲーム好きだったとしたら、愛せるゲーム見つけられなかったのは
可哀想だなと。いやむしろ愛されるようなゲームが無い今の世を
嘆くべきか。ともかく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

signal

 帰り道。信号待ち。
 ふと思い眼鏡を手に。

 幼い頃に視力を失う。
 以来何かの力を借りずに
 ものをまともに見ること出来ず。

 花咲く光。
 はなはだしい乱視ゆえに
 総ての光は千々に散る。

 心してみると
 顕微鏡でみる細胞のような様。
 そのなかに蠢くもの。
 光が自らの生命を映し出す。

 明滅する緑の光。
 その中に絡まりあう白い紙。
 それが人を象るものと気付く。

 再び眼鏡を掛けた時には
 赤く光る信号。
 風はすぐ近くを走る。
 再び静かに待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危うく衝動買い

 知り合いのニューマシンの話を聞いていたら
 本気でニューマシンほしくなってきた。
 おりしもRadeon X800が発表され、
 性能などについても自分の思う方向に近いので
 ビデオカードはまず決定。
 ・・・いやまて、X800には
 RADEON X800 PROとRADEON X800 XT PEがある。
 前者は既に市場に出て5-6万。
 後者はもう少し先で値段も上。さすがにXTはキツイな。

 次はCPUとM/B。CPUはAthlonなんだけど、なんとなく
 64にしたい。いやもちろん64bitにする理由も無いけど。
 となればVIA K8T800チップセットか。
 この路線だとビデオカード抜きで12-15万かな。
 メモリは512MBで十分。
 HDDは120-160あたりで。実際ほとんど使わないし。
 OSはXPHomeでいいかな。それで十分。

 athlon64は比較的値段はこなれてそうかな。
 X800の方はさすがに現実的に一月待ちたいな。
 GeForce 6800でれば状況も見えてくるし。
 しかし逆に値段が上がるかもしれないけど。

 個人的にもうひとつ気になるのがPCIexpressだったんだけど
 これ夏に実際買えるようになってるかと言われると
 微妙な気がするんだよなぁ。
 ATIはすぐに対応してくれるとは思うけど。
 それほど最高レベルのマシンじゃなくてもいいネットゲーメインだしなぁ。

 FFやリネ2のおかげでハイスペックゲームPCが売れてくれたから
 値段が安くなったことを思うと、ちょっとは感謝したいな。
 要求スペックが高い=技術が低いだった頃に比べれば。
 ま、今でも実際にはそうなんだろうけど、処理を改善した分
 楽に動くようにするかより重い動きにするかという選択で
 後者を選んだことにすればいいんだろうね。
 むしろ、処理を軽くする方向にだけ力を注がなくても良くなったというべきか。

 ニューマシンの一番の問題点は、置き場所。
 4台目ともなると発熱や電源もやばくなるし。
 デカいタワー二台はきついしディスプレイどうしようかなど
 こっちの方が重要かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-その36

○struggle

 BG1いろいろやってるわけなんだけど
 やっぱりなれない部分も多くてキツイ。
 コミュニケーションに問題は無いんだけど
 初めてのサーバーということもあるし。
 まあ、lv50のRvRよりはマシなんだろうけれどね、これでも。

 guild chatで日本語で話したり、作戦立てたり、愚痴言ったり
 しながらって言うのがまだ救いかな。
 tri/hibの時は大抵一人であれやっていたけれど、
 もうちょっときちんとそれぞれ動いてくれていたような・・・
 どちらかというと、勝手にleadしたがる奴が多かったけれど。

 今日も苦労しながらck raid。敵はほとんどhib stealthだけ
 それでも一回失敗して、healerにきてもらってもう一度。
 最終的に取れたから良かったものの・・・疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

澱み

無性にダラダラしてる。
よってなんか澱んだことを書きたくなった。

で、書いたんだけど、駄目だった。
一応blogはほとんど下書きしてから書いてるので
あまりにひどいとアップしないんだけど
ひどかったね。
澱んだことは、澱んだときにしよう。

まぁ、一応何かこうとしたかをメモしておく。
「鬼」と「竹」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

money is time

 幼いころ、飛行機事故の被害補償金で、日本人とほかのアジア人で
 金額が違うというニュースを聞いたときに、素朴な疑問を抱いた。
 日本人が一年間暮らすお金で向こうの人は一生暮らせる。
 そう考えれば、妥当なのかもしれない。
 しかし人間にそこまで差があるのか。
 考えてみれば、向こうの人も日本人も同じ額のお金を払って飛行機に乗る。
 つまり向こうの人にとっての飛行機の価値は高いわけだ。
 払った額に対しての払い戻しに対してレートが違うのは差別とも言える。
 そもそも、なぜ為替レートと物価がそこまであっていないのか。
 お金が先にあるのか、物が先にあるのか。

 とはいえ、そこで日本は高いというのが結局埋め込まれてしまった。
 何もかも高いのでバランスが取れていると無意識のうちに。
 海外へ行くと物が安く買えるのが当然。
 でも日本のほうが高いだけに保障も高い。

 CDの輸入が法律で制限される話は周知のことだと思う。
 発端はアジア向けに安く売り出している日本の曲のCDが
 逆輸入されることを防ぐため。
 こういうのも自然に当たり前に感じるわけだ。
 海外ものの日本語版は高くて当然。
 翻訳とか、輸入の手間とか、中間マージンとか。
 しかし海外への日本語物も安くて当然。
 なぜなら日本は高いから。extraな部分なので利益率低くしてもいいし。

 だから日本はカモにされているとか、そういう思いも特に無い。
 そもそも音楽CDを買うのはカモられている人たちだし。
 音楽なんかまだまし。ゲームを見てみれば。
 海外ゲーム、もし万が一日本に代理店できたら代理店通さずに
 入手が困難になる。そして日本語版だそうものなら大変面倒に。
 場合によっては国内権利を買われて日本から海外へアクセスできなくなる。
 その上サポートがクズだったりすると、(大抵クズだけど)
 日本市場どころかそのゲーム自体無かったことになる。
 ここまでひどいと悪意を感じる。
 本当に悪意があって海外ゲーム版権を獲得するところもあるし。

#親しい知り合いなら、私がある日本のゲーム会社を毛嫌いしていて
#そこのゲームについては一切関わらないことを知っているかも。
#悪意には悪意で対抗するけど、あれは悪意ではなくただの無能だから
#まぁさすがに自分の中で無視する以上のことはしないけど。

 気をつけなくてはならないと感じることが
 「餌をやらないでください」
 何の考えも無くただ餌を与えていたペットに、急に食事制限かければ
 ペットは当然怒る。
 何の考えも無く原価数円の板切れを数千円で買っていて
 急に買わなくなれば売ってるほうは怒る。
 餌のやり方には気をつけなくてはならないのが当然。

 そのうちにさ、友達家に呼んだときに、音楽かけても
 来た友人がその音楽のライセンスとって居なかったら聞こえない
 なんていうことになるのか。そのほうが自然だけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続異世界綴記-その35

○isolation

 別に日本人が嫌いなわけではないけれど
 今までどんなゲームでも日本サーバーではプレイしてこなかった。
 確かにDiablo2は日本人とばかりやっていたけれど。

 DAOCに日本語版と日本語サーバーができるらしい。
 いまさら、何の勝算があって・・・
 もしかするとプレイヤーに日本人多いのか?

 Tri-hib辞める前に、最近のRvRで何が一番駄目なのか
 という話をしたことがある。
 私の考えは単純だった。Closed RvR is what I dislike.
 そりゃまぁいろいろな理由で閉じなきゃいけないこともある
 私もずっと完全オープンでやってきたとはいわない。
 しかしそれでもこのことは意識していた。
 RvR、いや、MMOはopenであったほうがよいと。
 
 私が何をclosedと呼んでいるかはさておき、
 Japaneseはclosedであることがとても多い。
 今、ちょうどJapaneseとdaocプレイできる機会を得たんだけれど
 それは僕にとってはあるひとつの実験でもある。
 自分たちJapaneseを客観的に見ようという。

 Tri-hibでは、Japaneseでは無い世界に身を投げ込んで
 幸いにも数々の友人を得て、その助けで何とかやってこれた。
 しかしもしあの時Japaneseが周りにいたら、ああはならなかった
 のではないかと思っている。
 そもそも私は日本人の中でも特に日本人的でclosedな人間だったりする。
 そしてそのことが、私がclosedであることを嫌う最大の理由なのである。

 もう時効なので書いてしまおう。私はあるRvR guildが嫌いだった。
 それはまさにここに書いたようにclosedだったから。
 それに近い行為を見たときには今でも私は背を向ける。
 私はこれを「嫉妬」だと思っているが、それゆえに
 「主義」でもある。

 日本語サーバーは隔離である。自ら隔離したい人たちだけではなく
 わけあって隔離させられてしまう人も出てくるのではないかと思う。
 私はかつてUSサーバーでありながら某国がメインになってしまった
 サーバーを見たことがある。それゆえにその国にサーバーが建てられ
 隔離しようという流れになった。
 daocはそうではないと思うが、そうなってもおかしくない理由もある。

 何も日本人だけの問題ではない。だからこそ、隔離されたくない。
 何も開けっぴろげが一番というわけじゃないけれど。

 追記・・・なぜに実験しているか。
 それは次のMMORPGのため。
 自分が日本人とプレイしてもopenになれるかどうかが知りたい。
 もし駄目なら、再びJapaneseを避ける必要があるだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気まぐれゲームニュース

E3開幕ということでいろいろニュース出てきてます。
とはいえ今年もほぼ見るものは無いゲーム業界です。
携帯ゲーム機?そんな画面の小さいゲームはやりません。
そういうのは小さい人向けです。年齢とかいろいろ。
気持ち悪くならずゲームできるヘッドマウントディスプレイと
ワイアレスブロードバンドが整ったら行けるかも。
いやまぁ、MMOのshop経営とかを携帯でチェックしたり
指示出したり出来るようになったら使うかも。

ともかく気になったニュースをいろいろ。
1.Halo2 11/9発売決定!
 ・・・遅いよ。いくらなんでも。
 半年早ければ・・・といわれるタイトルになりそうな予感。
 PCとxboxじゃもう2世代以上差があるけど、それを
 作りこみでどこまでカバーするのか。
 最近のFPSの2大流行、高度なAIと現実的な物理計算という
 路線は期待できない・・・けどちょっとは期待。
 洋ゲーにチューニングによるバランスは期待してないので
 あと期待できるのは・・・圧倒的なパワーかな。
 

 以上。結局他にニュース無かった。ごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WoW:Skills, Talents, Abilities and Spells

ちょっとWoW調べていたらこんなpostを発見しました。
WoWのskill関係についての説明です。
classが少ないwowで差を出すのはこの辺になってくるので
そのシステム知っておくことは結構重要かと。ざっと訳してみます。

---
WoWでは、questしたり敵を殺してxpを稼ぎます。十分な経験値を獲得していけば
レベルが60のcapまで増えます(レベルに必要な経験値はどんどん増えていきます)
レベルごとに1のSkill Pointと10のTalent Pointが入ります。Lv10では15
Talent Pointが、Lv20以降は20Talent Pointが入ります。

Skill Points

Skill PointはSkillとTradeSkillに使えます。両方ともやろうと思えば振り直せます。
Priestの場合は以下のskillではじまります:Defence, Holy Magic, Maces, Staves, Unarmed and Wands
Skill Pointは新しいskillの獲得のために使われ、既存のskillの上達には使えません。
Skillは使っていくことでのみ上達していき、レベルの5倍までしか伸びません。
新しいスキルはtrainerからskill pointで買いますが、上達のためにはtrainerは要りません。

どのclassもいろいろなTrade Skillが使えます。
Skill pointを使ってTrade SkillのRank(beginner, journeyman, and expert)を買うことが出来ます。
Beginnerを買って特定のレベルまで上達したら次のレベルを買っていくことが出来ます。
Trade skillは、rankをあげるのにlevelupしてskillpointが必要なことを除き、
自分のレベルとは独立しています。
新しいtrade skillやrankはtrainerからskill pointで買いますが、そのrankの中で上達のためには
trainerに会いに行く必要はありません。

Talent Points

Talent PointはTalentやAttribute Enhancementに使えます。これらはいったん獲得すると戻せません。
Priestの場合はなにもTalentない状態からはじまります。
Talent Pointは新しいTalentか既に獲得したTalentの改善に使えます。
Talentを獲得したり改善するためには一定のレベルが必要です。
Talentを買うのにTranerは要りません。

Priestの場合はなにもAttribute Enhancementのない状態からはじまります。
attributeは Strength、Agility、Stamina、IntellectとSpiritがあります。
Attribute Enhancementsはアイテム以外でattributeを増やす唯一の手段です。
Talent Pointで新しいAttribute Enhancementや既存のAttribute Enhancementを改善できます。
Attribute Enhancementsを買うのにTranerは要りません。

Abilities.

Priestの場合は以下のAbilityではじまります:Dodge [Passive] and Shoot
新しいAbilityを取ったり、改善したりするにはTrainerにお金を払わなくてはなりません。
Abilityは使うことで上達しないですが、特定のSkillと結びついており、
そのSkillを使うことでAbilityが上達し、Abilityの上達でSkillの効果を増していきます。
Abilityを獲得したり改善するためには一定のレベルが必要です。
Abilityに関するpointはなく、Trainerから買うだけです。

Spells

Priestの場合は以下のSpellではじまります:Holy Smite and Lesser Heal
SpellにはRankがありますが、それらは実際には異なるSpellです。古いSpellに
上書きされません。Spellは使うことで上達しないですが、関連付けられたSkillがあり
それはSpellを使うことで上達していきます。
たとえば、Lesser Healを使うことでHoly Magic skillが上達していき、それにより
Lesser HealのようなHoly Magic spellが改良されます。
特定のレベルで特定のspellを獲得します。
Abilityに関するpointはなく、Trainerから買ったりモンスターから見つけるだけです。
---

使用により上達するシステムと、Skill購入により上達するシステムが
両方混じっているので分かりにくいかもしれませんね。
この辺の仕組みがうまく行っていればclassの中でも割り振りによって
特徴が出せるとは思うんですが、そうでもないとclassが少ないので
パーティー構成もかぶりまくって面白くないとかになるかも。
この辺の調整はbetaで期待したいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-その34

○minidooom

 何時も贔屓にしてもらっている・・・なんか違うけどまあいいか、
 Tristan albionのKAZEの皆さんに誘われて
 midを一緒に始めました。
 キャラはkobold shaman。出来るだけ小さいのを作ってみました。
 方向性はbuffってhealも出来るすばしっこいやつかな。

 24まで上がったのでBG1行ってますが
 あんまり盛り上がってないみたいでいまいち。
 でもいろいろ新鮮で楽しいです。
 私がmidやってたのははるか昔なので
 足引張り気味ですがまた時間があったらよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-その33

○new frontier beta

オープンベータとなったと聞いて早速挑戦。
いろいろ楽しんだり実験したりしてきました。
いや、マジで面白い。人も多いし知り合いも多い(笑)
しばらくtristanには行きません(きっぱり)

フォトアルバムに3枚ほど追加してきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続異世界綴記-その32

○never surrender

 連休中もちょくちょくDAOCしてました。
 ほとんどkeep raidしかしてませんが。
 連休前にmidのrelicひとつ取ったのが一番楽しかったかな。
 あれstreamが私に声かけて始まった即席RR。
 3.5FG位で一気にdoor落として奪いました。さすがに
 全部は無理でしたけど。
 log全部残したので暇なとき眺めていました。

 そろそろfrontierが来ます。
 やめようかどうしようか迷っていたけれど
 止めても何もないということで続けてます。
 さてどうなることか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喉やられた

連休中、家族でラフティングなるものに挑戦してみた。
簡単に書けば、ボートでの川くだり。
ボートは八人のりくらいの大きなもので、そこそこ急流を
ジャンプしたりひっくり返ったりしながら楽しむというもの。

清流と新緑の春をちょっと冒険的に楽しむ予定が・・・
あいにくの雨。というか嵐。注意報が出ているくらい。
取りあえず向かうもかなりの雨と風。
というわけで他の作戦でも考えようかと思っていたら、
なんと、やれるらしい。

半信半疑ながらウェットスーツを着る。何度か着たことがあるので
これ着れば取りあえず寒さで死ぬことは無いと知っているものの、
川を見ると濁流。木が流れてる。んでもカヌーしてる人もいる。

乗り方などのレクチャーを受けて早速挑戦。
こうなれば引き返せない。うちの親はスポーツしてるとはいえ
さすがに年だし、ひっくり返ったときは・・・

乗ってみると思ったよりスピード感は無い。しかし波が乱れていて
きちんとこがないとすぐに回転する。
今日は特にひどいらしく、ガイドも「申し訳ないですが、この天候なので
遊び無しでホンキに行きます。」とのこと。

しかし二山ほど超えたところで先行するボートが激しく転覆。
うちのボートは早速救助に向かう。何とか助けあげるも
今日の天候はどんどんひどくなっているらしく、途中で中止。

しかしまぁ、うちの親は最初はかなりびびって居たものの
もう一度来ようなんていいだすような人間なので
多分私ももう一度行かねばならないだろう、と。
それまでに少し泳ぎ思い出さないと駄目かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせ

ひさびさに、師匠と昔の知り合いのかたがたに会えた。
昔は年に一度は会っていたものの
ここ二年ほどはその機会が無く遠くなってしまっていたけれど。

皆さん、びっくりするぐらいかわってなかった。
それ以上に、集まってやることが昔と全く変わっていないのが面白かった。
えんえんゲームの話をして、同じところでご飯を食べてゲームの話をして
最近のホットな(文字通り熱いやつ)ゲームもちだして、ゲームの話して。

ゲームの話し、他でも散々してるつもりなんだけれど
なんかここに来ると最近ゲームの話しあんまりしてないなぁと
思ってしまうくらい。もっとゲームの話をしたくなったり。

いや、ちがうかな。
師匠一家の暖かさの中で
嫉妬すら生まないほんとの幸せを見て
あれならゲーム捨てても納得ですし
むしろゲーム以外の事を考えたくなったり

ま、無理かな。あと数年はゲームしかないかな。

ともかく会えてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »