« Edge of Destiny ネタバレ注意 | トップページ | 安否について »

2011/03/03

Edge of Destiny ネタバレ注意その2

絶賛開催中のD祭ですが、そろそろGvGの決勝戦も終わったんで
なんらか調整がくるんでしょうかねぇ。
前に修正された、NやMeも全体的に強化方向で調整終えたんで
反動で全滅するのではなく、一部便利すぎるところをリスク増やす
程度になりそうな気もします。
実際WがほとんどDになってしまったような・・・

さて、それはともかくEoDネタバレその2はキャラ紹介にします。
今回はちょっと控えめなネタバレですが、一応続きへ。

------------------
[Eir Stegalkin] Norn、女、Ranger
Edge of Destinyのリーダーにして戦略家。ただし本職は彫刻家(立像)。go
愛犬ならぬ愛狼Garmと二人暮らしで彫刻で生計を立てていた様子。
今までの脳筋Nornとはまるっきり違い、「勝つための作戦」を立て、
メンバーに指示を出す知性的なNornである。
ただし気が強く自信家で、無策な他人を見下す傾向がある。
割とお金に弱いところがあったり。
ほぼ弓で戦うが、接近戦は両手に斧を持つ二斧流で戦う。
(今回のRangerは確かに二斧流出来ますが、投げ斧だったような・・・)

[Snaff] Asura、男、Elementalist?
Asuraの天才ゴーレム発明家。Asuraの天才というと良くて気難しい、
悪ければ歩く災害みたいなイメージがあるが、Snaffは珍しく
「まともなAsura」で、人の感情を読んでアドバイスしたり、
お祭りでは陽気に騒いだりしていた。
この冒険の発端の一つは、SnaffがGolemのための胸像作成を
Eirに依頼したところから始まる。
戦闘は完全にGolem。毎回Golemは壊れるので、毎回新しい改良版を造り、
乗り込んだり遠隔操作したりいろいろとしている。

[Zojja] Asura 女 Elementalist
Snaffの元弟子で、これまた非常に高い能力のGolem使い。
Snaffも彼女のことを高く買っており、彼女自身も
Snaffを信じているが、まあ言ってしまえばツンデレ。
恋愛感情ではなくあくまで師弟関係のようだけれど。
基本的に不機嫌で自信家。たまに勝手に動いてEirを困らせたり。
Golemを使うことが多いが、Lightningを放ったり、武器をenchantしたり
派手さはないが地味に魔法を使っている。

[Garm] 狼 雄?
Eirの相棒。知性も高く、彼女をリーダーとして認めて
闘いではかなり活躍している。ほぼメンバー一人分の活躍。
Eirの横だから中型犬サイズに見えるが、5feetというから
大型犬クラス。Charrとまともに戦える戦闘能力である。

[Logan Thackeray] Human 男 Guardian
(おそらく)名門Thackeray家の次男。長男DylanはKrytaで
Seraphのcaptainをしている。いつも女王の傍付きということからも
かなり高位と思われる。しかし本人は兄への反発から出奔し、
Ebonhawke近くで傭兵のリーダーをしてCharrと戦っていた。
その戦いでRytlockと出会い、更にCaitheに助けられ、
話が思わぬ方向に・・・
あまりHeroっぽくなく、むしろ未成熟さが目立つものの、
根は正直で一途である。女王に目を掛けられてからは
もうほとんどそれ一筋に。
戦闘では両手Hammerを使いつつ防御で活躍するというスタイル。
最近出たGuardianの絵にあるようにAuraを纏わせている。
最後にDylanの剣と地位を引き継ぎSeraphになったので、
GW2では剣盾スタイルで登場すると思われる。

[Rytlock Brimstone] Charr 男 Warrior?
Blood Legionの戦士。かつてのAscalonの王子Rurikが持っていた
炎の剣Sohothinを愛用する。といっても伝説の剣というイメージはなく
明かりや暖を取るのに使われていたりして案外な扱い。
Loganと最初は敵同士だったが、好敵手、喧嘩相手、チームメイト、
義兄弟と話が進むにしたがって親密度upしていくのが面白い。
そして最後には・・・
Sohothinは片手剣だが、もう片方は何も持っていない様子。
爪で攻撃することもあったので、Charr専用で爪offhandがあるのかも。

[Caithe] Sylvari 女 ??
Sylvariの中でも、Firstbornと呼ばれる最初に目覚めた12人の一人。
そして彼女の影にはいつもNightmare Courtの道に進んだもう一人の
Firstborn、Faolainがいた・・・
ぶっちゃけて書くとCaitheはよく分からないキャラです。
そもそもSylvari達はその「動機」が分からないんで、行動が読めない。
そこがまたSylvariらしいといえばそうなんですが。
戦闘ではStilettoで弱点を突き、Daggerを投げ、
サソリから毒の罠を作ったりと、今ならAssasinに近いスタイル。
おそらくこのあたり新クラスになるのでしょう。
------------------

このパーティーは6人ですが、Soldier*2、Adventurer*2、Scholar*2の
バランスになっています。Healer居ないGW2ではこんな感じなのでしょうかね。
GuardianはSupport的な動きはちょっと見せますが、基本的には
全員ダメージを出していくのでゲーム的にどうなるのか楽しみではあります。

楽しみといえば3巻。2巻のストーリーは完結させるのはプレイヤーになるので
3巻が扱うのは、まだここで触れていないところになるんでしょうか。
うーん、外伝的に各地の小ストーリーを集める、見たいなのは
ありかもしれないですがちょっと弱い。
まだ出てきてないCharrの首都Black Citadelと、SylvariのArbor Bayとか
組織Order of WhispersとかDurmand Prioryとかあたりと予想していますが。
まあ、今年の夏ごろでしょうかね。



|

« Edge of Destiny ネタバレ注意 | トップページ | 安否について »

コメント

EotN のゴーレムは G.O.L.E.M(Genius Operated Living Enchanted Manifestation) でしたけど、今回の Gorem はまた違った略称なんですかね?

投稿: nsk | 2011/03/05 09:17

おっと、golemのつづりをgoremで書いちゃったのに気づかなかったです。直しました。

投稿: Dooom | 2011/03/06 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Edge of Destiny ネタバレ注意 | トップページ | 安否について »