« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

廃人相手

廃人相手にはこちらも廃人覚悟か・・・
世知辛いがさすが廃人だと思った。
ああとにかく眠い。寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のぼやき


 あー、ミカン食べてー。
 コンビニで買ったらまずいうえにすぐ腐ったし。
 大体封開けた瞬間にこれは駄目って言うミカンだった。
 一箱くらいほしいな。
 とにかく食べれるときに食べたい。

 ミカンのいいところは、その多様性。
 種類もさることながら一つ一つがまた違う。
 懐が深いんだよ。
 そこが、たとえばイチゴとかとは違うね。
 イチゴなんざ、ひよっこどもの食べ物だ。

 スイカはミカンに近いが、あれは夏だ。
 少なくとも冬はミカンだ。
 メロン?あれは飾り物だ。
 大学生のとき、学祭のあと、
 数個のメロンと数人が残され、
 何人かで一個ずつ持って行き
 僕と友人と3つのメロンが残された・・・
 あれ以来、メロンといえば「残りもの」のイメージだ。

 というわけでポンジュースリッター単位で飲んでみた。
 やっぱ生のミカンの方がいいよ。
 剥くのがいいんだよね。素手で剥ける所がもっといい。
 勿論素手で向けないタイプの「ミカン」もあるが
 またそれはそれで趣がある。

 取りあえず、デスクトップの壁紙をミカンにしてみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロフィール


 blogに自分のプロフィール書くところあるんですが、
 まだ書いてないです。
 何書こうかと考えているうちに、どうでも良くなって来て。

 それなら、と。「私のプロフィール」募集します。
 私、T.2038のプロフィールになるような質問など
 コメントで書いてください。その中から適当に
 答えられそうなものを書こうと。

 たとえば、「好きな果物は」とか「いままでで一番金使ったゲームは」とか
 「人間の染色体で一番好きなのは」とか
 「お前が生きていていったいなんの役に立つのか」とか。

 誰も書かなかったら、詩でも書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

World of Warcraft FAQ訳-その7

 原文はここ
 現在までのリスト
  World of Warcraft FAQ訳-その1
  World of Warcraft FAQ訳-その2
  World of Warcraft FAQ訳-その3
  World of Warcraft FAQ訳-その4
  World of Warcraft FAQ訳-その5
  World of Warcraft FAQ訳-その6

○戦闘

・戦闘はどの様に行われますか。他のMMORPGの戦闘との違いは何ですか。
総じて、WoWの戦闘は他のMMORPGの戦闘に比べて、"クリック勝負"となることなくペースが速くなっています。敵を攻撃するときは戦闘モードに入ります。戦闘モードでは、キャラクターは自動的に繰り返しターゲットを攻撃しますが、プレイヤーは一番よいタイミングでスペルやスキルを使うことを任されています。魔法使いが大量の呪文を唱えられるのに対して、戦士や他のmeleeクラスは戦闘中に使える多数の戦闘スキルを持っています。

・戦闘は、diabloのような"hack and slash"ですか
早い展開の戦闘であっても、戦術や戦略の要素がそれぞれの戦いに必要になるでしょう。
["hack&slash"gameとは、何も考えずぶんぶん振りまわしバンバン魔法使ってどんどん敵を殺す、簡単に言えば単純殺戮ゲームです。diabloがそうとは断言しませんが、一回の戦闘の「重み」と言う点ではMMORPGとは趣が違います。]

・Potion勝負のRPGですか?
いいえ。healthとmanaは時間に応じて自然回復しますし、プレイヤーはどちらの回復のためにもポーションを飲む必要はありません。それはそれとしてポーションを持つことはちょっとしたコストで休憩時間を遥かに短く出来る良い方法です。しかしながら、ほとんどの消費アイテムには冷却時間があり、素早く連続して使うことは出来なくなっています。
[つまり、普通は持続型の回復量増加potionになるのかなと。]

・どんなタイプのPvPが提供されますか
我々は、PvP機能が多くのゲーマーにとても重要であることを知っています。故に、WoWに、ある種のプレイヤー同士の戦いを組みこむ予定です。しかしながら、PvPに参加したくないプレイヤーはそうする必要は無いでしょう。PvPは、この種の戦闘に参加したい人が楽しめるように合意の上で組みこまれます。WoWにおけるPvPについての案内は今後されるでしょう。

・このゲームで死はどの様に扱われますか。
キャラクターは(可能なら生き返してもらうため)死んだ場所にしばらくとどまるか、またはリリースを選択出来ます。プレイヤーがキャラをリリースするか、又は一定時間が経過したあと、キャラクターはバインドしたところにすべての装備を安全に損なわれずに持って現れます。幾つかのペナルティーはありますが、我々は死がプレイヤーにフラストレーションを与えないことを確信させることです。
[DAOCの死のシステムにとても近いですね。もっとも「楽な」システムでしょう。個人的にはもっと厳しいシステム(UOみたいな)が好みなのですが、アクション性とプレイしやすさをメインにするとどうしてもこうなるかと。]

○スキル

・skillシステムはどのようなものですか
キャラクターは数多くのクラス専用スキル(class skill)と一般用スキル(secondary skill)の両方を得ることが出来ます。class skillはclassにより決定されており、キャラクターの重要な部分です。例えば、戦士の剣のスキル、斧のスキル、メイスのスキルはみなclass skillに数えられます。また、非常にに幅広いsecondary skillが入手可能であり、それによりプレイヤーはキャラクターに独自の趣向を付けられます。secondary skillの例として少し挙げると、手当て、鍵開け、乗馬、釣り、薬草学が含まれます。
[Rogueというclassがいるのに、secondaryに鍵開けが入っている所を見ると、class skillの多くが戦闘などの直接解決のskillになりそうですね。]

・secondary skillについてもっと教えてもらえますか。
secondary skillは世界中の様々なトレーナーから学ぶことになります。幾つかのスキルはレアでそのためのトレーナーを探すのは難しくなるでしょうし、他のものはもっと一般的で、複数の街にトレーナーがいるでしょう。
各レベル毎に、プレイヤーはゲームで様々なところからsecondary skillを買うために使うことが出来るskill pointを獲得します。WoWのsecondary skillの例としては、偵察用のぜんまい仕掛の人形のような各種の機械装置を作ることの出来る機械工学や、プレイヤーがレアな薬草を見つけて集めることが出来るようになる薬草学があります。

プレイヤーは使うことの出来るポイントが限られているので、大抵少しのskillを専門化するでしょう。これはプレイヤーに自分の持っていないスキルを持った人を探すことを奨励します。

・どうやってスキルを上達させますか
プレイヤーは使うこととレベルを上げることの両方の組み合わせでスキルを上達させます。キャラクターのレベルは与えられてスキルの最大の潜在能力を決定する一方、特定のスキルを使うことはそのスキルの熟達度合いを決定します。
[この辺りからスキルシステムはいろいろなシステムの「コンビネーション」になって居るようですね。]

・プレイヤーはトレードスキルで自分自身のアイテムをつくれますか
WoWはプレイヤーに世界に関わるスキルや、数多くのユニークなアイテムを作成する可能性を与える幅広いトレードスキルを特徴としています。特定のトレードスキルに関するアナウンスは開発の途中で公開されるでしょう。

[おまけ]
 ついにベータの登録開始です。2/4までですが、USA、CANADAと韓国在住限定ですから。NDA掛かるでしょうから情報がどんどん出てくるとは思えませんが、それでも期待は出来ます。ただ油断は出来ませんが。
 WoWのFAQ訳もそろそろ終わるので、次何にしようか考えてたり。MEOのFAQの翻訳でも良いかな。一番ありそうなのは○○r○○○。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101248
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83216
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34031
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29991
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20999
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19215

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんかこう


 特に何もない日常の良さは、悪いことがあったときに
 はじめて分かるのかもしれないけれど
 何もない日常の悪いところは
 良いことがあったときに見つかるわけでもない。
 むしろ良いときには、日常のよさが見える。

 日常の悪さを探すのは難しい。
 でも日常にこそ悪が潜む。

 blogの書く量減ったな・・・忙しいからかな。
 日記も書いてるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旗取り屋も楽じゃない

 haloやってたらこんな時間に・・・
 風呂に水張りながらhaloやるつもりが
 水風呂になってしまった・・・

 haloたまに始めると止められません。
 悔しいのもあるけど、なんかこう
 自分のやることがきちんと跳ね返る感じがまた。
 そのくせ無茶しても何とかなっちゃったり。

 でも今日のルールは嫌いなタイプ。
 乗り物多くて、旗取られてても旗置けるやつ。
 haloバランス悪いステージ多いから、
 USAのサーバーは面白いところしか回さなくしてるけど。

 最近のこだわりは、出来る限りhead shotっていうのと
 やっぱり旗取り。一試合に一本はとりたい。
 乗り物は控えめ。基本はピストル。
 ピストルに始まりピストルに終わるって言うくらい
 ピストルいい武器だけど、やっぱ華が無いよね。
 というわけでmy favoriteは火炎放射器。
 熱いよ。燃えてるし。前に進むと自分も死ぬし。
 しかし自殺しながら相手一気に6人巻き込んだ記録あり。

 ちなみに他のゲームもやってるけど、それは別に書く予定。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

言い訳

 昨日なにもupしなかったのは、書くことが無かったのでは
 ありません。まぁ、書こうと思っていた事がいくらなんでも
 くだらない昔話だったので、書こうかどうしようか迷って
 いたのは確かですが。それでマシンのメンテしたり
 diabloをサブマシンで動かしていたりと。

 そんなときにwhy dont you?でゲームに誘われて
 行かない訳がありません。と言うかこちらから誘いたいような
 状況です。ゲームに飢えてる状態ですからね(笑)

 ま、そんなわけで昨日は書かなかったわけですが、
 もとからdiaryではないと宣言してますので。

 diaryじゃないなら何なのか、と問われると
 かなり戸惑うところではあります。
 10中89はゲームに関わってるのでゲームコラムと言えば
 まあ間違い無いところかな。
 気障っていえば、「2038面体の屈折光」ですが。
 
 ゲームコラムと言うにはやはりゲームニュースを扱わないと
 だめなのかなという脅迫観念があるので、
 「ニンテンドー・ディーエス」の話。

 任天堂が新型携帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」を発表。
 2004年末発売予定で液晶が2つあることが特徴。
 興味全く無し。以上。
 ・・・なら書くなといわれそうだ。

 私は「ゲームは有害」であることを持論としていて、
 出来ることなら子供達をゲームで堕落させたいと思っている。
 少なくともリアルに何らかの影響が出るくらいには。
 しかしそんな私でも携帯ゲームのような
 悪魔のようなものによる堕落には恐怖する。さすが任天堂様。
 悪魔は胃に悪いのでしっかり噛み砕いて飲み込める
 年齢までは触らないことを強くお勧めします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふと思うこと

 昔のネットの知り合いのことを思い出して、googleで検索。
 でも名前では分からず、自分の脳内を検索。
 googleの33億ページに対して100億くらいの脳細胞。
 ロボットで情報のインデックス作れば脳も使いやすくなるかな・・・

 ともかくその方のハンドルネーム(久々だな、この単語)を
 思い出してgoogleで検索。
 その方はまだご活躍中で、そして昔のページもまだ保持してました。
 さすがだな、と思うとともに、自分のことを振り返ってみたり・・・

 私が最初にまともなwebページを作ったのは記録によると
 1996年なので、もう八年も前の話です。
 テキストエディタと想像力でタグ付けてたあの頃に比べると
 現在はもっと簡単に作れるのでしょうけど
 あの頃の1%未満の情熱ではやる気もおきません。

 その熱い頃に作ったwebpageも実は今でもネット上に公開してます。
 しかし、多分この世界にそこへのリンクが存在しないし、
 当の本人もurlを覚えていません(笑)
 っていうか恥ずかしいので公開していないのであしからず。

 つまり、その頃からただ自分の思いのままにやっていた自分と、
 センスとビジョンが会った人との違いは大きいと感じたわけで。
 今はそのことが分かっているので、文章しか書きません。
 文章だけはちゃんと書こうと思ってますけど。
 物書きのはしくれとして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑集眺餅ってどこの名産品?


 筑集は現在は無くなってしまった地名ですが
 元は茨城県の筑波山の東側のことです。
 当時ここで生産されていた上質で普通より甘い
 醤油を塗って軽く炙った煎餅が峠の茶屋で
 出されており、そこで一休みして山景色を
 見る人が絶えなかったことからこういう名前が
 付きました。
 現在では醤油の生産が出来なくなってしまいましたが
 銚子より特別に醸造した厳選醤油「珠紫」を使い
 昔と変わらぬ上品で奥深い味を提供しております。
 開封後はお早めにお召し上がりください。
 ちなみに、「ですくとっぷ」と読みます。

 windowsの日本語版を作った人がどう言う思想の元で
 半角かなを使ったのかは分からないですが
 文字コード問題はPC上の日本語の癌。
 文字をコードで扱うという考え方をやめると言う
 考え方・・・は無いか。
 自分の書いたものが相手にそのまま見えるとは限らないという
 事態を綺麗に受けとめられるか。

 一応念の為。最初の煎餅の話はフィクション。
 ネタは、半角カタカナの「デスクトップ」が
 EUCで読むとこれに化けると言う話。
 英語のツール使っていなくとも、sjisとかに限定した
 ものじゃなければ普通は文字化けする。ディレクトリは
 普通英語使うし。windowsだとフォルダだっけ。

 昔、削除ファイルを復旧させようとしたとき、
 最初の1文字が消えてるんだけど、たまたま全角の
 ディレクトリで最初の1byteだけが死んでるので
 復旧に苦しんだという経験から、個人的に日本語の
 ディレクトリ見ると恐怖を感じます。
 そう思うと半カナの方がマシなのか・・・
 しかしネット長らくやってれば半カナは無意識回避。
 これって差別だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛い


 dungeons&dreamersを読む。
 知らない人のためにこの本が何の本かを書くと
 サブタイトルが
 "the rise of computer game culture from geek to chic"
 geekは中学校で習っているだろうからいいとして、
 chicは「上品」
 はたして上品になっているのかどうかは疑問ですが
 この本に出てくるgeekな人達を見れば確かに一般人が
 プレイするものになったことは確かです。

 かなり最近のネットゲームまで守備範囲があるので
 結構リアルタイムなこととして読めます。
 ガイギャックスがD&D作った頃とかから
 DAoCなんかも出てくるので。
 大筋はウルティマなんですが、まあ色々出て来ます。
 ただ、商用ゲームに関しては取材対象にならなかったものの
 記述がごっそり抜けてると言う感じはするので、
 歴史書と言う方向ではないですね。
 もちろん日本はほとんど出てきません。
 任天堂やセガの記述がちょっとあったかな。
 
 簡単に感想を書けば、こんなキチガイじゃなくてよかった。
 あと良いゲームは大抵ヤバイ人が作っていると言うこと。
 ま、これはどんなところでも言えることですが。
 まあ、多少は、もっと自分がヤバイ人間だったら
 こういうゲーム作る世界に入ろうとしたんだろうなぁと。

 誰に勧めるかなぁ、この本。
 多分勧めるような人はもう持ってそうな人かな。
 中学生の頃のゲーム友達とか。
 逆に、この世代知らない若い人が読んでどう思うかも
 面白いと思ったり。
 読みたい人、居るかな。(ちなみに1800円)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に

 指輪物語関係を紐解く。
 文字通り縛ってあったのを解いた。
 これで乱雑になった部屋がさらに。
 いい加減掃除したいと思うが、掃除すれば
 何冊も本を読むことになるだろう。
 そういえばdungeons & deamersもまだ最初しか読んでないし。

 一応、ハリーポッターというのも読んだことはある。
 悪い本ではなかった。が、あれと指輪を比較するなんて
 いくらなんでもそれは無いだろうと。
 片方を持ち上げるために無理に貶めるようなことはしたくないので
 これ以上は書かないけど。

 読んでいくうちに、MMORPGもしたくなるけど
 それ以上にTRPGもしたくなったり。
 マスターがしたい、というわけでもないけど
 やはりMMORPGにはまだ根本的にかけているところがある。
 まだ、学生レベルで止まっているんだと。

 んなこと思いつつまた部屋を散らかして、そのまま寝てしまう・・・

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の映画ラインナップ

 ざっと斜め読み。確定なのはLotR THE RETURN OF THE KINGかな。
 しかし2月って。この映画海外との差がやたらに大きいのは
 大手じゃないからなんだろうなぁ。もう見たって言う人が多そう。
 そういえば、スペシャル・エクステンデッド・エディションが
 映画館でも公開されている模様。DVDこっちで揃えようかなと
 思っているけど、映画館で見るって言うのも捨て難い。

 今年は日本アニメで大物が3本も出るみたいで。
 私は宮崎アニメ以外にはもう食指が伸びないので
 見に行くことは考えられないかな・・・
 終わり行くアニメより、今年は邦画に注目してみたいと
 思うんだけど、どうかな。
 
 政府の議事録なんか読んでて
> ソフトパワーとしてこういうものが海外に出ることが非常に日本の理解にもプラスになるし、
> 『千と千尋の神隠し』がアカデミー賞を受賞することが非常に大きな進歩だという喜びと、ア
> カデミー賞を出して大丈夫というぐらいにハリウッドがこの世界で自信を持ってきた。要する
> に、日本に勝てるという自信を持ってきたという言い方すらあるわけでありまして、楽観を許
> さない状態です。
 と分析してる辺り、さすがと思ったのは、政治屋さんは裏からもの見てるなぁと。
 まぁ、どの分野でも賞とかは「汚い」ものだしね。
 その意味であのアカデミー賞が騒がれなかったところは良かったかな。

 とにかく、今年は見る映画少なそう、というのが実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青色

最近青色が気になってしょうがない。
正確には露草色あたりかな。

昔は好きな色といえば「紫」だった。
それがだんだん大人になるにつれ、藍色や群青色になっていったんだけど、
先週に見た夢で、ついにかなり青っぽくなってきた。
今調べてみて、納戸色なんてのも
いいなぁと。
参考url[http://www.adgress.com/adgress/color/]

夢の内容は恥ずかしいのであれですが、
何故かぼんやりと滲み出してるその「色」の追っかけをするっていう
夢でした。清楚っていうことばがありますが、あれは青楚っていう感じ。
もしかしてヘモグロビンではなくヘモシアニン・・・
となるとイカか。まあイカでもいいか。

・・・落ちに駄洒落使うとしまりがなくなるなぁ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

World of Warcraft FAQ訳-その6

 原文はここ
 現在までのリスト
  World of Warcraft FAQ訳-その1
  World of Warcraft FAQ訳-その2
  World of Warcraft FAQ訳-その3
  World of Warcraft FAQ訳-その4
  World of Warcraft FAQ訳-その5

○キャラクター

・WoWで、使うことの出来るclassは何ですか。
WoWはWarriors、Mage、Druid、Hunter、Warlock、Priest、Paladin、Rogue、Shamanがいます。classのページを訪れてみてください。
[classのページはFAQの後に翻訳するかもしれない項目です。]

・すべてのclassが公開されたんですか。
はい。我々は立ち上げ時にWoWで可能なすべてのclassを挙げました。しかし、我々はまた、同じclassの別人との差別化を助ける、専門化によるclassの進化の方歩に付いては議論しています。

・アカウント毎に複数のキャラがいますか。
はい。プレイヤーはアカウント毎に複数のキャラを作れます。

・アカウント毎に何キャラ作れますか
現在は8ですが、変えられる対象になっています。

・キャラクター作成時にカスタマイズできるオプションについてもっと語ってください
我々は、始める時にプレイヤーを数多くの選択肢で閉口させたくありません。それで、我々はプレイヤーがすぐに気付くような特徴に集中しています。これには、髪型、髪の色、肌の色、顔立ちが含まれます。プレイヤーはもちろん、種族、性別、クラスも選ぶことになります。キャラクターカスタマイズの残りの要素は、プレイヤーが自分の選択がどの様にキャラクターに影響するかをより理解したときに、ゲーム内ですることになるでしょう。

・キャラクターは生きるために食料や水が必要になりますか。
キャラクターは決して飲んだり食べたりする必要はありません。また、食料や水を消費しなかったことによる悪影響もありません。詳細は決まっていないにしろ、飲んだり食べたりの利点はあります。

・キャラクターは泳げますか
キャラクターは泳げるでしょうし、WoWには水中の冒険があります。

・キャラクターに年齢はありますか
キャラクターはゲーム中で老いていくことはないでしょう。

・性別はステータスに何か影響を与えますか。
いいえ、男性も女性もゲームのすべてで同じ効果になります。

・skillベースのシステムかlevelベースのシステムですか
我々のゴールは、skillベースとlevelベースのシステムの両方の良いところを組み合わせることです。これは、ゲームでレベルアップするに従い、レベルとクラスに基づいたアビリティを得ることを意味しています。プレイヤーはまた、先生を探したりクエストを達成するといったその他のゲームプレイから追加のスキルの取得も出来るでしょう。これらの追加スキルはクラスに関連付けられていなかったりします。

・spellはどう発動するのですか
WoWのすべてのキャラクタークラスは、スペルや特殊な能力を使えます。キャラクターのレベルにしたがって、キャラクターはスペルを買ったり、訓練したり、研究したり、単純に見つけたり出来て、それをスペルブックやスキルブックに入れられます。スペルの詠唱やスペシャルスキルの使用には大抵マナが必要で、たまに1つかそれ以上の触媒が必要になります。

・sleep、confuse、mesmerizeといったcrowd controlスペルはありますか。
はい。そのようなcrowd controlスペルに加え、モンスターを倒すための様々な戦略につかうスペルや能力が取り揃えられます。例としては Call Lightning、Fear、Dominateがあります。覚えておいてください、これらはモンスターも使うことが出来るということを。

・wave、bowといったemoteはありますか
我々はゲームに多種多様のロールプレイ用emoteをいれるつもりです。

○ゲームプレイ
・Blizzardは、他のMMORPGに蔓延してしまったゲームプレイの問題について気付いていますか。
はい。Blizzardの職員はまず何よりゲーマーで、既存のMMOゲームをふつうよりプレイしています。現在の得手不得手もMMORPGゲーマーに一致する傾向にあります。その良い所を伸ばし悪いところを改善して、このジャンルを進歩するように努めます。

・どのように、campingやkill stealingを防ぐつもりですか
我々は、campingやkill-stealingと言う問題をゲームにあるエリアを作ることを制限します。1つの解決策はプライベートなダンジョンや野外のエリアです。あなたのグループの一員で無い限り、誰もあなたのそういったダンジョン、野外のエリアには入れません。プレイヤーが出会い一緒に冒険できる、そうではない一般的なエリアも十分にあります。

・制限されていないエリアでのcampingやkill stealをどうやって防ぎますか
レアアイテムドロップとクエストアイテムのための競争が、campingやkill stealの一番の要因です。WoWでは、多くのレアドロップが
ある1つのモンスターからと限定されていません。幾つかのモンスターが同じアイテムを落とす可能性があります。もし必要なアイテムがクエストアイテムでしたら、プレイヤーは同じクエストをするほかのプレイヤーのグループに参加出来ます。クエスト中のすべてのプレイヤーがモンスターやそれが見つかる場所からクエストアイテムを受け取るでしょう。

・levelingのほかにやることはありますか。
プレイヤーが、次々とモンスターを倒すことでexpを稼がなくてはならないだけた、と感じさせないための様々なものがあります。キャラクターはアイテムを作ったり、他のプレイヤーと戦ったり、家を建てたり、奥地を探検したり出来ます。モンスターとの戦いであっても、それはクエストの一環だったり、アイテムの特別な原料探しだったりするでしょう。

・WoWにはクリアする方法がありますか。どのくらい長くプレイできますか。
発売されれば、何千時間もプレイできますし、無限に近い目標がプレイヤーのために用意されます。なぜなら、我々は新しいクエスト、モンスター、アイテムを追加するライヴチームがあり、ゲームには真の終了が無いからです。

・非常に大きな、または達成までに多くのステップがある連続したクエストはありますか。
あります!数日で終わらせられる小さな部分的クエストや、冒険稼業中ずっと続くエピック的なlife questがあります。

・グループでの冒険のためのパーティシステムはありますか。
あります。

・パーティーは何人ですか
現在では五人で、ゲームは一般的に5人グループでバランスを取っています。より小さなグループでもちゃんと上手く行きますし、グループのサイズよりむしろグループの誰もがうまく貢献できるようになっているかが重要です。また、プレイヤー達はレイドやギルド活動のためにより大きなパーティを作るためグループをリンク出来ます。

・アイテム発見をランダムに出来ますか?もしそうなら、diablo2のレア、ユニークのようにそれらのアイテムを分類できますか?
モンスターはキャラクターが拾えるアイテムをもっていますが、それらはモンスターのタイプ別に特定のアイテムクラスからランダムに引き出されます。diabloシリーズのように莫大なランダムアイテムを持つようにはしませんが、レアなアイテムはあり、幾つかはサーバーごとに1つに制限された真にユニークなものになるでしょう。

・間接攻撃武器はありますか。ドワーフは銃を使えますか
はい。それぞれのクラスは弓やクロスボウ、そしてドワーフ小銃と言ったいろいろな間接攻撃武器が使えます。

・どのように、そしてどこでbind出来ますか。
プレイヤーは各所に散らばっているバインドポイントでバインド出来ます。クラスや種族を問わず誰でもその場所でバインド出来ます。

[おまけ]
blizの最も成功したRPGであるdiabloは、WoWシリーズとは全く異なる世界なのですが、
オリジナルのWarcraftがRTSということを考えるとRPGの要素としてdiabloの影響は少なくないと
思われます。特にlevel+skillシステムとitemdropのシステムは近くなるのではないかと。
この辺詳しく公開されたらチェックしたいと思っています。
(実はdiablo2のスキルとアイテムのシステム簡単に紹介しようと思ったのですが長すぎるので割愛。聞いてくれれば
一晩中語りますけど(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そんなダメ人間でも

 なんかタイトルがくまうたっぽいな。

 昨日のその後。
 知り合いにdiablo2をpushしつつゲーム屋へ。
 dia売ってないし。僕の日じゃないな、と思った(直訳)
 御伽[xbox]買う。しばらくこれで破壊活動に従事予定。
 ついでに最近和訳されて一部で有名な「D&D」を買う。
 ゲームじゃなくて本ね。読んだら近々感想など書く予定。

 御伽始めて、なんか死にまくりつつ基本操作を思い出す。
 慣れ必須の癖の強さがfromの売りだし。
 相変わらず雰囲気も書きこみ方もセンスも良い。
 しかし、途中でフリーズした・・・
 オートセーブとかも無いので記録はすべて消えた。
 まぁ、またやればいいかと諦め。

 そんなダメ人間でも、人の話しを聞くくらいは出来るもので
 grstakaと寝る前にチャットしてた。
 詳しくは書かないけど、日本語で"curse"ってなんていうの
 みたいな話しから、神の話しに。
 彼に運が悪いことがあって、神が決して自分の事聞いてくれないとか。

#日本の神について聞かれたときには、私はよく
#"spirited away(千と千尋の神隠し)"を見たかい?っていう話を出します。
#Princess Mononokeでも良いのですが、自然神と祟りより、八百万の神と穢れの
#方が日本的だと思うんですよね。私の好みの問題ですが。
#仏教の神も

 I am lucky, becoz I met you.
 なんてセリフを思いついたけどなんかくさいかなと思って辞め(笑)
 頭で英語で考えてたら言っていたかもしれないけど、日本語で
 思いついたことなのでためらったのかな。
 英語なら言えるI love youみたいなものなのかも。
 ま、あんまり素直に本音書くのもなぁと思ったと言う事に。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぐわぁー

何もすることも無くてする気にならず
diabloばっかりやってたら
なんか気が変になりそうだ
ぐわぁー

クマドルイドってマイナー(一日やっても一人くらいしか他にみない)な
キャラで、なんか案外強いんで気持ちよくなって
いい気分でやってたりしたんだけど。
むぅー

やりすぎた・・・
そして、この時間にやると、向こうの強い人たちが多いことが判明。
マイナーキャラの限界が垣間見えた・・・
はぁー

今日は外に出かけることに決定。
そして前から行こうと思ってた店に行くと
「本年度より祝日休業」
なぬー

寝るかな・・・
しかし、どれもこれも、今ロクなゲームが無いからだ!
ゲーム屋行ってみるかな。
では。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無駄使い

連休初日だったみたいだけど
おきたら午後三時だった。
そのままdiabloやって
無駄に時間を過ごす。
こういうときはろくでもないことを書きたくなる。
以下、退廃的ではない人は読まないように。

<自主規制で削除>

| | コメント (3) | トラックバック (258)

いまさら言っても仕方ないが

最近あるゲームを探して、毎週量販店に行くのだが
入荷する気配もなくて諦め気味。
売り逃げが基本のコンシューマーゲームは
発売週に買わないと駄目なのか。
最近、発売週以外に買おうと思ったゲームは
すべてかなり探すのに手間取った。
でかいゲーム売り場は何のためにあるかといえば、
店がどれだけ入荷予測ミスしたかを見せてるんだろうと。
こうなれば中古屋でも行くかな。
個人的には中古はあまり好きではないのだが。
いいゲームの場合はね。
ちなみに私はゲーム買っても売らない。
売るくらいなら捨てる。または砕く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

World of Warcraft FAQ訳-その5


 原文はここ
 現在までのリスト
  World of Warcraft FAQ訳-その1
  World of Warcraft FAQ訳-その2
  World of Warcraft FAQ訳-その3
  World of Warcraft FAQ訳-その4

○Races

・WoWではどんな種族がプレイできますか
現在のところ以下の通りです
Alliance側: Humans, Dwarves, Night Elves, Gnomes
Horde側: Orcs, Tauren, Trolls, Undead.

・Ogres、Blood Elves、Naga、PandarenGoblins、 High Elvesといった種族はいますか。
WoWはいくつもの異なる種族で一杯の広大な世界です。挙げられたすべての種族はNPCとして会う事が出来るでしょうが、この時点では、将来のプレイヤーが使える種族についての計画はアナウンスできません。既にアナウンスした上の8種族がゲームの発売時にプレイヤーが選ぶことの出来る種族になるでしょう。

・どうしてundeadがHordeと組んでいるのですか
bansheeの女王Sylvanasに率いられ、the Forsakenはthe Third War中にthe Scourgeと激しく分裂したundeadの一派になりました。どんな人間も彼らundeadを、現在の憎むべき敵であるthe Scourgeから庇護したり、対抗する手助けを与えたりしないことを知っていたので、Kalimorの海に隔たられた遠い地に住む、野蛮なるHordeへ援護を求めた。Hordeにthe Forsakenをallianceに迎え入れることを納得させるため、undeadの大使は、自分たちはただ、シャーマンの力と大地の生命力だけが出来ると信じていた、自分たちの朽ちていく体の手当てだけを求むことを主張した。シャーマン達のヒーリングの援護と引き換えに、the ForsakenはLordaeronとAzerothのどこであってもthe Hordeをサポートすることを誓った。
幾多のthe Undeadとの戦いにより、the Horde側の、OrcのチーフThrallとTaurenのチーフCairne Bloodhoofはthe Forsakenの動機を即座に疑った。しかしながら、国家の緊張が高まったため、戦士達はThe Earthen Ringとして知られる賢人会議に従うことになった。会議は、Orcが何世代にも渡ってそうだったように、内部抗争をしているthe Forsakeを援助することがHordeのつとめであることを論じた。
ThrallとCairneがひそかに最悪の事態を考えたとはいえ、まだSylvanasと彼女の狂信的なForsakenが何を計画したのかについてはまだ見てないものは残っているが・・・

・Gnomeについて何か話せることはありますか
奇人で、時々天才的なGnomeは、急進的で新しいテクノロジーの発展や圧倒的な驚異の機械の作成に取り付かれていることで世界に知られており、the Second War中はよくthe allianceに仕えた。しかしながら、最近のthe Burning Legionの侵攻の間、the Gnomesはallianceにどんな人員を援助することも拒否した。ノーム達の技術が対the Legionの流れを変えるのに役だったので、ドワーフと人間は、ノーム達の勇敢な部隊やパイロットを引きとめる決定をしたことにショックを受けた。

戦後、the Allianceはノーム達の突然の引きとめに隠された理由を発見した。古代の、野蛮なる脅威が地の底より現れ、ノームの脅威のテクノロジーの都市Gnomereganに侵攻した。彼らのアライアンスの優先事項がthe Burning Legionを倒すことであることを知り、ノームは孤立することを決定した。彼らは勇ましく戦ったが、Gnomereganは失われ、半分近いノーム族が倒れた。

生き延びたノームは、ドワーフの砦Ironforgeの堅い守りに逃れました。そこで彼らは再びallianceに加盟し、戦略や武器を発明して彼らの破壊された都市を取り戻し輝かしい未来を作るべく全力を注ぐことになりました。

・the Taurenとはなにものですか
The Taurenは遠い荒野に住む力強い遊牧民族です。その気高く雄牛に似た狩人は幾世代にも渡って平和に暮らし、ケンタウロスの群の周期的な襲撃によってのひ脅かされます。

・すべての種族に女性がいますか
はい。Taurenにすらいます。

・どの種族も固有の特性がありますか
はい。ゲームのどの種族も種族専用のスキル、アビリティ、装備をつかえます。

・スタート地点は別になりますか?
はい。種族ごとにそれぞれのスタート位置があります。

[おまけ]
私はdruidの予定なので、druidやるならNight ElfかTaurenになるのですが、
Elfは好みではないので多分Taurenでしょう。
しかし、TaurenはHordeですから、一緒にやる予定の人達が
Alliance側になってしまうと困ります。会話もスキル取らないと行けないですし
今のところ一緒にグループを組むことが出来ないので。
というわけで、その辺り様子見て決めたいところ。
私はどうしてもTauren Druidに拘ってるわけではなく
Alliance側ならGnomeやろうかとおもってますけれど、
第一候補はHorde側ということで1つよろしく(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

WoWの話


 すっかり止まってしまっていたFAQ訳の更新を再開します。
 そろそろベータと言う話しですが、北米と韓国だけだと
 思うので、その辺での興味は少なかったり。
 というか、基本的に
 「やる予定のゲームのベータなんか2度とやらねぇ」
 と思ってますので。
 つまりやらない予定ならベータやるかもしれないけど。
 
 ついでに「ただより高いゲームは無い」というのもあります。
 ゲーセンで毎日両替してた頃に比べればサーバー料金なんて
 安いものです。ゲームにお金をケチったら本末転倒。
 ま、もちろん天秤にはゲームに掛かるお金はコストとして
 計算しますが、それはこのお金で他のゲームを買えることを
 考えたもので。
 
 そういえば、WoWのアルファが流出したという話しも聞きました。
 HL2のソースコード流出といい、最近のこの辺りのモラルが低下
 しているんでしょうかね。どちらかというと漏れた後の速度が
 異常に速くなっているのかな。
 ともかくゲームだからって甘く見てると痛い目を合いますので注意。
 かつての上り調子の頃ならファンを大目に見たりしたかもしれませんが
 寸土を争い合従連衡を繰り返すこの時代、どこも法的武装してますので。

 しかし、今年中に出るのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

d2xの話(分かる人だけ分かって)

 openでほそぼそやっていた、diablo2ハードコアの
 ハンマーパラディンがついにやってしまった・・・
 先日normalをlv40でクリアして、そのままnmに乗り込み
 特に問題無くグルグル回していたら・・・
 amp中に近くで爆発。ほぼ即死。
 ampの怖さは分かっていたものの不注意で近くに入ってしまった。
 しばらく合掌。
 後継者育てるかどうかは微妙・・・

 ちなみに、ladderの方は2代目クマドルがhellクリア達成。
 初代が稼いだアイテムと、skillの純化によりかなり高速育成。
 やっていることは初代とあんまり変わっていないけど、
 大きな違いは武器がlightsabre(+shael)。
 このためDEXに初代より100以上振ったため
 hpがかなり低くなった。まだレベルが低いのもあるけど。
 
 しかしそれを補って余りある能力。
 lv70の時点ですでlv91のオリジナルよりも強く感じてたし。
 強い理由
1.lightsabreの性能。特にITDとSpeedで殲滅速度の向上。
2.FireClawのシナジーに出来る限りスキルを振ったことによる
 ダメージの増加。
3.DEX増加によるBlock率向上とAR増加(ITD効かない相手結構多いので)
 ただしBlockモーションの遅いDruにはBlockはマイナスに働く場合もあり

 今後の課題
1.LycanthropyとWerebearをどこまで上げるか。
 シナジー4つ持つFireClaw。lv99でも全部maxに出来ない。
 現在10+boostで両方止めてみたけど、基礎能力不足を感じるところ
 所詮100程度のfiredmgアップのシナジーよりこちらのほうが重要か・・・
2.ペット系
 Grizz、Carrion、Oakそれぞれ1(と通過スキル)。
 しかしクマ以外ほぼ瞬殺されて無駄っぽい。
 ま、攻撃1発無効と割り切るか・・・
3.武器
 高dex片手fireclawクマドルとしては、武器の選択肢で
 これを超えるのは数少ないが、
 高dex両手Fireclawクマドルへのコンバートはあり得る。
 しかし超級アイテムでもないとなぁ。
 beast発動BerserkerAxeでも目標にしようかな。
4.装備その他
 amu/ring/鎧がまだのびそう。ゴア靴lifetap篭手は硬いかな。
 出たら考える。

 ま、実際2代目もhellbaalrun回してlv80代そこそこまで
 もって行っちゃえばもう安定というか、限界が・・・
 soloでbaalrun回せるdruidという目標は達成できそうだけど。
 でもやっぱりパーティーで生きていきたいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多分私が話せる唯一の音楽の話


 昨年来、ずっと一青窈ばかり聞いていて
 もしかしたらこれが俗に言うファンなのではないかと
 自分を疑っていたり。
 コンサートがあるので、それとなく友人を誘って
 みたんですが、冗談以上に思ってもらえず。
 一人で行くのもキツイけど、なんか行ってしまいそうな
 今日この頃。

 で、紅白出たり新人賞取ったりした彼女ですが
 曲はすべて「もらい泣き」
 たしかにもらい泣きはいい曲なんですが
 そんなにダントツなんだろうか、と。

 というわけで、三曲を選んで聞き比べてみました。
 比べたのは。
 「ええいああ」と「さらさらいや」と「てとしゃん」
 (「しゅるり」も入れたほうが良かったのかな。)

 ええいああは昇りです。
 さらさらいやは始まりです。
 てとしゃんは半音ずらしの終わり。

 ということでした。

 前の日記のところでも書いたんですが、私的には
 いい曲出してメジャー化してから次第にマニアックな
 方向に進んできて、なんだか私の好きなものは大抵
 こういうルートたどるなぁと思ったら、この時期に
 再び脚光を浴びたので今後の展開が面白そう。
 ということで、今年も聞いていきそうな予感。
 2.11にも新しいmaxi singleが出るなんていう
 情報すら集めているあたり、やはりファンなのかな。
 まあ、どうでもいいか。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いい手は無いかな

 今日、cowothとチャットしてて、
 漢字の話になった。
 何とかたどたどしくも、僕らがどうやって日本語を
 入力しているかを説明して、
 で、向こうに僕らの漢字を見せようと思ったんだけど
 なかなかいい手が無い。

 向こうの辞書使うと違うフォントで出てるみたいで
 まあ意味は通じるんだけど・・・
 こうなると絵で書くしかないんだな、と。

 私は字がとても下手なので、ワープロ使えるようになって以来は
 試験でもなければほとんどワープロで打ってきました。
 ガキが宿題をワープロで打つ、というのは、今の時代では普通かも
 知れないですけど、一太郎Ver.2の時代では稀だったはず・・・
 む、年がバレルか(笑)

 でも、フォントというシステムはやはり漢字には合わないと
 最近思うように。
 物書きならやはり、「温泉で万年筆と原稿用紙」に憧れるよなぁ。
 ああ温泉行きたくなってきた。

 なんか関係なくなってきたけど、
 絵で日本の漢字を見れるいいサイトってありますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古いニュース

 年末年始色々あってチェックしてなかったり
 流しただけのニュースを読んでたら
 素通ししてしまったものを発見
 
 ■ゲーム会社のミシック、MSを商標権侵害で提訴■

 内容はまぁどうでも良いんだけどね(笑)
 なにが気に掛かったかというと、カタカナの「ミシック」が
 全く私の中でDAoC作ったmythicに繋がらなかったと言うこと。
 離れて久しいとは言え、mythicと聞けば、お?と思うはずだけど
 「ミシック」では全く来なかった。

 その時、mythicを私は「読んで」いなかった事に気付いたわけです。
 一週間に一度は、damn mythic!などと言ってたりしたけど
 一度たりとも、それを口にしたことは無かった。
 もしそういう機会があったら相当戸惑ったに違いない。

 長年の英語教育と、2年あまりの英語チャットで
 私の中で英語は表意文字になってしまったようです。
 おかげで、英語が分からなくても意味が通じると言うことに。

 しかし、これが困ったもので、いやまだ困ってはいないのですが
 今後問題となりそうなんですが、
 音から英語を構築出来ないんです。
 そもそも英語ってやたら文字と音が繋がりにくい。

# 個人的には英語は外来語を受けいれ無い
# 征服者用言語なのではないかという思いもあります。
# それで、外来語などが入るとくぐちゃぐちゃになってしまった。
# それがこの文字と音の分離の理由かなぁと勝手に憶測。
# 日本語を征服用言語として使おうとした歴史から見ても
# 言語は危険ですね。

 こうなると、今後ネットゲーで主流になってくるだろう
 ヘッドセット使った音声チャットに乗り遅れるかもと。
 ただ、この点についてはあまり悲観的ではなく、
 異世界のRPGに現実の声を当てる問題点は根が深く
 すぐに来るとは思わないですが。

 これがblog初のDAoCネタかな?。
 Diablo2もそろそろ疲れて来たので、次のゲームを
 予定立てないとなぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

初詣も行ったし、
餅も食べたし、
凧も挙げたし
猫に手首かまれたし、
もう年始にすることは一通りすんだかな。

というわけで、普通のモードに変更。
しかし特にこのblogで何か変化あるわけでもないか。

そうだ、わすれてた。今年の運勢を占わなくては。
私は占いなんぞこれっぽっちも信じてないけれど。
若いときに、「四書五経を諳んじ」というのに憧れて
四書五経をよく読んでた頃があって、特に易経は
実際に筮竹を買おうかと思っていたことがあったりします。
というわけで、易経引っ張り出してきてさて占おうかと。
(勿論本格的にはやらずに適当に本卦のみですが)

卦は「水澤節」。
この「節」はふしではなくて、節制、節度の「せつ」
不摂生なゲーマーには耳が痛いところですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元旦といえば・・・

凧揚げ。
凧揚げは私の中では「高尚」なもので、
中国の昔の聖人とかがやっていたに違いないという
妄想を抱いています。

凧揚げで肩が痛くなった自分ですが、
聖人どころか心が狭くなり
反省するよりも自分の悪意に怯える始末。
人間に弱くなったんじゃないかと。

ともかく凧揚げは、もし出来るところにいるなら
是非したほうが良いです。
凧は私の、幼いころからの憧れです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あけ・・・

そもそも、なぜループする必要があるのだろう。
不可逆に進む時の次元はループしているわけはない。
ただ進む。

歴史は何もくり返さない。
同じものは二度とこない。
生まれては消えていく泡の一つ一つ
けして同じものは無い。

たぶん人間は直線が理解できないんだ。
人の概念で唯一連続しているものは
螺旋なんだろうと。
そしてそれを軸の進行方向から見ている・・・または逆だろうか。

というわけでまたひとつ節を過ぎたわけですが
どうせ来年もまた節はきます。
ただそのときに自分が居るかどうかも分からないので
いや今この瞬間もひとつの節。
次の節で私が居る保証は無いので

いつもの落ちですが
だから、ゲームしたいんですね。
「生きた人間がやるからゲームは面白い」

今年もblogいろいろ発信していきますのでよろしく。
最近はゲームよりたわいも無い話が多いですが
それはげーむあまりしてないからで・・・
でも、そのほうが面白いのかな。
「生きていることがゲームな人間は面白い」

・・・人間が面白いとゲームが生きてくる
ゲームが人間の面白さを生かす・・・

ま、ともかくこの人間、ゲーム、生きる、面白いで
演歌作っているような私ですが、
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »